【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


iPhone14はA15のCPUのまま iPhone14ProシリーズのみがA16になると予想




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

iPhone14が2022年に発売される予定となっていますが、iPhone14というのは、A15というCPUのままになる可能性が高いようですね。

A15というCPUというのは、iPhone13シリーズに搭載されているCPUとなっています。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

Twitterによる情報

こちらが投稿されている情報となりますが、以下に翻訳を掲載しておきます。

2つのProモデルのみがA16プロセッサにアップグレードされ、14および14MaxはA15のままになります。 4つの新しいモデルすべてに6GBRAMが搭載される可能性がありますが、LPDDR 5(14Proおよび14Pro Max)とLPDDR 4X(14&14 Max)の違いがあります。

こちらを見る限り、ProモデルのみがA16が採用されるのではないかと言われております。

Proモデルというのは、基本的に上位モデルとなっていることから、価格もかなり高くなると予想されます。

○Proモデルは上位モデル
○Proモデルは価格がかなり高い
○iPhone14は価格が抑えられるか

iPhone14はiPhone13と同じCPUを採用するということで、価格がかなり抑えられる可能性が高いと思います。

ただProモデルでは、ハイスペックになる予定なので、価格は今以上に高くなるのではないでしょうか。

4種類のiPhoneが登場

4種類のiPhoneが登場する見込みとなっています。

2022年モデルではminiというモデルがなくなると言われております。

miniがなくなり変わりにMaxと呼ばれるモデルが登場する予定となっています。

iPhone14MAX(iPhone14Plus) スペック 予約 価格 予想 Proモデルではなく 通常モデルで6.7インチになると予想
iPhone14の時点でiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売がある可能性が高いことがわかりました。 iPhone14というのは、今のところ2022年に発売されるiPhoneとなっています。 iPhoneの購入ならオン...

こちらにiPhone14Maxの情報を掲載しておきますが、今のiPhone13ProMaxと同じ画面サイズになると見られております。

○iPhone14
○iPhone14Max
○iPhone14Pro
○iPhone14ProMax

この4つのモデルが発売され、それぞれ6.1インチと6.7インチのモデルになる見込みです。

そしてiPhoneSE3は継続的に販売されるので、4.7インチのモデルとなります。

iPhone13miniはiPhone14発売以降も継続的に販売されると思われますので、iPhone13miniが継続販売されることにより、5.4インチという画面サイズもラインナップとして、継続的に販売されるのではないかと思います。

それで4インチ台から7インチ手前までのかなり多数のラインナップになると思います。

正直なところ昔のAppleはここまでのラインナップを揃えてくることはなかったかと思いますが、今はサブスクが収益の元となっていますので、そのサブスクを利用させるためには、安くてもiPhoneを持ってもらう必要があるわけです。

そのためiPhoneSE3のようなモデルの販売も欠かせないわけですね。

引用元:twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック