ARROWS Be4 F-41A アローズビー4 ドコモ スペック 予約 発売日 価格

2020年春夏モデルとしてarrows Be4の発表が行われました。

そのため今後発売されるのであれば、F-02Mという名称になるのかもしれません。発売されるとしても2020年夏モデル以降となります。

2020年冬モデルとして発売されたのは、富士通からはらくらくホンのみとなっています。

ARROWS Be4というのは、ARROWS Be3の後継モデルとなります。

ソフトバンクから同様にARROWS Uといわれるモデルが発売されており、ほぼ同じスペックとなっています。若干異なるのはARROWS Uはデュアルカメラを搭載しているところくらいでしょうか。ARROWS Be3の特徴は洗えるスマホというキャッチフレーズでした。

洗えるスマホということは、防水性能が非常に強いということになります。

 

ARROWS Be4の購入はドコモオンラインショップがオススメ

ARROWS Be4の購入はドコモオンラインショップがオススメです。

こちらがドコモオンラインショップとなっています。ドコモオンラインショップでは予約キャンペーンなども行われており、かなりの人が利用しています。

また事務手数料も無料となっており、非常にメリットがあります。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

参考までに事務手数料の一覧を掲載しておきます。事務手数料は結構こう見ると無駄な費用だと思います。オンラインショップならそれが無料になるというだけでかなりメリットがあるかと思います。

現在のドコモオンラインショップのメリットというのは、やはり事務手数料無料が一番美味しい施策かと思います。事務手数料だけでも機種変更で3000円しますからね。それがドコモオンラインショップなら無料という非常に美味しいキャンペーンとなっています。

arrowsシリーズというのは、非常に人気の高いシリーズとなっています。

arrows Be4のスペック

モデルarrows Be4 F-41A
大きさ未定
重さ未定
OSAndroid10.0
CPUSnapDragon450
RAM3GB
ROM32GB
画面サイズ5.6インチ 有機EL
解像度2220 x 1080
アウトカメラ1310万画素 F値1.9
インカメラ有効画素数約810万画素/F値2.0
無線未定
カラーゴールド、ホワイト、ブラック、パープル
バッテリー2780mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

arrowsシリーズの中でも廉価版という位置づけとなっているので、非常に人気のあるモデルなのです。昨今の日本市場では廉価版モデルの人気がかなり出てきています。
ライバルは確実にAQUOS Sense3になるのではないかと思っています。この2つのモデルのどちらを購入しようか悩む人は多いと思います。

https://keitaijoho.com/archives/38728/
こちらがAQUOS Sense3のスペックです。

以下はarrows Be4が発売される前に予想したスペックとなります。

ARROWS Be4のスペックを予想

ARROWS Be4のスペックはどれくらいのスペックになるのでしょうか。

比較対象される機種という意味では、AQUOS Sense3と同じくらいのスペックになると思われます。

楽天モバイル AQUOS SENSE 3 /lite /Plus レビュー 口コミ オススメ
AQUOS Sense3シリーズが楽天モバイルより発売されることが決定しました。 AQUOS Senseシリーズというのは、低価格スマホとして、各社より販売されています。 今回発売されるモデルというのは、AQUOS Sense3...

こちらがAQUOS Sense3のスペックです。まだPlusのスペックは出ておりますが、スペック的にはSnapdragon450からSnapdragon630に格上げされています。Snapdragon450の後継のCPUがまだ出ていないこともあり、Snapdragon450を継続して利用するか、Snapdragon630という次のCPUになるのかそのあたりは気になるところでしょう。

Snapdragon630になれば、ARROWS Be3と比較しても若干ながらのスペックアップに繋がります。続いてRAMの容量です。

RAMの容量は現行が3GBとなっていますが、昨今4GBが普通のスペックとなってきました。

そのためここは4GBにスペックアップされる可能性があると思われます。続いてはROMですが、こちらは32GB止まりになると思われます。

32GBでは若干少なめですが、64Bになればやはり部材価格が高くなるため、価格も高くなってしまいます。メーカーも部材価格を抑えるためにこのあたりは32GBのままいくのではないかと思います。

AQUOS Senseのスペックを参考にするとSnapdragon450から630に格上げされたようにARROWS Be3からBe4でSnapdragon630への格上げを行う可能性も非常に高いでしょう。

デュアルカメラに期待

デュアルカメラには期待したいところです。

昨今低価格モデルでもデュアルカメラを搭載しているものが非常に増えてきております。

ARROWS Uに関してもデュアルカメラを搭載しています。

1310万画素+500万画素の2つのカメラを搭載しています。デュアルカメラにするとこちらも部材価格は上がりますが、部材価格よりもデュアルカメラでないと時代に合わなくなります。

iPhone含め、Galaxyシリーズ、XPERIAシリーズではトリプルカメラを搭載しているのです。そういう他社を比較にした場合デュアルカメラにするだけで、人気モデルになるわけです。そういうことからデュアルカメラになる可能性は高いかと思います。

デュアルカメラになるとボカシ機能なども充実するかと思います。最近のスマホのカメラでのボカシ機能というのは、非常に面白いですからね。ボカシ機能というのは、本当に面白いと思います。被写体をかなりきれいに撮影することができますので、本当に面白いです。

ドコモから arrows Be4 F-41Aが発表されました。
arrows Beシリーズはミドルレンジのスマートフォンとなっており、価格もそこまでは高くありません。
そのためarrowsシリーズというのは、かなり販売台数を伸ばす機種となっています。
今回はBe4という最新モデルとなります。

購入はドコモオンラインショップ

こちらがドコモオンラインショップとなっています。

2021年 ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップで機種変更などの契約をする人がかなり増えてきました。 こちらがドコモの公式サイトとなっています。ドコモの公式サイトということで、かなり安心安全に取引を行うことが可能となっています。 オンラインショ...

こちらドコモオンラインショップのメリットを記載しているページとなっています。こちらからメリットを確認いただき、ドコモオンラインショップから購入いただくことをオススメしたいと思います。

MIL規格に対応

MIL規格に対応しています。
米国国防総省調達基準のことをMIL規格と言いますが、23項目にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました