スマホを安く買うなら学割を利用して MNPを繰り返し行うことがお得

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

スマホを安く買いたいなんて思っている人も多いのではないかと思います。スマホを少しでも安く買うためにはどうしたらいいのでしょうか?
スマホを安く購入したくても、なかなか安く買えない、また維持費もよくわからないなんて人も多いと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

学割を利用するなら各社オンラインショップまで



こちらが各社のオンラインショップとなっています。当然ながら学割には対応されているため、メリットはかなりあるかと思います。

スマホを買うのであれば、間違いなくオンラインショップが楽で便利です。

・オンラインショップは24時間営業
・オンラインショップはスマホで買える
・ドコモとソフトバンクはオンラインショップの事務手数料が無料
・2500円以上で送料無料
・最短で翌日着

オンラインショップにはこのようなメリットがあります。そのためオンラインショップを利用して買う人が年々増えているのです。
店舗に行く必要もないので、それだけでもかなりのメリットではないかと思います。
まさに時間を短縮できるということは、かなりのメリットだと思います。

オンラインショップでも学割の適用を受けることはできますので、学割の適用を受けたいのであれば、本当におすすめです。

なぜ学割を利用するのか

なぜ学割を利用するほうがお得なのでしょうか?
各社から学割施策というものは出ていますが、学割を利用することで、毎月の維持費をかなり抑えることができるからです。
学割の施策を利用できるのは、たいていの会社で20歳前後までくらいとなっており、お子さんがいる家庭では少しでもスマホを安く利用するためにはこの学割という制度を利用するということは、欠かせないわけです。
学割制度を欠かせなくするためには、定期的なMNPがお得になるわけです。
初めてスマホを持つのは中学生くらいではないかと思っています。
中学生であれば、13歳ですがそれ以降数年間は毎年のようにMNPをすることをおすすめしたいと思います。

MNPをするだけで、毎月の維持費を下げることができるという非常に素晴らしい制度だからです。
手続きなども結構面倒なことはあるかと思いますが、学割は利用したほうが間違いなくいいと思います。
学割を利用することがなかったら、同じように利用していても数千円維持費が高くなる可能性もあることが多いのです。

学割の有効期限は1年と縛られていることも多く、1年後には次の会社の学割も出てくるため、1年ほどで会社を変えていくことがおすすめなのです。

これは各社がやっているキャンペーン施策となっていますので、キャンペーン施策は間違いなく利用するほうがメリットがあるということです。

✔学割は1年だけオトクな施策が非常に多い
✔学割は本当に学生だけの特権

このようなこともあり、1年だけ契約し続けるということが間違いなくメリットです。

これからahamoなどの安価なプランも出てくるのですが、それまでのつなぎとして考えることもオススメしたいですね。

スマホを安く維持費したい人は多い

スマホを安く維持する努力をする人は固定費を下げることができるのです。毎月の家庭の中でも以外と支出が多いのは、スマホの維持費ではないかと思っています。
スマホの維持費は人によっては家族で2万円以上の支払いを行っているという家庭も多いわけですね。
年間に換算すると24万円以上の支払いということになります。

それ以上に稼ぎがあれば特にいいと思いますが、初任給以上の支払いを行うってどうかと思いませんか?
相当高くなると思います。これでは本当にダメではないかと思います。
そういうこともあり、スマホの維持費を安く抑えたいと思う人なら、確実に学割のメリットを受けたほうがいいでしょう。
またMNPは色々な恩恵を受けられることも非常に多いです。MNPを利用することで、スマホも安価に購入することができる可能性があるのです。
MNPのほうがスマホの割引率が高くなっていることも多く、1万円を切る価格でスマホを購入すればいいのです。

スマホの購入を伴う学割は本当にメリットがある?

スマホの購入を伴う学割は本当にメリットがあるのか?と思うかもしれませんが、今利用しているスマホいっそのことSIMフリーモデルにしてしまうということも手の一つかと思います。

SIMフリースマホに人気が集まる メーカーもキャリア頼みではスマホが売れない?
昨今メーカーがSIMフリーにどんどん参画しているようです。 つい最近ではXperiaシリーズがSIMフリー市場に投入されるということになり結構な話題をよんだと思います。 こちらの記事がそれにあたりますが、日本ではドコモやauで販...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、スマホの購入を伴う場合は、スマホ代金の支払いも必要となるのです。
こちらの記事はSIMフリースマホということだけを掲載しておりますが、今利用している機種をSIMフリーにするということも考えてみることをおすすめしたいと思います。

今利用している機種をSIMフリーにするとどのようなメリットがあるのでしょうか。

・他社のSIMで利用可能

これが最大のメリットなのです。
他社のSIMを利用することができるということが最大のメリットなのです。他社のSIMを利用することができれば、同じスマホを利用し続けることができるのです。
後はそのスマホの持っている帯域です。

ドコモ ahamo 通信帯域 通信エリア 5G LTE 4Gで利用できるバンド帯 SIMフリー MVNO 格安SIMで活用できる
ドコモを利用している人は通信回線をなにげに使っている回線ですが、ドコモが持っている通信帯域を利用して通信を行っています。 何気に使っているとあまりこのようなことはわかりませんよね。 今回はドコモで利用している通信帯域に関してお伝...

これがそのスマホの持っている帯域となっていますが、その帯域というのはスマホによって異なります。こちらの例はドコモで利用できる帯域となりますが、ドコモの場合だと世界で販売されている一般的な帯域を利用することができますので、実はたいていのスマホで利用することが可能となるのです。
一応念の為にSIMフリーにした時の他社にMNPをした時にその機種がその会社でのSIMを挿した時に利用できるのか?という部分はきっちり抑えておきたいところではないかと思っています。

スマホの購入を行ったとしてもやはり一番に考えるのは中古として販売するということです。

中古として売ってもいけるのか?

スマホは中古市場でもそれなりに販売することが可能となっています。中古として売るということは、私はありだと思っています。中古として売っている人も実際にはかなり多いと思います。
普通は使わなくなったスマホを売るというイメージですが、使う前に売ることで、未使用という状態で売却することができるので、数千円高く買い取ってくれることが大半です。

特にそれがiPhoneなら相当高値で買い取ってくれるのではないかと思います。中古市場にスマホを持っていくということで、トータルコストを下げるということも考えておきたいところです。
最近はコロナで収入が下がったという人も多くいることから、スマホの代金を見直したいと考えている人も多いと思います。
そういう人なら中古にスマホを持っていいって売却するということも考えておいたほうがいいと思います。

ネット上でも中古スマホを買い取ってくれる会社は色々あります。そういう会社に一度問い合わせてみることをおすすめします。
店舗型でも買い取ってくれるところはあるかと思います。
GEOやハードオフなんかでも買取はしてくれると思いますが、店舗型の場合はかなり買い叩かれるケースが多いと思います。
買い叩かれても嬉しくないですからね。個人的にはネットで売却することをおすすめしたいですね。
発送の手間なんかもありますが、すぐに現金を振り込んでくれますので、私が利用しているのはそのようなネットの中古業者を選定することが多いですね。

5月31日まで

学割はたいてい5月31日までとなっています。5月31日までとなっているので、それまでに決めてしまう必要があるかと思います。
通常11月、12月ごろから学割は始まり、5月31日までです。
約半年の間学割の恩恵を受けることができるようになり、昔に比べると学割の期間が長くなりました。
なぜ学割の期間が長くなったのか?というと、家族全員で乗り換える人が非常に多くなったことから、1台の乗り換えより、家族まとめて5台くらい一気に乗り換えてくれる可能性が非常に高いからです。
昨今ではメールアドレスなどを利用することもなくなり、会社が変わることにより、メールが変わっても全く問題ないという人もかなり増えてきています。

そういう人にとっては、MNPをしても電話番号さえ変わらなければ、全く問題ないという風潮になってきているのです。

5月31日までということで、確実にメリットがあるかと思いますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました