楽天ハンド 2世代目 楽天ハンドS Rakuten Hand2 今後の発売に期待 スペック 予想

現在楽天ハンドというモデルのスマホが楽天オリジナルモデルとして販売していることは知っている人も多いのではないでしょうか。

今後楽天ハンドの2世代目の販売もあるかと思います。それがどのようなスペックになるのか?というところを予想してみたいと思います。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

楽天オリジナルとは?

楽天オリジナルというのは、楽天ブランドのスマートフォンの総称となっています。

楽天オリジナルモデルというのは、どのようなモデルがあるのでしょうか?

Rakutenオリジナル一覧 | 製品 | 楽天モバイル
楽天モバイルのオリジナルスマホのラインアップ。Rakuten BIG sやRakuten Hand、Rakuten Miniなどのスマートフォンのご購入のほか、料金、新商品のスペックがご覧いただけます。

こちらが楽天オリジナルモデルとなっています。

✔楽天ミニ
✔楽天ビック
✔楽天ビックs
✔楽天ハンド

このようなモデルがあるのです。

確認していただければわかるかと思いますが、非常に低価格なAndroidスマートフォンであることはわかるのではないかと思います。

この中で楽天ハンド及び楽天ミニに関しては非常に安価に購入できるスマホとなっています。

今後楽天ハンドの2世代目の販売もあるのではないかと思います。

楽天オリジナルとして販売し続ける理由

楽天オリジナルとして販売し続ける理由ですが、低価格路線で新しい顧客を確保していくという楽天モバイルの考えがあるからではないかと思います。

楽天モバイルというのは、基本的には低価格なモデルを中心に販売しており、それで契約者数を伸ばしています。

楽天オリジナルブランドというのは、楽天にとっては販売促進のためのツールであり、我々もそれを利用することで、かなりメリットのあるモデルとなっています。

楽天オリジナルブランドをこれからも継続的に出していくことで、楽天モバイルもメリットがあり、我々もメリットがあるわけです。

楽天オリジナルブランドのスペックなどはどう?

気になるのは楽天オリジナルブランドのスマホのスペックなどですが、ODMで製造しているものと、海外で販売されているモデルを日本モデル向けにカスタマイズしているものがあります。

楽天ハンドなどは、ODMで楽天モバイル用に製造されているモデルとなっていますので、基本的に楽天モバイルも仕様通りに製造されているモデルということになります。

そういうこともあり、低価格でありながらも楽天モバイルにとって販売しやすい価格帯で販売できるというところが非常にメリットのあるところです。

これから継続的に楽天ハンドのようなモデルが販売され続けると思いますが、楽天ハンドのようなモデルというのは、楽天モバイルとしても売れ筋モデルとなりますので、期待している人も多いのではないでしょうか。

楽天のオリジナルブランドであったとしてもAndroidが搭載されており、カメラやタッチパネルなど全く問題ありません。

そういうことをトータル的に考えると、楽天モバイルのスマホというのは、かなりメリットのあるスマホであることはいうまでもありません。

2021年の前半では4機種しか販売されておりませんが、今後も継続的に販売していくのではないかと思っています。

iPhoneの位置付け

楽天モバイルからiPhoneの販売が開始され、非常に賑わっておりますが、iPhoneの位置付けというものも気になります。

各社iPhoneの売上は約半分を占めている状態となっていますので、今後楽天モバイルもiPhoneの売上が半分ということになると思います。

iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 割引 キャンペーン スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12の在庫も落ち着いてきました。iPhone12は非常に購入しやすい環境となっていると思います。ただどうしても在庫不足の時もあるかと思いますので、それは注意が必要となります。 在庫はリアルタイムに更新されるので、在庫のチェ...

こちらiPhone12が楽天から販売されています。

楽天モバイル iPhone13 /13 Pro /13 mini /13 ProMAX 維持費も安くてお得に使える 最安値モデルで販売されるのか
楽天モバイルからiPhoneの販売が行われました。これに伴い2021年モデルのiPhoneでも登場するのではないかと思います。 楽天モバイルは最低維持費もかなり安価になっているので、楽しみにしている人も多いのではないかと思います。 ...

今後楽天モバイルからもiPhone13の販売は行われるでしょう。そうなると楽天オリジナルモデルの位置付けが少し微妙となるのです。

その理由はiPhoneは売れ筋で実はほっといても販売台数を伸ばしていくモデルとなります。

✔iPhoneはほっといても売れる
✔iPhoneの取り扱いが契約者を増やす武器に

楽天の収益モデルというのは、通信費による毎月の通信料金が収入となります。iPhoneで契約者数を獲得できるのであれば、確実に楽天としてもメリットはあるかと思います。

ただiPhoneが欲しい人ばかりではなく、楽天の回線をお試しで利用したいという人もいるわけです。そういうことを考えると、楽天オリジナルモデルのスマホを継続的に販売し続けるというところも、あまり問題ないのかもしれません。

それでは楽天ハンドの2世代目がどのようなスペックになるのか見ていきましょう。

Rakuten Handのスペックは?

モデル 楽天ハンド
OS Android10
サイズ 138 x 63 x 9.5mm
重さ 129g
CPU Snapdragon720
RAM 4GB
ROM 64GB
ディスプレイサイズ 5.1インチ
解像度 1520×720(HD+)
前面カメラ 1600万画素
背面カメラ メインカメラ:4800万画素
デプスカメラ:200万画素
バッテリー容量 2750mAh
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)

まずはこちらがスペックとなっていますが、ミドルレンジの中でも若干ローエンドに近いモデルとなっています。

✔ミドルレンジでもローレンジモデルの中の一つ
✔Tinno mobileという会社が製造
✔日本では楽天オリジナルモデルとして販売

Tinno mobileという会社を知らない人も多いのではないかと思いますが、まさに楽天ハンドのようなモデルを製造しているメーカーとなります。。

一度コネクションがあると楽天としても頼みやすい会社にはなりますので、今後間違いなく楽天ハンドの2世代目はこの会社に製造を委託するのではないかと思います。

スペック的にはよくなる

楽天ハンドの販売価格は税込み2万円となっていることから同じ価格帯で同じようなモデルのスマホを製造させる狙いがあるのではないかと思います。

✔同じ価格でも1年ほど経過するとハイスペックモデルができる
✔部材コストは年々下落傾向

部材コストが年々下落とありますが、この場合の下落というのは、同じ部材であれば、年々下落しているということです。

当然ながらハイスペックモデルに搭載するような部材コストはどんどん値上がりしています。

今回搭載されているSnapdragon720というCPUですが、こちらも1年〜2年前のミドルレンジモデルに搭載されていたCPUとなっていますが、これがまた1年後くらいになると、1ワンク上のCPUであったとしても、価格が下がってくるわけです。

そういうこともあり、スペック的には確実によくなる傾向となります。

スペックがよくなるということは、それだけ反応速度などもよくなるということになりますので、楽天ハンドよりはよくなると思います。

手に持てるサイズは継続

片手で持てるサイズは当然ながら継続すると思います。現行の楽天ハンドが5.1インチとなっていますので、大きくなったとしても5.2インチレベル程度ということになります。

画面サイズが大きいスマホが多くなってきている中で、コンパクトモデルという位置づけはかなりいいのではないかと思います。

✔コンパクトサイズのスマホは人気が高い
✔Xperia aceⅡというスマホも登場

Xperia aceⅡというスマホも登場しました。

こちらもコンパクトサイズのスマホということになりますので、これまた人気のモデルとなります。

コンパクトモデルのスマホというのは、今後も人気が出続けると思いますので、楽天ハンドの後継モデルの販売には期待したいところです。

解像度アップは期待

画面解像度のアップには期待したいところです。

せめてフルHD解像度にはなってもらいたいですね。フルHD解像度というのは、最近では一般的になってきていますので、フルHD解像度になれば、かなりきれいに画面なども見ることができるようになります。

✔フルHD解像度への期待
✔HD+解像度では若干画面が荒く感じることも

コンパクトモデルであったとしてもそれなりにきれいな画素数ではみたいですからね。

やはりフルHD解像度以上の期待は誰もがするのではないかと思います。

カメラはすでに十分か?

カメラに関してはすでに十分ではないかと思います。

4800万画素という高性能カメラを搭載していますので、現時点ではおそらく4800万画素と深度カメラの2つが搭載されていれば問題ありません。

✔4800万画素もあれば十分
✔深度カメラは200万画素あれば十分

現行のカメラでもすでに十分なことから、トリプルカメラにもなることはないと思います。

トリプルカメラを本来は期待したいところですが、そうなれば価格アップになる可能性も十分に考えられます。

スペック的には4800万画素のカメラで十分と言わざるを得ません。

楽天ハンド2の発売日は

現状の楽天ハンドの発売日は、2020年12月となっており、普通に考えると1年は同じスマホを継続的に販売するということを考えるなら、2021年12月ごろの販売になるのではないかと思います。

いわゆる冬モデルの商戦に間に合うように製造するのではないかと思います。

✔2021年の12月ごろに販売の予定
✔冬モデル商戦に間に合うように販売

冬の時期というのは、ボーナスなどをもらう人も多く、スマホの販売台数というのは、伸びる時期です。

またその後学生がスマホを持ちたいというニーズも結構ある時期になってくるのです。

学生は4月から学校が開始されますので、それまでにスマホを購入しておきたいということで、日本市場で一番販売台数が伸びる時期は3月の年度末商戦の時です。

その時にスマホの台数が一番伸びるということになれば、それより前に販売するということは妥当なのではないかと思います。

このようなスマホは楽天モバイルのシェアが広がる

楽天ハンドのような安価なモデルのスマホが販売されると楽天モバイルのシェアというのは、かなり拡大されるのです。

楽天モバイルというのは、かなり安価な価格設定になっていることから、そもそもMNPの流入が非常に多いわけです。

MNPの流入が非常に多いということは、そのタイミングでスマホの売上も上がることが一般的です。

楽天ハンドは価格も安価なので、とりあえず楽天モバイルがどんな会社なのか利用してみようと思っている人であったとしても、一度楽天モバイルを利用してみる価値はありだと思います。

実は楽天ハンド以外の機種であったとしても、実質価格が0円に近いスマホというのは、今存在しています。

楽天モバイル AQUOS SENSE4 Lite 実質価格 1円で安く お得に利用できる 維持費も0円〜
AQUOS SENSE4 Liteが一括1円という非常に低価格で販売されております。 こちらを見てもらいたいのですが、楽天モバイルのアンリミット6への加入でそこまで安価な価格を実現しているのです。 新規購入でも一括1円で...

こちらが今の一番の売れ筋のモデルとなっています。

このように価格が安価なモデルでかつ会社から販売しているようなモデルであれば、間違いなくそれだけでメリットがあると思います。

✔安価な価格設定のモデルが楽天モバイルでは売れ筋モデルに
✔安価なモデルが楽天の起爆剤に

昨今高額なスマホを購入したくないと思っている人も多い中で低価格からミドルにかけてのスマホの販売を行っている楽天モバイルというのは、非常に魅力的な会社にうつる人も多いのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました