【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


ソフトバンク BALMUDA Phone2 予想 進化 スペック 価格 発売日 評価 評判 レビュー




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

BALMUDA Phoneという新しいスマホが販売されていることは知っていると思いますが、BALMUDA Phone2という次のモデルの開発にも挑んでいるようですね。

BALMUDA Phoneというのは、ソフトバンクから独占販売されましたが、次に発売されるモデルもソフトバンクの独占販売となると思います。

BALMUDA自体がスマホへの新しいチャレンジということで、自社での販路がないため、ソフトバンクと協業して販売をしていく必要があるのではないかと思います。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

結構な酷評にも負けず

Twitterでつぶやかれている酷評となっていますが、BALMUDA Phone2はそれにも負けず開発していると聞きます。

また今回ソフトバンクからの独占販売となりました。

BALMUDAというメーカーは、トースターでは有名な会社ですが、初めてのスマートフォンの販売となります。

BALMUDAはすでに2世代目のスマートフォンの販売を示唆しており、今後スマホ市場に新しい風を巻き起こしてくれるのではないかと思います。

ソフトバンクから独占販売

継続してソフトバンクから独占販売を行うと予想されます。

ソフトバンクというのは、新しいものを取り組むことが最近非常に増えていると予想しています。

そのためソフトバンクから発売されるスマホというのは、iPhone以外のモデルは、色々なメーカーのモデルの取り込みを行っているように感じます。

ソフトバンクから独占販売を行っています。

ソフトバンクの通信回線とセットで購入することができるということです。

こちらがソフトバンクオンラインショップとなります。

後にも価格情報などを掲載しておりますが、新トクするサポートという施策を実施しており、ソフトバンクからの購入は実質価格で見ると非常にお得です。

BALMUDA Phone発売時に実施のソフトバンクのキャンペーン

「BALMUDA Phone」を2021年12月31日までに“ソフトバンク”で購入し、2022年1月9日までに専用ページから応募された方に、バルミューダ公式オンラインストアで使える10%OFFクーポンをプレゼントするキャンペーンを、バルミューダ株式会社が実施します。

バルミューダ公式オンラインストアで会員登録・ニュースメール登録および購入製品の登録が必要です。すでに会員登録をしていただいているお客さまも対象です。法人契約は対象外です。

こちらBALMUDAを購入する人に対するキャンペーンとなっていました。

次に発売されるBALMUDA Phone2でも同様のキャンペーンが開催されると思われます。

○キャンペーンは継続して実施
○次のBALMUDA Phone2のキャンペーンには期待

どのようなキャンペーンが出てくるのかは期待したいところですね。

BALMUDA Phoneのスペックは?

まずは現行のBALMUDA Phoneのスペックを見ていきましょう。

モデルBALMUDA Phone
大きさ123 × 69 × 13.7mm
重さ138g
OSAndroid11
CPUSnapDragon765
RAM6GB
ROM128GB
画面サイズ4.9インチ
解像度1920 x 1080ドット フルHD
アウトカメラ4800万画素
インカメラ800万画素
通信5G:n3/n28/n77/n78
LTE:Band 1/2/3/4/8/12/17/18/19/28/41/42
3G:Band 1/2/4/5/8
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz)/n(5GHz)/ac
カラーブラック、ホワイト
バッテリー2500mAh
その他IPX4(生活防水)・IP4X、指紋センサー、USB-C、ワイヤレス充電対応

こちらがスペックとなります。

ここからある程度スペックが上がるわけです。

どこのスペックがよくなるのか?

BALMUDA Phone2ではどの程度スペックアップするのでしょうか?

○デザインは継続的になると予想
○CPUいわゆる処理能力はミドルハイとなる予想
○5Gなどはミリ波への対応に期待
○画面サイズアップ
○価格を下げてくるとも予想
○独自開発のアプリを継続採用

アプリはBALMUDA Phoneで搭載されたアプリが独自アプリでしたが、その後他社でも利用できるように開放されていきました。

ただまた独自開発アプリは利用したいという声もあるかと思いますので、今後も継続的に開発してもらいたいですね。

価格は?

総額:143280円
分割:2985円x48回
実質価格:71640円

BALMUDA Phoneの価格は上記の価格となっていました。

おそらくここまでの価格設定にはならないと予想されます。

その理由は、流石に高すぎて購入出来なかったという人が多かったからです。

BALMUDA Phoneでは価格改定は行われるず、機種変更でも一括1円などで販売されている店舗が増えてきました。

のりかえなら9800円か1円で販売されているという店舗も多くあります。

価格は5万円前後でないと厳しい

たとえBALMUDAブランドであったとしても、当初の価格が14万円と非常に高額になっているというところが問題だったわけです。

○BALMUDAブランドに溺れたか
○14万円を超える価格設定はさすがに・・・

さすがに発売された当初14万円ということであれば、購入しようと思っても、躊躇しますよね。

他のスマホが5万円とかで販売されており、10万円を超えるようなスマホというのは、他社でいえばフラッグシップモデルレベルです。

フラッグシップモデルにしては、画面サイズも4.9インチとそこまで大きくはありませんでした。

ペルソナ設定を、40代〜50代のそこそこお金を持っている主婦層にしたかったと思いますが、それではうまくいかなかったわけです。

BALMUDA Phone2が発売されるとなると、確実に価格設定は5万円程度にまで下げないとかなり厳しいと予想されます。

発売日は?

BALMUDA Phoneの発売日は2021年11月26日でした。

おそらく開発は1年程度かかると予想されますので、2023年の11月頃の発売になると予想されます。

継続的に販売していくのであれば、2年に1度もしくは1年半に1度くらいのペースでの販売になると予想されます。

基本的にBALMUDAというのは、スマートフォン事業で正直なところ失敗したので、今後どのように展開しているのか?というところが見どころです。

ただ初めて出したので、失敗しても当然といえば当然なわけで、この失敗をどのように成功に結びつけるのか?というところが非常に重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック