【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

【ドコモ】 Xperia AceIII ace3 SO-53C レビュー 機能 カメラ 写真撮影 性能はどうなっている? 評価や評判は?

 

ドコモからXperia AceIIIが発売されております。

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

今回Xperia AceIIIを入手いたしましたので、レビューをしてみたいと思います。

少しでも楽に購入したい場合は、オンラインショップをオススメしたいと思います。

オンラインショップは自宅に居ながら購入することができますので、それだけでもメリットがあります。

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

Xperia AceIIIの購入はオンラインショップがオススメ

今回はドコモ版のXperia AceIIIを手に入れました。購入するのであれば、ドコモオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは24時間365日営業
ドコモオンラインショップは自宅からスマホが買える
ドコモオンラインショップ デメリット メリット 機種変更 新規 乗換 MNPを利用する人が多い
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? ドコモ公式オンラインショップはこちら ドコモ公...

こちらに、ドコモオンラインショップで購入するメリットに関して紹介したいと思います。

昨今ドコモオンラインショップを利用する人は非常に多いです。

それは先程おお伝えしたとおり、機種変更などをした場合の事務手数料が安くなるというところが、ユーザーにとってメリットがあるからです。

少しでもスマホ購入時の価格を下げたいいわゆる安く購入したいという人にとっては、それだけでもメリットがあります。

Xperia AceIIIの外観をチェック

Xperia AceIIIの外観はどのようなものになっているのでしょうか?

まずは箱を明けたところから紹介していきたいと思います。

こちらが箱を開けたところとなりますが、白いフィルムのようなものに本体が覆いかぶさっていることがわかるかと思います。

そしてこちらの白いカバーを外すと本体が出てきました。そしてXperia aceIIIの簡易マニュアルと利用にあたっての注意事項の冊子の2つの冊子が入っています。

おそらく普段からXperiaを利用している人であれば、これらのマニュアルは読むことはあまりないかと思います。

Xperia AceIIIを購入してもケーブル類の同梱はありませんので、注意が必要となります。

○ケーブル類の同梱はない
○マニュアルも、簡易マニュアル
○Xperia AceIIIは直感的に操作できるので、問題なし

初期設定さえ終わらせてしまえば、Xperia AceIIIというのは、直感的に操作することができるので、特に問題はないと思います。

それでは本体を取り出してみました。

本体サイズとしては、画面もそこまで大きくはなく比較的コンパクトな大きさとなっています。

ベゼル部分も非常に狭いです。Xperia 10 IVなどと比較しても縦に長くないという印象なので、ポケットにも入れやすいモデルとなっています。

こちらは向かって左側から撮影したところとなっていますが、向かって左側というのは、SIMを入れる部分となっています。

こちらSIMを入れる箇所がこのような形となっています。

実はこの部分にSIMだけではなくMicroSDを入れることが可能となっています。

○SIMを入れる部分とMicroSDが同じ
○裏表にSIMとMicroSDを入れることができる

MicroSDというのは、容量を上げるために利用する人も多いと思います。

Xperia AceIIIの容量というのは、64GBの容量となっていますので、動画の撮影などを行うと容量は比較的すぐにいっぱいになる人も多いと思います。

サンディスク microSD 128GB UHS-I Class10 Nintendo Switch メーカー動作確認済 SanDisk Ultra SDSQUA4-128G-EPK エコパッケージ
サンディスク独自技術で最大120MB/秒の超高速読み取り(対応カードリーダー使用時) ■サンディスク サポートダイヤル 0120-89-3009

MicroSDの価格もさほど高くはありませんので、容量アップをしたい人にとっては必須かと思います。

○64GBの容量だと数年利用すると足りなくなるかも
○iPhoneとは異なり容量アップをすることが可能なので、メリットがある
○MicroSDの価格はさほど高いわけではないので、容量アップしやすい

Xperiaのいいところというのは、このMicroSDの利用が可能というところもあろうかと思います。

MicroSDの利用を行うことで、容量アップが簡単にできますので、いいと思いますね。

こちらは向かって右側から見たところとなります。

こちらに電源ボタン及びボリュームボタンがあります。

電源ボタンの箇所が指紋認証機能となっています。

○電源ボタンと指紋認証が共有
○指紋認証機能は今は必須機能
○購入後は必ず設定する項目の一つ

サイドの電源ボタンと共有ということで、このサイドボタンは右手の親指で設定する人が多いでしょう。

右利きが多いということで、右手でスマホを持ち上げる人が多いということから、指紋認証が右側にあるということです。

これはXperia 10 IVとも共通の場所にありますので、Xperiaシリーズを利用する人であれば、この箇所にあるということは、一番使いやすいということになるのではないかと思います。

こちら上部から見たところとなりますが、3.5φのイヤフォンジャックがあります。

3.5φのイヤフォンジャックがあるということだけでも相当メリットがあります。

iPhoneではイヤフォンジャックがなくなり、Bluetoothのみのイヤフォンでないと利用できませんが、3.5φのイヤフォンジャックを残してくれるということは、ソニーの優しさではないでしょうか。

無線のイヤフォンというのは、購入しようと思っても、それなりの値段がしますが、有線のイヤフォンであれば、価格も安価な価格で購入することができますので、非常にメリットがあるのです。

○Bluetooth対応のイヤフォンはそれなりの価格がする
○有線のイヤフォンは比較的安価に購入できる

音質を求めようとするなら有線のイヤフォンでもそれなりの価格はしますが、そこを妥協すると価格をかなり抑えることができるのです。

そういう意味でも結構メリットがあると思っています。

こちら背面から見たところとなります。

USB-Cのジャックがあることがわかるかと思います。

充電する時には、こちらを利用して下さい。

こちら背面となりますが、背面は少しわかりにくいですが、持った時のツルツル感はありません。

若干のザラザラ感があり、非常に手にしっくりきます。

最近のスマホというのは、背面もツルツルしているものが多いと思いますが、個人的にはこのようなザラザラ面のほうが、手にもった時にしっくりきます。

指紋なども残らないので、このほうがいいと思います。

Xperia AceIIIの実測の重さは?

実測の重さは162.3gとなります。

○カタログ値とほぼ同等(162g)
○バッテリーが4500mAhであるがかなり軽い

バッテリーの容量としては、4500mAhあることから、かなり容量として持つということはわかるかと思います。

こちら参考までにXperia 10 IVの重さとなっていますが、こちらの重さは160gと実はXperia AceIIIよりも若干軽いのです。

6.0インチという画面サイズでありながら、重さは160gと軽いことから、Xperia 10 IVは無駄な部分を削ぎ落として製造しているということになります。

これはかなりメリットがあることではないかと思います。

ただXperia AceIIIとは2g程度の差となっていますので、あまり気にする必要はないかと思います。

本体の詳しい仕様を紹介

CPUなどの動作速度は?

動作速度はやはり気になる人も多いと思います。

他のスマホと比較して、安価なモデルとなっているので、動作速度だけを考えると遅いのでは?と思う人もいるかも知れません。

実際には全く遅いモデルではないのです。

○Qualcomm SnapDragon480 5Gを採用
○Snapdragonシリーズは動作速度は早いモデル

SnapdragonというCPUを搭載している機種は日本では非常に多いですが、Snapdragonシリーズというのは、8シリーズ、7シリーズ、6シリーズ、4シリーズとあるわけですが、この中でSnapdragon4シリーズというのは、一番下位のモデルとなります。

下位のモデルだからといって、遅いというわけではありません。

こちらが動作速度となっています。

実際にこちら動作速度を見てもらえればわかるかと思いますが、全く問題ないことがこちらを見てもわかるのではないかと思います。

ベンチマークの結果は?

まずはこちらですが、シングルとマルチのスコアが出ています。

○シングルスコア:502
○マルチスコア:1649

シングルスコア及びマルチスコアの数値ですが、この数値はどの程度の数値なのかわからないかと思います。

この数値を元に、どの程度なのか?ということが以下に掲載しておきます。

シングルスコアであれば、Snapdragon845と、Snapdragon732の間のスコアとなっています。

Xperia XZ3がSnapdragon845というCPUを搭載しておりましたので、それよりも動作速度はベンチマーク上早いということになります。

こちらはマルチスコアですが、Xperia AceIIIのマルチスコアの値が、1649だったのでこちらも先程と同じように、Snapdragon732より若干低めという感じです。

Snapdragon732というのは、日本で発売されているスマホではあまり搭載されているモデルはありませんが、7シリーズというのは、Snapdragon8シリーズの次にスペックの良いモデルとなります。

あくまでベンチマークのスコアというのは、参考程度にしておいたほうがいいと思います。

Xperia AceIIIというのは、価格も抑えられていますので、高額なスマホと比較すると、正直なところそこまで高速に動作するというわけではありません。

そのためXperia AceIIIのベンチマークスコアというのは、参考程度にしておくほうがいいと思います。

ただスコアはそこまで高くはなくても、実際に利用する上で全く問題になることはありません。

画質はどう?

本体の画質に関して気になる人も多いのではないかと思います。

画質は、1,496×720(HD+)解像度となります。

昨今フルHD解像度のスマホが多い中で、HD+であればどうなの?と思うかもしれませんが、画面サイズは5.5インチなのです。

6インチを超えるようなスマホであれば、フルHDに越したことはないかと思いますが、画面サイズが5.5インチと他のスマホと比較して若干小ぶりなのです。

そのため全く問題ありません。

こちらiPhoneSE3との画面の比較となっていますが、4.7インチであるiPhoneSE3は本当に画面サイズは小さく見えます。

それと比較してXperia AceIIIの画面サイズは、かなり大きいですね。(親指分くらい画面サイズが大きいです。)

参考までに1,334 x 750がiPhoneSE3の解像度となっており、解像度的にはiPhoneSE3とほぼ同じくらいの解像度となります。

iPhoneSE3はRetinaディスプレイというもので、人間の目にはドットが見えないことから名付けられております。それと同じレベルということで、Xperia AceIIIも人間の目にはドットが見えないレベルということが解像度からもわかるかと思います。

最新のハイスペックモデルにあたる、Xperia 1シリーズは4Kとなっていますので、それと比較すると正直なところ辛い部分もあるかと思います。

ただそこは価格が異なるということで、少々解像度が低くてもいいと思います。

実際に5年近く前のモデルであれば、Xperia AceIIIの画質であったとしても、ハイスペックレベルだったわけです。

そう考えると画質の進化というのは、本当にすごいと思いますね。

画質がそれだけ進化したということになりますので、それは本当にすごいことだと思います。

SDカードが1TB搭載可能

SDカードの容量は1TBまでアップすることが可能となります。

もともと64GBの容量となっていますので、動画などを大量に撮影する人であれば、足りなくなる可能性もあるかと思います。

1TBもの容量があれば、基本的に動画の撮影でも問題も問題はありません。

○1TBもあれば、基本的に動画撮影でも問題なし
○アプリのインストールも困ることなし

大容量に後からレベルアップすることができるということは、それだけメリットがあるということになります。

iPhoneではこのMicroSDを挿すということができません。

XperiaシリーズではXperia 10 IV、Xperia 1 IVすべてのモデルでMicroSDを出すことができるので、非常に便利ですね。

こちら画像や動画は私が撮影したものが入っていますが、初期の時点での利用ギガ数は20GB程度でしょう。

残り44GBがフリーの保存容量ということになります。

44GBがフリーの保存容量であれば、動画であれば、かなり長時間撮影することができますが、やはり毎日数十分でも撮影してしまうと、すぐに動画で溢れてしまいますので、注意が必要となります。

Xperia AceIIIのカメラの性能

Xperia AceIIIのカメラの性能に関してお伝えしたいと思います。

やはりカメラ性能というのは、気になる人も多いのではないかと思います。

カメラはシングルカメラとなっていますので、1つのカメラです。

背面カメラのスペックは「有効画素数約1300万画素/F値1.8」となっています。

F値は1.8となっていますので、結構暗い場所でも撮影できるようなカメラが搭載されています。

画素数も1300万画素と結構画素数は高めです。

画素数だけでいうならXperia 1 IVよりも高い画素数となっています。

倍率は5倍まで撮影することができます。「x5」と記載されている箇所が上の写真にあるかと思いますが、これが倍率です。

日中のカメラ撮影

日中に撮影したカメラの画像を紹介したいと思います。

まずはこちら普通に撮影したところからです。

普通にキレイに撮影できているのではないかと思います。

こちらが若干ズームをしたところとなっています。

若干ズームをしても、キレイに撮影できていることがわかるのではないでしょうか。

こちらは最大のズームで撮影しています。

日中であれば、最大のズームであったとしてもかなりキレイに撮影することが可能となります。

日中の撮影というのは、どんなスマホであったとしても、そこまでの差は出ないように思います。

一般的に日中撮影することが多いと思いますので、そこまで気にすることはないかと思います。

日中の動画を撮影

同じ場所で普通に撮影してみました。

動画の撮影でも普通にキレイに撮影できていることがわかるのではないかと思います。

○日中撮影は問題なし
○ズームにしてもキレイに撮影が可能

かなりキレイに撮影することができますので、相当おすすめできることがわかるのではないかと思います。

夜間の撮影はどんな感じか?

やはり気になるのは、夜間撮影ではないかと思います。

夜間にも撮影してみました。

こちら夜景を撮影してみました。

通常の夜景であれば、F値が1.8となっているので、結構キレイに撮影することが可能となります。

○通常の夜景の撮影なら比較的キレイに撮影が可能
○F値1.8となっているので、明るく撮影が可能

ISOが4800にまでアップしますね。夜間撮影なので、仕方ないことかと思いますが、夜間撮影でも問題なく撮影できているでしょう。

ここまでの画質であれば、正直なところ問題ないと思いますが、夜間にそこまで撮影することはないと思います。

通常人物などを含めて撮影する場合は、そんなに暗い場所で撮影することはないので、安心いただければと思います。

こちら撮影した場所というのは、本当にくらい場所です。

逆にここまで明るく撮影できていることが正直なところびっくりするくらいな場所なのです。

こちらは上記の写真は、Xperia10IVで撮影したものとなりますが、比較するとやはりXperia10IVのほうがキレイに撮影できていると思います。

このあたりが値段の差になっているのではないかと思います。

ただ日中の写真撮影では実はさほど変化はないのです。そこまでの違いはないと思います。

iPhone13ProMAXとの撮影比較

同じ室内で、iPhone13ProMAXとの撮影比較を実施しました。

こちら左側がiPhone13ProMAXで右側がXperia AceIIIとなっています。

個人的にはXperia AceIIIのほうが被写体がくっきりしていると思います。

iPhone13ProMAXのほうが全体的にボケた印象となり、室内でこのように比べてみると、Xperia AceIIIのほうがキレイに撮影できているのは?と思います。

かたや15万円ほどするiPhone13ProMAXですが、Xperia AceIIIで十分では?と思いますね。

バッテリー容量は4500mAh

バッテリー容量は4,500mAhもあります。

画面サイズからして、4500mAhもあれば、かなりのバッテリー容量ではないかと思います。

いたわり充電が入っていますので、3年間はバッテリーの劣化が極端に少なく、1年目とほとんど変わらない状態で持つことができます。

スマホというのは、基本的にバッテリーの劣化が買い替えの時という人が多いですが、Xperiaはかなりバッテリーの容量が持ちますので、数年に渡り利用することが可能となります。

○バッテリー容量が大きいので、相当持つ
○いたわり充電で3年以上容量が持つ

これはすべてのXperiaシリーズに対して言えることですが、Xperiaシリーズというのは、バッテリー容量にはかなりの力入れているのではないかと思います。

Xperia AceIIIのスペックは?

 

モデルXPERIA aceIII
大きさ140 x 69 x 8.9mm
重さ162g
OSAndroid12.0
CPUQualcomm SnapDragon480 5G
RAM4GB
ROM64GB
画面サイズ5.5インチ
解像度1,496×720(HD+)
アウトカメラ1300万画素
インカメラ500万画素
カラーブラック、ブルー、ブリックオレンジ
バッテリー4,500mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C、おさいふケータイ、3.5φイヤフォンジャック

スペック的には、ミドルレンジといったところですが、ハイスペックなゲームをしないのであれば、これで十分だと思います。

ドコモオンラインショップでの価格情報

ドコモオンラインショップでの価格に関して紹介しておきたいと思います。

今はいつでもカエドキプログラムを利用して購入する人が非常に多いです。

このプログラムを利用して購入した場合の価格を紹介しておきたいと思います。

【機種変更・新規契約】
分割支払金(1~23回/月)
(お客様負担額)
1,151円×23回=26,488円
分割支払金(24回目)
7,920円

2~22か月目に返却する場合はお客様負担額が異なります。また、23か月目までに返却をしない場合、分割支払金(24回目)を自動で24回に再分割します。
初回のみ1,166円の支払いとなります。
分割払いは購入手続き時に審査がございます。

機種変更時は、毎月の支払いは1000円ちょっとなので、非常に購入しやすいと思います。
24回目に返却すれば、7920円は不要となりますが、購入しようとするなら、残りの24回を7920円の分割での支払いとなります。

【のりかえ(MNP)】
分割支払金(1~23回/月)
(お客様負担額)
434円×23回=9,988円
分割支払金(24回目)
7,920円

2~22か月目に返却する場合はお客様負担額が異なります。また、23か月目までに返却をしない場合、分割支払金(24回目)を自動で24回に再分割します。
初回のみ440円の支払いとなります。
分割払いは購入手続き時に審査がございます。

のりかえの場合ははじめの1回目から23回目までの毎月の支払いが安いですね。

そのためのりかえを利用して購入する人も結構多いと思います。

のりかえ購入はそういう意味でもお得にXperia AceIIIを利用することができるということになります。

ドコモオンラインショップは自宅に居ながら購入することができますので、非常にメリットがありますので、一度利用してみてはどうでしょうか?

引用元:ドコモオンラインショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ドコモ公式