当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

【SIMフリースマホの老舗】
ETORENでSIMフリースマホを買う
【中古でスマホを安く買う】
中古スマホ老舗で安く買う

OPPO Reno 4 Z 5G リーノ4 スペック 価格 レビュー 評価 評判 楽天 ワイモバイルあたりから発売か

【楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら】

OPPO Reno 4 Zと呼ばれるスマホが発表されておりますが、楽天モバイルワイモバイルから発売される可能性があります。

OPPOは最近日本市場にかなり進出しておりますが、どのような機種なのでしょうか?
OPPOは気になる人も多く、一度は持ってみたいという人もいるようですね。

 

au ソフトバンクは割引上限の施策を実施

au 2021年3月 最大22,000円割引のキャンペーンを開催中 クリアランスセールでお得に買える
auは公式online shopの、au Online Shopでクリアランスセールを開催中です。 これは本当に購入しないと勿体ないです。 au Online Shopで本体の割引を行うキャンペーンとなっていますので、今購入...
こちらの記事を見てもらいたいのですが、auは割引上限の施策をすでに実施しています。 かなりお得なキャンペーンとなっています。
✔au契約の人は乗り換えるべき ✔新規もお得に買える
au Online Shopから購入することが可能となります。 昨今複数のスマホを持つという人も減ってきたと思いますが、複数のスマホを持って、電話番号も変更するという人もいます。 過去の友人との断捨離というやつです。 その場合は新規購入をおすすめしたいですね。
ソフトバンク オンライン限定 web割 機種代金がいきなり値引きで最大21600円もお得に買える
ソフトバンクはオンライン限定のweb割というものを実施しています。 こちらがソフトバンクオンラインショップのホームページとなっていますが、ソフトバンクオンラインショップ限定の施策となっています。 MNPでの最大の割引は2...
こちらはソフトバンクの施策です。こちらもかなりお得です。
ソフトバンクへのMNPがお得 ✔ソフトバンクは機種変更でも割引施策実施 ✔ソフトバンクはオンライン契約で事務手数料無料
このようにかなりのメリットがあります。
2021年 夏モデル 秋モデル 冬モデル ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル 5Gがメイン機種に
2021年夏モデルではどのような機種が販売されるのでしょうか? 2021年に入り5Gが更に盛り上がっているような気がします。基本的に2021年に発売されるモデルでは、おそらく5Gへの対応はたいていのモデルで行われると思われます。 ...
こちらは2021年 夏、秋モデルの予想記事です。今後どんな新しい機種が出てくるのでしょうか?楽しみですね。こちらも一度見てもらいたいと思います。
ソフトバンク MNP 一括1円 キャッシュバックはないが かなりお得なスマホを販売中
Redmi Note 9Tというスマホが、ソフトバンクオンラインショップでMNP一括1円で販売されていることを知っていますでしょうか? かなりお得に購入することができるのです。 こちらがソフトバンクオンラインショップとな...
こちら安価に購入できるチャンスです。

ワイモバイルや楽天モバイルからの発売の可能性

楽天モバイル
楽天モバイル公式。4G+5Gが使える料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」が大幅アップグレード!データ1GBまで0円、どれだけ使っても無制限で2,980円の「Rakuten UN-LIMIT VI」、人気のAndroidスマートフォンも続々登場。楽天の携帯キャリアサービスが、これまでの常識をくつがえす!

こちらが、楽天モバイルは事務手数料などの契約手数料がすべてゼロ円になるという、本当にびっくりのキャリアです。楽天モバイルに新規契約する人も非常に多く、サブ回線として楽天モバイルを選ぶ人も多いと思います。

こちらがワイモバイルとなります。ワイモバイルのサイトは、事務手数料が無料となっていますので、非常に購入しやすいです。
ワイモバイルもオンライン購入比率がかなり高くなっていますので、ぜひワイモバイルを検討いただきたく思いますね。

それではReno 4 Z 5Gのスペックを紹介したと思います。

Reno 4 Z 5Gのスペック

OPPO Reno4 Z 5G
寸法163.8 x 75.5 x 8.1 mm
重さ約184g
OSColorOS 7.1 on Android 10
プロセッサMediaTek MT6873V Dimensity 800 5G
RAM8GB
内蔵ストレージ128GB
画面サイズ6.5インチ
解像度FHD+(2400×1080ドット)
前面カメラ約1600万画素+約200万画素
背面カメラ標準約800万画素+約4800万画素+約200万画素+約200万画素
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
バッテリー4,000mAh(内蔵電池)
ネットワーク5G: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78 / 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66/38/39/40/41 / 3G: Band 1/2/4/5/6/8/19 / GSM: 850/900/1800/1900 MHz
防水防塵なし
カラーバリエーションインクブラック、デューホワイト
おさいふケータイ未定

CPUはDimensity 800

Dimensity 800はSnapdragon 845とほぼ同じくらいのパフォーマンスとなります。
数年前のハイスペックモデルに搭載されているCPUとほぼ同じということになります。

✔Snapdragon845とほぼ同じスペック

GalaxyS9などで採用されているCPUとなりますので、正直なところ十分なCPUパワーといったところです。
他にはAQUOS zeroなどの機種があるかと思います。

これらの機種は当時のハイスペックモデルということになりますので、相当期待できるのではないかと思っています。

日本ではまだMediaTekというメーカーの認知度は低いですが、搭載されているモデルの価格は非常に安く購入しやすいことが特徴です。
それなりのスペックのモデルとなっていますが、MediaTekはミドルレンジモデルを中心に日本でも拡大していっています。

RAMは8GBと十分

RAMの容量は8GBとなっており、十分の容量となっています。
8GBというとXperia 5 Ⅱと同じ容量ということになりますので、2020年のハイスペックモデルに搭載されているモデルと同じということになります。

GalaxySシリーズでは8GBを超えるモデルも多数ありますが、日本でハイスペックモデルに搭載されるRAMの容量ということを考えると、8GBあれば十分ではないかと思います。
そのためゲームなどをしてもRAMの容量がかなりあるので、十分といえるかと思いますね。

✔8GBのRAMの容量があれば十分

さすがOPPOといったところではないかと思いますね。

5Gはミリ波非対応

5Gはミリ波には非対応です。
2021年時点ではミリ波に対応していなくてもさほど問題はありません。
それはミリ波に対応している場所が非常に少ないからです。

✔ミリ波非対応

それでも5Gにはきっちり対応していますので、普通に5Gとして利用することは問題ありません。

iPhone12の5Gのエリアはどの程度なのか ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらを確認してもらいたいと思いますが、エリアマップとなります。
5Gに対応しているだけでも十分だと思います。
今後エリアが拡大していきますので、そこは問題ないと思いますね。

カメラには期待

カメラ性能に関してはかなり期待が持てると思います。
カメラは背面で4つ搭載しています。

✔写真、ビデオ、エキスパート、パノラマ、ポートレート、夜、タイムラプス、スローモーション
✔ボカシ機能も搭載
✔手ブレ補正搭載

4800万画素のカメラが搭載されていることで、かなりきれいに撮影することができます。
他にも補完するカメラがありますので、カメラ性能はかなりいいでしょうね。
4つのカメラを搭載するモデルというのは、そこまで多くはないので、そういうのはメリットだと思います。

リフレッシュレートが120Hz

リフレッシュレートが120Hzあります。
iPhone12のリフレッシュレートが60Hzなので、それの2倍のレートとなります。

リフレッシュレートが高いと、それだけ表示がなめらかになるということです。表示がなめらかということは、グラフィカルなゲームをするときに非常に有効なのです。

AQUOSシリーズでは240のリフレッシュレートを持っている機種もありますが、正直なところそこまでは必要ないかもしれません。

それでも120Hzというのは、高いほうなので、かなり期待が持てることは間違いありません。

✔120Hzのリフレッシュレートでゲームもばっちり
✔120Hzが2021年のスタンダードになるのか

とにかくこのリフレッシュレートが高いということが、いいと思いますね。

価格は4万円台

価格は4万円台になる見込みとなっており、このスペックで4万円台ということになれば、かなりオススメできると思います。

OPPOのコスパは本当にいいと思いますね。
4万円でこのクオリティとなるので、相当期待してもいいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました