毎月のスマホの維持費が280円で維持可能 docomo With戦略が非常に安くてオトク

毎月のスマホの維持費をとにかく抑えたいという人にとってはかなりオトクな施策が出てきました。

docomo With戦略というものですが、本当にオトクなことは間違いありません。毎月の維持費をかなり抑えることが可能となっております。

なぜそこまで安価な価格設定なの?

なぜそこまで安価な価格設定なのか?ということですが、毎月の維持費によるものです。

一般的な毎月の維持費を掲載しておきたいと思います。

980+300+500=1780円となるわけです。

実はこれはdocomoのシェアの子プランになるわけです。シェアの親にならなければ、これくらいの価格で所持することが可能なのです。

そこにdocomo With戦略の端末をあてがうことが可能なのであれば、毎月の維持費はここから1500円のマイナスが発生するのです。
となると1780円という価格から1500円マイナスすると280円となるのです。

それからユニバーサルサービス料の2円が加算され、さらに税金も加算されるので、実質300円程度でスマホを所持することが可能になるわけですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

docomo With戦略の端末は?

それではdocomo With端末のことをお伝えしたいと思います。

F-05J
SC-04J

この2機種がdocomo With端末となります。これら2つの機種を契約することで、毎月の維持費を下げることが可能となっております。間違いなくオトクな施策なので、これは間違いなく使いたいところであることは間違いありません。

ドコモウィズ対象機種は非常にお得で安価な上に毎月の維持費が安くなるという非常にスグレモノです。

ぜひ検討してもらいたいと思います。

維持費が安くなるドコモウィズというものは今後なくなります。

ドコモウィズがなくなるとはどういうこと?

ドコモウィズ戦略というものが継続的に出てきておりますが、2019年に入り毎月の維持費に見直しが入るのです。

今後月々サポート及びドコモウィズというものがなくなる可能性があります。

ドコモウィズがなくなるということで、毎月1500円の維持費のマイナス分の確保はどうなるのかということですが、ドコモウィズがなくなってもその分を補うだけのマイナスの施策が出てくる予定になっております。

2019年4月〜6月の間にその施策が出てくると言われております。

基本的には毎月の維持費というものが下がるようですが、どのように下がるのかということは、まだ施策が出ていないので、正直なところわかりません。

分離プランと呼ばれるもので、スマホの代金と通信費を分離しなさいというプランが発動されるわけです。

今後どのようにドコモの料金プランが変化するのか見ておきたいところですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。