ARROWS M05 アローズM05 SIMフリー スペック 価格 格安スマホ MVNO

 

ARROWS M05が発売されると思われますので、紹介しておきたいと思います。ARROWSシリーズというのはすでにARROWS M04まで発売されております。今後ARROWS M05が発売されるのは、おそらく冬モデルの頃になると思われます。

ARROWSシリーズというのはここ最近低価格モデルをかなり発売しておりますが、MVNOにかなり端末の提供をおこなっており、結構売れ行きもいいものとなっております。

それでは現行で発売されているARROWS M04のスペックに関してお伝えしたいと思います。

ARROWS M05のスペック予想

大きさ約144mm×71mm×8.0mm(M04参考)
重さ148g(M04参考)
OSAndroid7.1→Android 8.0
CPUクアッドコア 1.2GHz→オクタコア 1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
画面サイズ5インチ
解像度1280×720ドット
カメラ1310万画素/500万画素
カラーホワイト、ブラック、ゴールド、デニムブルー、グリーン
LTEBand1/3/8/19/26
3GBand1/5/6/8/19
GSM850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
SIMサイズnanoSIM
その他2580mAhバッテリー

こちらがARROWS M05のスペック予想となっておりますが、元々のスペックはARROWS M04です。

ARROWS M04から細かいところがスペックアップされると思われます。

SIMフリーの格安スマホが売れるHuaweiは日本市場で非常に人気が高い
日本市場でHuaweiの人気が非常に高まっていることは知っていますでしょうか? Huaweiというのは、中国メーカーなのですが、日本市場特に格安スマホという位置づけで非常にがんばってきているメーカーとなっております。 そのHua...

現在日本で非常に人気のあるスマホというのはHuaweiとなります。日本市場の中ではかなりの人気のあるモデルとなっており、相当オススメできるのではないでしょうか。富士通は格安スマホに対してそこまで力を入れていないように感じます。アローズシリーズの発売を待つ声もかなり多いわけですが、実際には発売されないと思います。

ぜひこちら検討いただきたいと思います。

 

富士通撤退により発売はなし?

富士通が携帯事業を売却 ARROWS シリーズのブランドは残る
富士通が携帯事業を売却すると発表しました。 色々噂もされており、携帯電話事業を売却することは以前から報じられておりましたが、ここにきて富士通が正式に発表したことにより、正式に撤退したということになります。 どんな概要なの? 富士通...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、富士通はARROWSを売却しました。

ただしこちらの記事にもありますように、富士通が開発しなくなりましたが、ARROWSシリーズの冠は残るということなのです。

ARROWSシリーズは今後SIMフリーの市場で生き残っていくことが予想されます。

富士通のスマホというのは、最近ではMIL規格に対応していたりとかなり気合が入っているものと思われます。

そのため、ARROWSシリーズのM05もひょっとしたら引き続き発売される可能性があると思います。

ARROWSシリーズの冠は残すということなので、かなり期待したいところです。

ARROWSシリーズという名称は引き続き行われるということなので、そのあたりも今後どのような名称で展開していくのでしょうか。非常に期待したいところです。

ARROWSシリーズの名称は引き継ぐということでしたが、2018年11月の時点で販売はされておりません。

少し残念な感じですね。ARROWSシリーズというのはM04で終わりなのでしょうか。

ARROWSシリーズに期待している人というのは格安スマホでありながら日本で販売される日本製のスマホということになります。

それが販売されないということで、本当に残念に思うでしょうね。

[adsense]

ARROWSシリーズはドコモとMVNO中心に機種を販売するのか

ARROWSシリーズというのは、今のところドコモ及びMVNOを中心に機種を発売しております。

ARROWSシリーズといってもNXという機種に関していえばフラッグシップモデルとして発売してくることは間違いありません。

フラッグシップモデルも同様にMVNOと同じ感じになるのでしょうか。

富士通はフラッグシップモデルを製造するレベルもあり、低価格モデルも製造する技術があります。

このようにARROWSシリーズというものは次に発売されるものは何かということになりますが、キャリアモデルではやはりフラッグシップモデルを発売する可能性が非常に高いですね。

MVNO向けに低価格なローエンドモデルを発売する可能性が高いと思います。

次に発売される予定のARROWS M05に関してもローエンドモデルとして発売する可能性が非常に高いですが、ローエンドモデルなら割と安価に購入することが可能となっておりますので、個人的には嫌なことはありません。

[adsense]

ARROWSシリーズのカメラは悪くない

ARROWSシリーズのカメラ性能というのは悪くありません。むしろいいのではないでしょうか。

こちらARROWS M02で撮った動画になりますが、それほど悪い印象はありません。

むしろそれなりにいい動画が撮れているような感じがします。

個人的に見ても非常にオススメ出来る機種に仕上がっております。

3万円ほどするので、当然といえば当然なのかもしれませんが、それでもARROWSシリーズのカメラ性能というのは決して悪いわけではありません。

次に発売される予定のARROWS M05に関しても期待出来ると思いますね。

2018年はローエンドモデルにも期待

2018年1月5日追記

2018年はローエンドモデルにもかなり期待したいところです。2018年はローエンドモデルとしてこのARROWS M05の発売に期待したいところです。

現在富士通はミドルレンジのものをドコモから発売しております。

割れにくいスマホということで、非常に注目を浴びております。

ちなみにその機種がそのまま併用されるのであれば、価格的にはかなり高いものとなってしまいます。そのため価格はかなり下げた形での発売となるでしょう。

今後は間違いなく、ローエンドのモデルも発売すると思います。

しかしながら海外からの新しいメーカーが出てきたり、最近スマートフォンの市場は大きく変わってきております。そういうことを考えると正直なところどうなのか微妙なところはあるかと思います。

日本メーカーも安価な価格帯にシフトしていっておりますが、実際には海外のメーカーに価格で勝つことは難しいのかもしれません。

それでも日本のメーカーなので、がんばってもらいたいところですね。

ARROWSシリーズは人気がある

ARROWSシリーズというのは、富士通ということで、日本モデルとなります。そのため人気は結構あるかと思います。

日本モデルというのは、やはり日本人の使い勝手が盛り込まれたスマホということになり、使い勝手に関しては海外から持ち込まれたスマホと比較してもやはりいいと思います。

日本でARROWSシリーズは現在M04までとなっており、次のモデルはまだ発売されておりません。

ARROWS M05を待ち望む声も結構あるかと思います。早く開発をして販売してもらいたいですね。

それでも現在はスマホ業界が下火になってきているので、そこまで盛り上がってきていないのが本音かもしれません。

ARROWSシリーズを購入したいと思っている人もかなり多いと思います。そういう人はドコモからなどでもARROWSシリーズの購入は可能となっているので、ぜひ検討してもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました