当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

2021年 スマホ業界は大きく変わる 格安料金プランが出てきて、再編が行われることは間違いなし

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

2021年はスマホ業界は本当に大きく変わるのではないかと思っています。
まずはその理由というのは、低価格のプランをキャリアが出してきたということがすべてではないかと思います。
低価格のプランというのは、現時点で出ているプランとしてはahamoとSoftbank on LINEと呼ばれるプランとなっています。

こちらがahamoのプランとなっています。ahamoというのは、非常にいいプランとなっているので、かなりの人がプラン変更を行うと予想されます。

こちらがSoftbank on LINEのプランとなっています。

実はこれら2つのプランはほぼ同じプランと思っていただいてもいいと思います。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

2021年本当にこれから変わっていく

SIMフリー+ahamo Softbank on LINEで2021年日本のスマホ業界は大きく変わる

こちら動画で解説しています。本当にこれから先本当にスマホ業界は間違いなく変わっていくことは間違いありません。

どのように変わるのか?というと、これからはSIMフリー+キャリアの契約ということになるのではないかと思っています。
今までのようにキャリアが新製品の発表は行いません。
行ったとしてもそれは限定的になり、SIMフリーだけの世界になっていくのではないかと思っています。

携帯電話会社 土管屋(電波供給)としての仕事のみが理想
携帯電話の利益がかなりここ最近目立っており本当に儲かる商売なのかなぁ?なんて思う今日このごろですが、携帯電話会社というのは主な仕事としては電波を安定的に供給することと携帯電話の販売などが主な仕事となっております。 その主な仕事ですが、...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、キャリアというのは、土管屋に徹する必要があるのです。回線のみを提供する会社ということです。

回線のみをこれからはキャリアは提供してくるようになります。

✔キャリアの仕事は電波の安定供給
✔料金プランは安価なものを出してくる

SIMフリーモデルがこれからは増える

SIMフリーモデルがこれからは間違いなく増えてくると思われます。SIMフリーモデルというのは、今も販売されておりますが、知名度はまだ低く、スマホを購入しようとしても、キャリアモデルを購入する人が非常に多いのではないかと思っています。
それが2021年はSIMフリーモデルが劇的に増えてくるのではないかと思っています。SIMフリーモデルが劇的に増えるということは、ユーザーとしてはメリットもあります。
それこそどこのキャリアでも通信帯域さえ合わすことができれば利用可能となるのです。

✔通信帯域を合わせればどこのメーカーのスマホでも利用可能

ドコモの回線を利用したいけど、利用したいスマホが異なるなんてことも可能となってくるわけです。
そういうメリットが非常にあるので、2021年は実質SIMフリーモデルに目をやる人がかなり増えてくることは間違いありません。

とはいうもののメーカーは非常に苦戦すると思います。キャリアも通信料の割引などで、かなり経営を逼迫してくるでしょうね。

メーカーも自社で販売しないといけなくなる

メーカーも自社でスマホを販売しないといけなくなります。それがどういうことかわかりますか?
今まではキャリアがとりあえずスマホを販売してくれていたのです。
キャリアに対して営業はかけていたと思いますが、キャリアがある程度スマホを買い取ってくれたら、あとはそれで良しの時代でした。
それが今後はメーカーが自社のスマホを自社で販売しないといけなくなるのです。
販路が今まではキャリアだったので、そこまで大きな問題はありませんでしたが、今後は自社で販路を構築していく必要があります。
それって結構辛いことだと思いませんか?
業界がまだまだ右肩上がりのときならよかったのかもしれませんが、現在スマホ業界というのは、正直なところ上がっている雰囲気はありません。
むしろ業界としては右肩下がりではないかとおもいます。
右肩下がりの業界に対して営業をかけていく必要があるのです。メーカーとしてもこれはかなり苦戦を強いられることは間違いありません。
相当辛いのではないかと思っています。

今後メーカーというのは、相当つらい立ち位置で仕事をする必要があるのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました