ドコモの契約時 審査 以前の契約内容よりも契約期間と支払済みを見られる

ドコモに契約する時にブラックリストにはいらない為の審査の話をしたいと思います。

ドコモの営業の人にちらっと聞いた話で、実際に審査に携わっていない人の話ということを含んでおいてください。

短期解約扱いされる日数は90日以内の解約ということはよく言われていますが、実は90日以内の解約ということはよくあるそうです。

それもMNPなどをたくさんする人ではなく、親名義の携帯名義を家族名義に変更するので止めてすぐに加入してくるなどということは頻繁に行われているようなので、90日という契約期間はびっくりするほど重要ではないとのことです。

ただしある一定期間内に何回解約して何回契約したということで審査対象になるとのことです。

逆にいえば、ある一定期間に繰り返すことで実際のところ90日以内の解約とみなされているのかも知れません。

実際審査業務に携わっている人はドコモのシステム(アラジン)の権限が私が話していた人とは違うので、どこまでの領域を見れるのかは不明であるが、過去の契約がどんな契約までしていたか?ということは見れないと思いますとのこと。

仮に見れたとしてもどちらかといえば、支払済みで解約しているか?ということが重要な審査基準になるということです。

よって次に契約しようとしている時にきっちりドコモに支払いをしてくれるか?どうかが重要であるので、過去の契約がどんな契約だったか?ということには引きずられないと思うとのことでした。

最低維持で寝かしている人もいると思いますが、最低維持で寝かしていることでブラックになるということはないと思います。

やはり一般的な見解として90日以内の短期解約を繰り返している人と払っていない人が対象になり、ブラック入りする可能性が高いとのことですね。

またアラジンが登録時にお客様情報で審査と判断すると人間の手で判断するわけですが、全国で同様の人はかなりいるので、過去の契約の細かいところまで見る時間がないことと、それほどの項目をデータベースに保管しているとは思えないとおっしゃっていました。

よって契約内容まではあまり気にする必要はないのかも知れませんね。

どんどん最低維持でねかしてあげましょう。

ドコモの番号保管サービスを使って 毎月の維持費を400円に抑える

これが一番安価に維持出来る方法ですね。

ちなみに今の情報は営業マンの推測も入っているので、自己責任でお願いします。

実際のところは、すべての契約を判定されているかも知れません。

 

ブラックリストの条件をまとめると?

・他社及び自社での未納がある状態での解約
・過去に90日以内での解約(一定期間のうちに何度契約したのか)
・過去の契約内容自体は問題なし(最低維持費で寝かすのはOK)
・審査の人は忙しいので、審査中になったとしても支払ってくれるという実績があれば問題ないことが多い

ということです。

結局支払ってくれるお客さんはまた契約が可能になるということですね。

未納は絶対に避けたいところです。未納というのは、企業にとっては悪でしかありません。回収業務というものがあるくらい、本来なら払うべきお金を払ってくれない人がいるために、どうしてもそのような部署が存在するのです。それでも何千万人もいる契約者の中には支払いができないという人も少なからずいるわけです。そのため払ってくれない人ははじめから契約させないということは、当たり前のことなのです。

1番最悪なのが、払えるのに払わないということです。基本的に支払いに基づいて、企業は運営されているわけなので、払ってもらえないということであれば、企業としては1番辛い状況です。きっちり払ってくれるお客様にも迷惑がかかるわけです。そならないようにブラックリストというものが存在するわけです。

未納は自分自身の信用にも関わる

支払いの有無が重要視されるということですが、未納は自分自身の信用にも関わることです。

基本的に未納というのは、債権は携帯会社側にあるということです。

債務を負ってしまった場合は、残念ながら支払いの義務が発生しているわけですが、それを払わないということは、本人の信用問題となります。その信用情報というのは、各社が共通で確認することが可能となるため、会社が変わったところで、信用情報というものは、塗り替えることはできません。帳消しにすることができないのです。(恐らく何年か経過すると信用情報はホワイトに戻りますが・・・)

ブラックになるかどうかというのは、自己判断だけではなく、そういった会社の情報も参照しているということになりますので、そういった会社に自分の信用情報がいっていることは覚えておきましょう。

一番辛いことは、携帯の支払いをしなかっただけで、ローンが組めなかったりするわけです。オートローンなども組むことができなく、住宅ローンを組むこともできません。信用情報というものは非常に重要な情報となるのです。

支払っているという実績は非常に重要な実績となることは覚えておきたいところですね。

逆に言えば、ドコモ以外のキャリアでの未納情報もドコモには共有されるわけです。

未納情報が共有されるということは、結局ドコモで契約できなくても、他社でも契約ができないわけです。債務を無視し続けるということは、本当に恐ろしいことなのです。

スマホの支払いなどは毎月数千円となっており、金額としては少額かもしれません。

本来なら支払い能力がある人でも少額だから問題なしと判断することは、非常に危険なことであるということなのです。少額だからこそ支払い実績をきっちり作ることが重要なのです。

少額の支払いができないことにより、他社含めて、今後ローンが組めないということは本当にもったいないですからね。そういうことを考えるとやはりローンを組むというところはきっちり行っておきたいところではないかと思います。

契約期間の重要性とは?

今までドコモをどれだけ長期間契約していたのかというところですが、あまりにも短期間で解約をしていると残念ながらいい顧客として認定されないでしょう。

この契約期間に関する情報というのは、ドコモしか持っていません。さすがに契約期間までの情報は他社とは共有されていませんので、安心してください。

契約期間が短いということで、ドコモからの信頼性が低いわけですね。

最近は1つのキャリアを長く持つ傾向となっていますので、1つのキャリアを長く使う人に対しての優遇措置というものは色々あります。

ドコモであれば、長期間契約することにより、毎年1度誕生日に3000ポイントをもらえたりするのです。

基本的にその期間というのは、最低でも6ヶ月と言われております。それでも最近は6ヶ月で契約を解約する人は非常に少なくなっているかと思います。ある意味契約の長期化がスタンダードなのでしょうね。その理由は乗り換えるメリットが非常に少なくなってきたことが挙げられます。

どこの会社もそうなのですが、番号そのままでのお乗り換えいわゆるMNPをする人が非常に少なくなってきているのです。

MNPを行うことで、昔はメリットもかなりありましたが、最近はそこまでのメリットはありません。また端末代金も非常に高額になっていることから、買い換える人も少なくなってきているのです。MNPをする人が少なくなってきているということもあり、契約期間が長くなるのです。

それはそれで、キャリアとしてはメリットのあることなので、いいと思いますけどね・・・このように現状ではMNPをする人も非常に少なくなりました。MNPを行う人が少なくなったことにより、市場としては活性化があまり進まなくなったわけです。

タイトルとURLをコピーしました