当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

Android10以降ではYouTube Musicがデフォルトインストール 新しい音楽サービス

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

音楽を聞く人にとっては朗報かもしれません。

YouTube Musicがデフォルトインストールされることが判明しました。

以下は本文からの日本語の直訳です。

YouTube Musicは、ホットな新曲、見つけにくい宝石、見逃せないミュージックビデオなど、音楽の世界全体を案内する個人的なガイドです。 Androidフォンの音楽ファンは、YouTube Musicの魔法を簡単に解き放ちます。これは、Pixelシリーズを含む、Android 10(およびAndroid 9)で起動するすべての新しいデバイスにインストールされます。
Androidデバイスの音楽リスナーは、お気に入りのトラックをストリーミングしたり、新しい音楽を見つけたりするのに数回タップするだけです。ジムから車、仕事まで、すべてがここにあります。公式の曲、アルバム、プレイリスト、ミュージックビデオ、リミックス、ライブパフォーマンス、見つけにくい音楽などをご覧ください。あなたの気分が何であれ、私たちはあなたをカバーします。
新しいデバイスを起動したら、YouTube Musicアイコンを探して聴くだけです! Android 10をまだお持ちでない場合でも、ストレスをかける必要はありません。Playストアにアクセスしてアプリを入手してください。
Android 10では、YouTube Musicに加えて、Smart Replyで推奨されるアクション、改善されたDigital Wellbeingツール、Darkテーマなどの新機能を提供しています。新しいAndroid 10デバイスを使用するGoogle Playミュージックリスナーは、Playストアからダウンロードしてアカウントにログインすることで、引き続きGoogle Playミュージックを楽しむことができます。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

YouTube Musicは無料版がある

YouTube Musicというのは無料版があることを知っていますか?

この無料版を利用すれば、普通の音楽を聞くことができるのです。

それでは無料版の特徴に関してお伝えしたいと思います。

[box class=”black_box” title=”無料版のメリット
0円で聞くことができる
フル再生やシャッフルに対応[/box]

いわゆる普通に音楽を聞くことができるわけです。これはかなりのメリットではないかと思います。

さすが0円の魅力ですね。

[box class=”black_box” title=”無料版のデメリット
10秒程度の動画広告が挿入される
バックグランド再生できない(何かをしながら音楽を聞けない)
オフライン再生できない(ストリーミング再生のみ)[/box]

無料版のメリットとデメリットに関して紹介しましたが、ここでの問題というのは、ストリーミング再生のみというところではないかと思います。

ストリーミング再生のデメリットというのは、通信をし続ける必要があるということです。要するに外出先で音楽を聞きたい場合にストリーミング再生だと、モバイル通信が継続的にかかるわけです。それはかなりのデメリットであることは間違いありません。

またバックグランド再生できないということになれば、外出先では音楽を聞くことはできたとしても、音楽しか聞くことができません。音楽を聞きながら何かをするということは非常に難しくなるわけです。

それが最大のデメリットかもしれません。

後は動画広告が入るというところがデメリットかもしれません。それをストレスと感じるのであれば、有料プランに申し込めばいいということになります。

ライバルはどのような音楽配信サービスがある?

LINE MUSICやAWA、他にはAmazon Musicと呼ばれるものがライバルの持っているサービスとなります。

それぞれどれも特徴がある音楽配信サービスです。

Amazon Musicというのは、AmazonPremiumの上位音楽サービスとなっています。そのためAmazonPremiumに登録している人なら申し込んでいる人も多いのではないかと思います。

これらの音楽配信サービスというのは、自宅もしくは外出先にいながら音楽を楽しむことができるということで、非常にメリットがあるかと思います。

やはり音楽というのは、手放すことができないコンテンツとなっており、いつでも聞くことができるということも非常にメリットがあるかと思います。

どこの音楽配信会社にしようとも、ある程度音楽を楽しむことができるのです。

価格もどこも1000円前後となっており、音楽を毎月自由に聞くにはちょうどいい設定となっています。

それこそ昔はCDやレコードと呼ばれる媒体でしか音楽を聞くことができませんでした。また音楽に関してもレンタルと呼ばれるものが流行っておりましたが、レンタル屋と呼ばれるところも非常に少なくなってきています。

レンタル屋もこのような音楽配信サービスに変わっていっているでしょう。昔はこのような時代が来るとはあまり想像されていなかったのではないかと思います。

音楽もレンタルではなく、配信される時代になったのです。本当に便利な時代になりました。1ヶ月に3枚くらいレンタルする人なら音楽配信サービスを利用することをオススメしたいですね。

引用元:googleblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました