OPPO Reno 4 Z 5G リーノ4 スペック 価格 レビュー 評価 評判 楽天 ワイモバイルあたりから発売か

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

OPPO Reno 4 Zと呼ばれるスマホが発表されておりますが、楽天モバイルワイモバイルから発売される可能性があります。

OPPOは最近日本市場にかなり進出しておりますが、どのような機種なのでしょうか?
OPPOは気になる人も多く、一度は持ってみたいという人もいるようですね。

 


ワイモバイルや楽天モバイルからの発売の可能性

楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」はおトクなワンプラン!どれだけ使っても月々2,980円(税込3,278円)使わない月はドンドン安くなる!エントリー不要で楽天市場でのお買い物がポイント最大16倍や、Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料など、特典も盛りだくさん!最新のiP...

こちらが、楽天モバイルは事務手数料などの契約手数料がすべてゼロ円になるという、本当にびっくりのキャリアです。楽天モバイルに新規契約する人も非常に多く、サブ回線として楽天モバイルを選ぶ人も多いと思います。

こちらがワイモバイルとなります。ワイモバイルのサイトは、事務手数料が無料となっていますので、非常に購入しやすいです。
ワイモバイルもオンライン購入比率がかなり高くなっていますので、ぜひワイモバイルを検討いただきたく思いますね。

それではReno 4 Z 5Gのスペックを紹介したと思います。

Reno 4 Z 5Gのスペック

OPPO Reno4 Z 5G
寸法163.8 x 75.5 x 8.1 mm
重さ約184g
OSColorOS 7.1 on Android 10
プロセッサMediaTek MT6873V Dimensity 800 5G
RAM8GB
内蔵ストレージ128GB
画面サイズ6.5インチ
解像度FHD+(2400×1080ドット)
前面カメラ約1600万画素+約200万画素
背面カメラ標準約800万画素+約4800万画素+約200万画素+約200万画素
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
バッテリー4,000mAh(内蔵電池)
ネットワーク5G: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78 / 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66/38/39/40/41 / 3G: Band 1/2/4/5/6/8/19 / GSM: 850/900/1800/1900 MHz
防水防塵なし
カラーバリエーションインクブラック、デューホワイト
おさいふケータイ未定

CPUはDimensity 800

Dimensity 800はSnapdragon 845とほぼ同じくらいのパフォーマンスとなります。
数年前のハイスペックモデルに搭載されているCPUとほぼ同じということになります。

✔Snapdragon845とほぼ同じスペック

GalaxyS9などで採用されているCPUとなりますので、正直なところ十分なCPUパワーといったところです。
他にはAQUOS zeroなどの機種があるかと思います。

これらの機種は当時のハイスペックモデルということになりますので、相当期待できるのではないかと思っています。

日本ではまだMediaTekというメーカーの認知度は低いですが、搭載されているモデルの価格は非常に安く購入しやすいことが特徴です。
それなりのスペックのモデルとなっていますが、MediaTekはミドルレンジモデルを中心に日本でも拡大していっています。

RAMは8GBと十分

RAMの容量は8GBとなっており、十分の容量となっています。
8GBというとXperia 5 Ⅱと同じ容量ということになりますので、2020年のハイスペックモデルに搭載されているモデルと同じということになります。

GalaxySシリーズでは8GBを超えるモデルも多数ありますが、日本でハイスペックモデルに搭載されるRAMの容量ということを考えると、8GBあれば十分ではないかと思います。
そのためゲームなどをしてもRAMの容量がかなりあるので、十分といえるかと思いますね。

✔8GBのRAMの容量があれば十分

さすがOPPOといったところではないかと思いますね。

5Gはミリ波非対応

5Gはミリ波には非対応です。
2021年時点ではミリ波に対応していなくてもさほど問題はありません。
それはミリ波に対応している場所が非常に少ないからです。

✔ミリ波非対応

それでも5Gにはきっちり対応していますので、普通に5Gとして利用することは問題ありません。

iPhone13 /Pro /mini /ProMAX 5G エリアどれくらい使えるのか? ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらを確認してもらいたいと思いますが、エリアマップとなります。
5Gに対応しているだけでも十分だと思います。
今後エリアが拡大していきますので、そこは問題ないと思いますね。

カメラには期待

カメラ性能に関してはかなり期待が持てると思います。
カメラは背面で4つ搭載しています。

✔写真、ビデオ、エキスパート、パノラマ、ポートレート、夜、タイムラプス、スローモーション
✔ボカシ機能も搭載
✔手ブレ補正搭載

4800万画素のカメラが搭載されていることで、かなりきれいに撮影することができます。
他にも補完するカメラがありますので、カメラ性能はかなりいいでしょうね。
4つのカメラを搭載するモデルというのは、そこまで多くはないので、そういうのはメリットだと思います。

リフレッシュレートが120Hz

リフレッシュレートが120Hzあります。
iPhone12のリフレッシュレートが60Hzなので、それの2倍のレートとなります。

リフレッシュレートが高いと、それだけ表示がなめらかになるということです。表示がなめらかということは、グラフィカルなゲームをするときに非常に有効なのです。

AQUOSシリーズでは240のリフレッシュレートを持っている機種もありますが、正直なところそこまでは必要ないかもしれません。

それでも120Hzというのは、高いほうなので、かなり期待が持てることは間違いありません。

✔120Hzのリフレッシュレートでゲームもばっちり
✔120Hzが2021年のスタンダードになるのか

とにかくこのリフレッシュレートが高いということが、いいと思いますね。

価格は4万円台

価格は4万円台になる見込みとなっており、このスペックで4万円台ということになれば、かなりオススメできると思います。

OPPOのコスパは本当にいいと思いますね。
4万円でこのクオリティとなるので、相当期待してもいいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック