ソフトバンクの有料コンテンツを解約したい マイソフトバンクからの解約がオススメ

ソフトバンクの有料コンテンツを契約させられた・・・という人非常に多いと思います。

MNPや機種変更する時に本体代金を安くするという目的でコンテンツに入ることを強制のように言われるところ非常に多いです。

これって本当にいいの?と思うかも知れませんが、一応高くても購入出来ることが許されているので問題はないと思います・・・

けど店員がモクモクとコンテンツを契約していく。

なんかこれって悲しいですよね・・・

とりあえず1ヶ月だけ契約しておいてください!これはかならず言われると思います。

月またぎは必ずお願いしますといわれても月またぎを忘れそう・・・

いや忘れてはダメです。

ということで解約するにはマイソフトバンクが必要になります。(157に電話しても大丈夫ですが・・・)

マイソフトバンクが必要ということは、ソフトバンクのスマホは少なくとも1台は持っておいてください!

というのもマイソフトバンクに登録する時にSMSで暗証番号がやってくるからです。

実はこれ結構うざいです・・・

一番簡単な方法はコンテンツの解約までは端末は売らずに持っておくほうがいいのかも知れませんね。

ということでマイソフトバンクに登録します。

その後「オンライン料金案内サービス」→「ソフトバンクまとめて支払い利用履歴」→「ご登録中サービス」

ここまで進んでいき、「解除」ボタンをタップするだけで解約が可能です。

これですべてのコンテンツが解約可能になります。

非常に簡単なので、是非試してください。

有料コンテンツへの加入を強制させられるのは街の携帯屋しかない

有料コンテンツへの加入を強制させられるケースというのは街の中にある携帯屋で非常に多いです。

有料コンテンツへ加入させることで、端末代金を値引きするというものです。

店舗によっては機種変更でもこの有料コンテンツへの加入を迫られるケースがあります。その場合は頭金というものを独自に設定しており、その頭金が減額になるからということで、有料コンテンツへの加入を迫ってくるケースが非常に多いのです。

有料コンテンツというものは本来なら加入するものではありません。加入しても基本的にすぐ解約しても問題ないケースが非常に多いです。

最近はショップでスマホを契約した場合で有料コンテンツを加入させられるケースというものはそれほど多くなくなりました。

携帯ショップの場合はそこまで悪質なものは少ないと思います。

ショップはある程度そのキャリアの看板を背負っているので、そこまで強制加入をさせるということは難しいのかもしれません。

公式コンテンツとショップ独自にコンテンツを切り分ける

公式コンテンツと店舗独自のコンテンツというものがあり、そのあたりは知っておく必要があります。

契約する時にこのコンテンツは独自のコンテンツなのか公式コンテンツなのか切り分けておきましょう。

切り分けておくことで、どこに問い合わせをするのかわかるわけです。

コンテンツは解約する人が非常に多いので、コンテンツ解約をする時に公式コンテンツなら157などでも対応してくれます。

それが公式コンテンツ以外のコンテンツというのは残念ながら対応してもらえません。

そういうことをはきっちり覚えておきたいところですね。

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする