Galaxy A23 5G ギャラクシーA23 スペック ドコモからの販売の可能性は? 価格 レビュー 評価 評判は?

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

ドコモから2021年にGalaxy A22というモデルの販売が行われました。

Galaxyシリーズの中でA2シリーズというのは、最も廉価版のシリーズとなっていますが、スペック的にも全く問題ないレベルになっています。

Galaxy A23というモデルが、2022年には発売されると思われます。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Galaxy A23はドコモから発売の予定?

Galaxy Aシリーズの中でもA21、A22はドコモから継続して販売しています。

今後もAシリーズはドコモから販売され続けることは間違いないかと思います。

ドコモもしくはahamoを利用している人

こちらはドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップは事務手数料なので、非常に購入しやすいです。

またahamoを利用している人もドコモオンラインショップを利用することが可能となります。

ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは事務手数料無料
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは自宅まで送料無料でiPhoneの送付
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは発売日に自宅まで届けてくれる

このようなメリットがあります。

ドコモ いつでもカエドキプログラム デメリット メリット 機種変更が安い 最新機種を安く買える
ドコモではいつでもカエドキプログラムというものがあり、機種変更などを非常に買いやすい方法で、販売しています。 毎年のようにiPhoneを購入したけど、価格がかなり高いという理由で毎年iPhoneの購入が出来ないことはナンセンスです。 ...

ドコモの新しいキャンペーンです。

ドコモオンライン ショップ 機種変更 デメリット メリット 新規 乗換を利用する人が多い
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? こちらが公式サイトとなりますが、公式...

こちらにahamoを利用している人もドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

GALAXY A23の最新のスペック

メーカー Samsung
本体サイズ 165.4 × 76.9 × 8.4mm
重量 195g
OS Android
CPU 2.4 GHz、1.9 GHz オクタコア(現時点では不明)
RAM 4GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.6インチ
画面解像度 1080×2408ドット
背面カメラ1 5000万画素 / F値1.8
背面カメラ2 500万画素 / F値2.2
背面カメラ3 500万画素 / F値2.4
背面カメラ4 200万画素 / F値2.4
前面カメラ 800万画素 / F値2.2
バッテリー容量 5000mAh
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIMカード nano-SIM
カラバリ ブラック

こちららが現状で出ている最新のスペックとなります。こちらはグローバルモデルでのスペックとなりますので、ここから若干スペックが変更になると思っておいてもいいのではないかと思います。

私が一番懸念しているものとして、グローバルモデルでのROMの容量というのは、128GBとなっていますが、64GBのモデルになる可能性は十分に考えられます。

日本国内で販売するモデルの価格を下げるためには、少しでもスペックを変更するということは、普通に今まで行われてきたものとなっているからです。

そういうことを考えると、日本国内モデルで販売されているモデルというのは、基本的にそこまでスペックは高くはありません。

ある意味集客のためのGALAXY Aシリーズということになります。

Galaxy A22のスペックはどうだった?

まずはGalaxy A22のスペックを見てもらいたいと思います。

メーカー サムスン
大きさ 150 x 71 x 8.9mm
重さ 168g
OS Android11.0
CPU MT6833V Dimensity 700 5G
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 5.8インチ
解像度 1560 x 720
メインカメラ 1300万画素F値1.9
インカメラ 500万画素
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
カラー レッド、ブラック、ホワイト
その他 4,000mAhバッテリー、防水、おサイフケータイ、緊急速報メール、FMラジオ

こちらがA22のスペックですが、日本向けの機能もありますので、かなり使えるモデルになっていることは間違いありません。

✔A22は使えるモデル
✔A23の使えるモデルになると予想

CPUはどんなCPUになると予想?

CPUはMediaTekが継続的に搭載されると思われます。

Dimensity 700がGalaxy A22では搭載されておりますので、それよりは上位のモデルが搭載されると思われます。

Dimensity 720と呼ばれるCPUがすでに販売されていることから、それが採用される可能性も十分にありえます。

基本的にDimensity 700くらいあれば、普通に動作させることは全く問題ありませんので、Dimensity 720もしくは2022年に出てくる予定の同系列のCPUになる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

日本ではSnapdragonと呼ばれるCPUを搭載するモデルが非常に多いです。

そのためDimensityと言われても、いまいちピンとこない人のほうが多いのではないかと思います。

それでもDimensityシリーズというのは、グローバルでは結構増えてきているので、これから先かなり伸びていくものと思われます。

ただExynos 7884を搭載しているモデルも存在することから、地域によってCPUを変えているのではないかと思います。

時刻モデルとそうでないモデルで、変更している可能性というのは、十分にありえるのではないでしょうか。

✔グローバルモデルでも地域によってCPUなどを変更することはある
✔Exynos 7884を搭載しているモデルも存在する

カメラはクアッドカメラ

カメラというのは、クアッドカメラを搭載しています。

✔1600万画素(広角)
✔800万画素(超広角)
✔200万画素(マクロ)
✔200万画素(深度)

これらのカメラが搭載されています。

クアッドカメラを搭載しているモデルというのは、正直なところそこまで多くはありませんので、これもまたかなりメリットがあります。

✔安価なモデルで、クアッドカメラを搭載していることもすごい
✔深度カメラが搭載なので、奥行きの計測も問題なし

奥行きを計測するカメラが存在するということも非常にメリットがあると思います。

ToFなどと呼ばれるカメラですが、深度カメラという形で付いているのです。

ToFはまだセンサーとして結構高額ということもあり、深度カメラが搭載されていると思いますが、今後このようなカメラを搭載している安価なモデルというのは、徐々に増えてくるのではないかと思います。

低価格モデルの人気がすごい

現在日本では低価格モデルの売れ行きというのは、本当にすごいです。

その理由ですが、やはり低価格モデルというのは、非常にメリットがあります。

2年に1度の機種変更をしたとしても、あまり問題はありません。

いわゆる家計に優しいのです。

家計に優しいモデルが多数販売されているということを考えると、間違いなくメリットがあると思っています。

✔低価格モデルは家計に優しい
✔低価格モデルを購入する人が非常に増えた

それこそ10万円を超えるようなモデルというのは、いらないという人も結構多いと思います。

私も不要だと思いますね。あまりにも高額なモデルというのは、一部の人を除いていらないと思います。

引用元:gadgetsnow

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式 UQモバイル公式 ソフトバンク公式