iPhone13Proの背面のカメラがすべて大きく 通常モデルは特に変化なし

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhone13Proの背面カメラがiPhone12と比較画像が出ております。

もともとiPhone13Proシリーズでは、カメラモジュールが大きくなると報じられておりました。

iPhone13Proではカメラモジュールが大きくなるということで、どれくらい大きくなるのか?というところを比較している画像がありましたので紹介したいと思います。

 

カメラはどれだけ大きくなる?

こちらの画像を見てもらいたいのですが、iPhone13Proシリーズのみカメラ本体の大きさが大きくなる可能性があります。

これに伴いF値などが下がる可能性も十分に考えられるのではないかと思っています。

✔カメラモジュールが大きくなりF値が下がるのでは?
✔画素数アップの可能性も十分にありえるかも?
✔カメラ性能の向上にはかなり期待

今後も含めてProシリーズは通常モデルとそれなりの違いを持たせたいというAppleの思いが入っているのではないかと思います。

Proモデルのほうが高額なモデルということもあり、カメラ性能が上がるということは間違いないでしょう。

またProモデルにはLiDARも搭載される見込みとなっています。

LiDARというのは、簡単にいうと奥行きを計測するセンサーとなっており、最近のハイスペックスマートフォンにはToFと呼ばれるものとして導入されているケースが大半です。

✔Proモデルのみ奥行きを計測できる
✔通常モデルとの差別化がかなりある

Proモデルのほうが数万円高額にはなりますが、ハイスペックモデルの購入のほうが間違いなくメリットがあると思っています。

光学ズームには期待

光学ズームにはかなり期待したいと思っています。

iPhone12ProMAXには光学ズームが入っていますが、2.5倍の光学ズームです。

せめてiPhone13ではここを5倍から10倍にしてもらいたいですね。

Galaxy S21 ULTRAではすでに10倍ズームが搭載されているのです。

✔Galaxy S21 ULTRAとのズーム性能にはかなりの違いが・・・
✔Galaxy S21 ULTRAのズーム性能はかなりよい
✔iPhoneももっとがんばってもらいたい

iPhoneももっとズーム性能に関してはがんばってもらいたいと思っています。

Galaxyシリーズの最高峰と比較すると結構な差になっているのではないかと思います。

ここまでの差があるのであれば、正直なところiPhoneよりもGalaxyを選択しようと思う人も結構多いのではないかと思っています。

そうならないようにiPhoneも本当にがんばってもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました