ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ドコモ 通信帯域 LTE 4Gで利用できるバンド MVNO 格安SIMで活用できる

ドコモを利用している人は通信回線をなにげに使っている回線ですが、ドコモが持っている通信帯域を利用して通信を行っています。

何気に使っているとあまりこのようなことはわかりませんよね。

今回はドコモで利用している通信帯域に関してお伝えしたいと思います。

基本的にはドコモから購入するスマホはドコモの通信帯域にマッチしている為問題ありません。

しかしながら最近はSIMフリースマホという言葉もいろいろ出てきており、他社で購入したスマホがドコモの回線で利用できるかどうかということや、ドコモの回線を利用した格安SIMの利用ができるかどうかなどいろいろ疑問に思っている人も多いと思います。

まずはドコモが利用しているバンド帯に関して紹介したいと思います。

ドコモが利用しているバンド帯

上記の表はドコモ以外のバンド帯に関しても掲載があるため他社で利用できるバンド帯もわかるでしょう。

こちらがドコモが利用しているバンド帯となっております。

バンド LTE周波数帯 説明
1 2.0GHz-2.1GHz 主に全国で広く対応しています。
3 1.7GHz-1.8GHz 東京・名古屋・大阪がメインです。東名阪と呼ばれる場所で利用されているバンド帯です。
19 800MHz 郊外及び山間部で利用されるバンド帯でプラチナバンドと呼ばれる帯域
21 1.5GHz 補助的なバンド
28 700MHz 一部の地域で運用しているプラチナバンド
42 3.5GHz PREMIUM 4G®と呼ばれるバンド帯域で高速通信が可能です。東名阪の一部で利用することができます。

その中でも特にドコモが重要視しているバンド帯というのは赤色で記載しているところです。

そのため赤色で示している部分に関してはMVNOとして利用する上では必須となっております。

ドコモから発売されているモデルはたいていのモデルですべてのバンドが利用できますが、一部のバンドは利用できないモデルもありますので注意が必要です。

上記の中の赤色で示している部分は基本的に外せないバンド帯となっておりますが、この中でも1と19は必須といえるかと思います。このバンド帯がないスマホを手に入れた場合、ドコモのMVNOではほぼ利用できない可能性が高いです。

基本的にこのバンド帯から外れているものを手に入れることはないと思いますが、海外で購入したモデルなどを検討する人はこのバンド帯から外れている可能性はゼロではありません。

海外から日本にスマホを持って帰ってきた時は一度このあたりを注意して見ておく必要があるかもしれません。

ハイエンドモデルは基本的にいろいろなバンドを利用することができるケースが多い為、基本的にあまり気にすることはありません。

また日本で購入するSIMフリーモデルは基本的にこのあたりのバンド帯には対応していることが大半なので、ほぼ問題ないかと思いますが、他の国に行った時に購入したという人は気をつける必要があります。

ドコモの通信方式

こちらがドコモを含むau、ソフトバンクの通信方式となります。

第3世代とありますが、この第3世代というのは3Gのことです。最近3G通信になることは非常に少ないと思いますので、3G通信に関してはあまり気にすることはないと思います。

これを見るとauだけが第3世代でCDMAなどの方式を利用しており、他社と異なることがわかると思います。

しかしながら実際はLTE通信を利用しているケースがほとんどだと思いますので、LTE通信に変わりSIMフリーモデルならauの電波でも利用できるケースが非常に増えております。

それでもドコモとはバンド帯が異なりますので、注意は必要となります。

技適には注意する

海外から仕入れたスマホは技適に対応していないことも多いと思います。

技適というのは、日本でそのスマホを利用してもいいという機種となっており、日本国内で利用することが許可されたものとなっております。

最近はインバウンドが増えたことにより、技適に対応していないスマホを日本国内に持ち込んだとしても言われることはありませんが、通常利用を日本国内で行う場合は技適に対応しているかどうかは事前に確認しておきたいところです。

日本ならドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアからスマホを購入するのであれば、間違いなく対応しておりますので、特に何も考える必要はありません。

準キャリアと呼ばれるMVNO業者から販売されているスマホに関しても技適認証を得ていますので、問題ないでしょう。

基本的に店舗などで購入するものに関しては技適の確認がとれているものなので、そこまで心配はないかと思います。

一番心配なのは、海外サイトから購入した場合です。海外サイトから購入した場合というのは、どうしても技適の確認をとることが難しいのです。そのため海外サイトで購入した場合スマホ自体は日本国内のバンド帯で利用できるものだったとしても日本国内での利用を許可されていない機種だった場合違法となりますので、それは注意が必要です。

購入する時はそれが技適に対応しているかどうか見る必要があります。

ドコモのスマホが保持している周波数帯

こちらドコモで発売されている代表的なスマホの対応バンド帯となっております。

上記の図から見て伺えるのは、バンド19、3、1に関してはすべての機種で対応されているということです。

ここさえカバーしておけばドコモのエリアでは利用が可能ということになります。

+アルファとして他のバンド帯でも利用できるというモデルは基本的にハイスペックモデルとなります。

ハイスペックモデルではこの3つのバンド帯以外をカバーしているケースもありますので、より電波をキャッチしやすくかつ高速に通信することができるモデルとなっております。

5Gになるとまた別のバンド帯が増える

今後5Gと呼ばれるPremium4Gのまた上の規格が登場します。

非常に高速通信を行うことが可能となっており、4Gよりも通信速度は100倍にもなると言われております。

ドコモ5Gは2020年に 商用開始 テスト運用は2019年9月から開始の予定

2019年3月1日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、5Gに向けて現在商用サービスの準備を実施しております。

2019年からテストを開始するということで、非常に期待できると思います。

5Gになるとかなりの高速通信が可能になりますが、今のバンド帯だけでは足りないため、新しいバンド帯を現在申請しているのです。

5Gが利用できるようになれば、相当高速通信ができますので、利用者側にもかなりのメリットがあるかと思います。

しかしながらまずは東名阪からのスタートになるでしょう。山間部に5Gがやってくることはないと思います。

それこそ山間部に5Gがやってくるのはもっと先の話です。

それでも現在5Gの商用化に向けてがんばっているところなので、期待はしてもいいと思います。

その時に新しいバンド帯が生まれてそれに対応するスマホというものも結構販売されてくるのではないかと思います。

新しいバンド帯のものが出てくるのは2019年の冬モデル以降になるのではないかと予想しております。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA