ドコモ ahamo 通信帯域 通信エリア 5G LTE 4Gで利用できるバンド帯 SIMフリー MVNO 格安SIMで活用できる

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

ドコモを利用している人は通信回線をなにげに使っている回線ですが、ドコモが持っている通信帯域を利用して通信を行っています。

何気に使っているとあまりこのようなことはわかりませんよね。

今回はドコモで利用している通信帯域に関してお伝えしたいと思います。

基本的にはドコモから購入するスマホはドコモの通信帯域にマッチしている為問題ありません。

しかしながら最近はSIMフリースマホという言葉もいろいろ出てきており、他社で購入したスマホがドコモの回線で利用できるかどうかということや、ドコモの回線を利用した格安SIMの利用ができるかどうかなどいろいろ疑問に思っている人も多いと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

ドコモのスマホなら通信帯域はカバーしている

ドコモオンラインショップで購入できるスマホは、今回説明する通信帯域のことを意識することなく利用することが可能となっていますので、あまり関係ありません。

ドコモオンラインショップで購入できるスマホはドコモでも検証を受けて販売しているモデルとなっていますので、そこは意識する必要はないでしょう。

まずはドコモが利用しているバンド帯に関して紹介したいと思います。

ドコモが利用しているバンド帯

上記の表はドコモ以外のバンド帯に関しても掲載があるため他社で利用できるバンド帯もわかるでしょう。

こちらがドコモが利用しているバンド帯となっております。

バンド LTE周波数帯 説明
1 2.0GHz-2.1GHz 主に全国で広く対応しています。
3 1.7GHz-1.8GHz 東京・名古屋・大阪がメインです。東名阪と呼ばれる場所で利用されているバンド帯です。
19 800MHz 郊外及び山間部で利用されるバンド帯でプラチナバンドと呼ばれる帯域
21 1.5GHz 補助的なバンド
28 700MHz 一部の地域で運用しているプラチナバンド
42 3.5GHz PREMIUM 4G®と呼ばれるバンド帯域で高速通信が可能です。東名阪の一部で利用することができます。

その中でも特にドコモが重要視しているバンド帯というのは赤色で記載しているところです。

そのため赤色で示している部分に関してはMVNOとして利用する上では必須となっております。

ドコモから発売されているモデルはたいていのモデルですべてのバンドが利用できますが、一部のバンドは利用できないモデルもありますので注意が必要です。

上記の中の赤色で示している部分は基本的に外せないバンド帯となっておりますが、この中でも1と19は必須といえるかと思います。このバンド帯がないスマホを手に入れた場合、ドコモのMVNOではほぼ利用できない可能性が高いです。

基本的にこのバンド帯から外れているものを手に入れることはないと思いますが、海外で購入したモデルなどを検討する人はこのバンド帯から外れている可能性はゼロではありません。

海外から日本にスマホを持って帰ってきた時は一度このあたりを注意して見ておく必要があるかもしれません。

ハイエンドモデルは基本的にいろいろなバンドを利用することができるケースが多い為、基本的にあまり気にすることはありません。

また日本で購入するSIMフリーモデルは基本的にこのあたりのバンド帯には対応していることが大半なので、ほぼ問題ないかと思いますが、他の国に行った時に購入したという人は気をつける必要があります。

ドコモの通信方式

こちらがドコモを含むau、ソフトバンクの通信方式となります。

第3世代とありますが、この第3世代というのは3Gのことです。最近3G通信になることは非常に少ないと思いますので、3G通信に関してはあまり気にすることはないと思います。

これを見るとauだけが第3世代でCDMAなどの方式を利用しており、他社と異なることがわかると思います。

しかしながら実際はLTE通信を利用しているケースがほとんどだと思いますので、LTE通信に変わりSIMフリーモデルならauの電波でも利用できるケースが非常に増えております。

それでもドコモとはバンド帯が異なりますので、注意は必要となります。

最近はSIMフリーモデルを購入すると、ドコモ、au、ソフトバンクの3社で利用できるものが非常に多いですが、購入時にそのあたりはきっちり確認しておくほうがいいと思います。

技適には注意する

海外から仕入れたスマホは技適に対応していないことも多いと思います。

技適というのは、日本でそのスマホを利用してもいいという機種となっており、日本国内で利用することが許可されたものとなっております。

最近はインバウンドが増えたことにより、技適に対応していないスマホを日本国内に持ち込んだとしても言われることはありませんが、通常利用を日本国内で行う場合は技適に対応しているかどうかは事前に確認しておきたいところです。

日本ならドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアからスマホを購入するのであれば、間違いなく対応しておりますので、特に何も考える必要はありません。

準キャリアと呼ばれるMVNO業者から販売されているスマホに関しても技適認証を得ていますので、問題ないでしょう。

基本的に店舗などで購入するものに関しては技適の確認がとれているものなので、そこまで心配はないかと思います。

一番心配なのは、海外サイトから購入した場合です。海外サイトから購入した場合というのは、どうしても技適の確認をとることが難しいのです。そのため海外サイトで購入した場合スマホ自体は日本国内のバンド帯で利用できるものだったとしても日本国内での利用を許可されていない機種だった場合違法となりますので、それは注意が必要です。

購入する時はそれが技適に対応しているかどうか見る必要があります。

技適に対応していないものというのは、残念ながら日本で利用出来ないということは一番気にしておいたほうがいいでしょう。

海外在住時に海外で購入したスマホを日本に持って帰ってきた時に利用することが出来ないということも十分ありえますので、注意が必要ですね。

特にiPhoneなどは海外で購入したという人も多いでしょう。技適には対応していないケースが非常に多くありますので、iPhoneなどでは注意が必要となります。

ただし最近ではBWAに対応した機種であれば問題ありませんので、そこまで気にする必要はないかと思います。

また実際に技適マークがついていない機種を利用していて、捕まったという例はないので、そこまで臆病になることもないかと思います。

技適マークというのは、このようなマークとなります。このマークというのは、本体についている場合もあれば、設定項目の中なんかにある場合もあります。

この技適マークがないと、SIMフリーのスマホを利用している場合は問題になるのです。

ドコモのスマホが保持している周波数帯

こちらドコモで発売されている代表的なスマホの対応バンド帯となっております。

上記の図から見て伺えるのは、バンド19、3、1に関してはすべての機種で対応されているということです。

ここさえカバーしておけばドコモのエリアでは利用が可能ということになります。

+アルファとして他のバンド帯でも利用できるというモデルは基本的にハイスペックモデルとなります。

ハイスペックモデルではこの3つのバンド帯以外をカバーしているケースもありますので、より電波をキャッチしやすくかつ高速に通信することができるモデルとなっております。

どのバンドに対応しているのか?というところは非常に重要なことになりますので、購入しようとしているスマホのバンドを調査するということは非常に重要なことです。

ドコモが保有している電波帯域というのは、普通にドコモのスマホを利用するのであれば、問題ありません。

5Gになるとまた別のバンド帯が増える

今後5Gと呼ばれるPremium4Gのまた上の規格が登場します。

非常に高速通信を行うことが可能となっており、4Gよりも通信速度は100倍にもなると言われております。

2019年からテストを開始するということで、非常に期待できると思います。
5Gになるとかなりの高速通信が可能になりますが、今のバンド帯だけでは足りないため、新しいバンド帯を現在申請しているのです。
5Gが利用できるようになれば、相当高速通信ができますので、利用者側にもかなりのメリットがあるかと思います。
しかしながらまずは東名阪からのスタートになるでしょう。山間部に5Gがやってくることはないと思います。
それこそ山間部に5Gがやってくるのはもっと先の話です。
それでも現在5Gの商用化に向けてがんばっているところなので、期待はしてもいいと思います。
その時に新しいバンド帯が生まれてそれに対応するスマホというものも結構販売されてくるのではないかと思います。
2020年の夏モデルくらいから5Gに対応したモデルの発売が行われる予定です。ドコモはすでにプレサービスとして5G通信を行っています。
5Gに対応したスマホの販売は行っておりませんが、一部のドコモショップでは5Gに対応したスマホを利用して5Gの体験ができたりします。

こちらがドコモの5Gで利用できる帯域です。

バンド 周波数
n78 3.3〜3.8GHz
n79 4.5〜4.6GHz
n257(ミリ波) 27.4〜27.8GHz

こちらが5Gで利用できる帯域となります。5Gで利用できる帯域はこちらなので、5G対応のスマホを購入するのであれば、こちらに対応していれば問題ありません。

SIMフリー購入時はバンド帯に注意する


SIMフリースマホを購入する時はこのバンド帯はかなり注意する必要があります。

SIMフリースマホを購入しても、バンド帯が全くあっていない場合は通信することができませんからね。購入時にはどこのバンド帯があっているのかという部分は非常に重要な部分となります。

このバンド帯があっていないと、MVNOのSIMを利用しても使うことができません。

通常SIMフリースマホを利用する場合は、キャリアのSIMを利用するよりも、MVNOのSIMを利用する人のほうが多いと思います。

MVNOがどこのバンド帯を利用しているのかというところも気になる部分かと思いますし、SIMフリーのバンド帯もどこがあっているのか確認しておく必要があります。

最近のMVNOならドコモ回線を利用とか、au回線を利用するとかそのあたりの明記はされています。
また有名なSIMフリーなら動作検証を行っているMVNOも多くあり、恐らく心配ないかと思います。

動作検証が行われていないSIMフリーを利用する場合、注意が必要となります。

特に最近は中国からも安価なSIMフリーのスマホが日本に上陸しています。

そのようなSIMフリースマホを利用する場合は、注意が必要となります。

基本的には、SIMフリースマホと謳われているモデルならドコモのSIMの場合だとたいてい問題ないことが多いです。ただしやはり機種によっては、対応していないバンド帯もあろうかと思いますので、そのあたり注意して見ておくほうが確実だと思いますね。

✔海外のSIMフリーモデルは注意が必要
✔利用できるバンドをきっちり把握しておくことが非常に重要

auの機種を利用する場合注意

auの機種を利用する場合は注意する必要があります。
auの機種というのは、auで利用出来るバンド帯を利用しているので、基本的には利用出来るバンド帯が異なります。
ドコモのSIMを利用する場合は、auで利用出来るバンド帯を利用する必要があるかと思います。
よってauのSIMフリーのスマホが利用出来るとは限りません。
auの機種を利用する場合は、一番いいのはauの格安SIMかと思います。
au回線を利用しているMVNOというのは、結構販売されていますので、そちらを利用していただけるといいかと思いますね。
ドコモで利用することが出来るからといっても、ドコモのバンド帯と合わないケースもありますので、注意が必要となります。

ドコモも正式に5Gを発表

ドコモも正式に5Gを発表しました。5G対応のスマホなら5Gエリアで利用することが可能です。ただし今のところ5Gの敷設といっても、そこまで多くの場所で敷設されているわけではありません。
ピンポイントで敷設されているにしかすぎないため、いつのタイミングで5Gにするのか悩んでいる人も多いと思います。
今の時点では、5Gにするのは先延ばしにしてもいいわけですが、先延ばしにしても繋がるかと言われると繋がる可能性も低いと思います。
それなら今のタイミングで購入することをおすすめしたいですね。
2020年は日本で初めて5Gサービスが正式に発表された時となります。本当に5Gになれば高速通信を行うことができるので、かなり楽しみですよね。

4GはiPhone12などでも利用可能

4Gにしか対応していないSIMもiPhone12などで利用することが可能なのです。

iPhone12 /Pro /ProMAX アイフォン12の5Gは4G LTEのSIMを挿しても 通信 LINEや通話ができるのか?
iPhone12を買おうと思っているけど、5Gの契約をしたくないという人も結構多いのではないかと思っています。 5Gの契約に変更すると、基本的には5Gの契約となり、現在の4Gの契約とは異なる契約になるため、それはもったいないと感じる人が非...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、わざわざ今のタイミングで5Gにする必要はありません。
4Gのまま通信を行うことができるのであれば、4Gを利用するということも手だと思います。
やはり毎月の維持費が上がってしまうということが、かなりのデメリットです。
毎月の通信費というのは、家計をかなり逼迫する材料となりますが、4Gなら今まで通りの支払いとなります。それならそのほうがよくないですか?
私は4Gしか使えないiPhone12でも正直なところ十分です。
5Gを利用したいと思うのであれば、iPhone12+5GのSIMということになるわけですが、今の料金体系を変化させたくないと思っている人なら4G契約を継続することもオススメしたいですね。

2020年の時点では5Gのエリアはまだそこまで広くないため、あまり気にすることはありません。

ただ2021年以降も同じiPhoneを利用し続けるのであれば、エリアが広くなった5Gを体感できるほうが間違いなくいいと思います。今後5Gが当たり前になってくると思われますので、今の間に5Gにするのか・・・それとも2021年まで待つのかどちらがいいのか悩ましい部分はあろうかと思います。

私の場合はすぐにでも新しい技術を試してみていと思う人なので、すぐにでも5Gは試してみたいと思いますが、それを実感できるのは、まだ少し先になりそうですね。

✔iPhone12は5Gでも利用可能
✔iPhone12を利用する人はドコモが帯域が広くてオススメ

ドコモを利用する人は、一度オンラインショップを見てみることをオススメしたいと思います。

ahamoなども確認しておく

ahamo アハモでテザリング メリットやデメリットは? 使い勝手はどう?
ahamoというドコモの料金プランが出てきたことはニュースにもなっており、知っている人も多いのではないかと思いますが、自分がahamoにするほうが得なのか損なのか?ということは知っておいたほうがいいのではないかと思います。2021年3月26...

ahamoなども帯域は考えておくほうがいいと思います。ただしahamoはドコモ回線となっていますので、ドコモ回線を考えれば問題ないと思います。
今後ahamoへの乗り換えを行う人もかなり増えてくると思います。2021年1月の時点で、55万人がahamoへの乗り換えを先行予約しています。

✔格安料金プランでも電波の種類はあることを覚えておこう
✔ahamoはかなり安いので、メリットはかなりのもの

ahamoはSIMだけで利用したいと考えている人も結構多いと思います。

ahamoを利用する人は、相当多いと思います。ahamoでも同じ帯域を利用しています。
ahamoを利用できるスマホというのは、基本的にはドコモの帯域を利用することができるものとなっていますので、あまり気にすることはないかもしれません。

特に他社のスマホをahamoで利用しようとする場合は、注意が必要になるでしょう。

ahamoというのは、本当に最近出てきたばかりのプランです。不明点も多くあろうかと思います。ahamoへプラン変更をしようと思う人はドコモのスマホからなら問題ありませんが、他社のスマホからのプラン変更ということになれば、そのあたりも含めて考えておく必要があります。
ahamoの帯域はドコモの帯域と同じ帯域なので、そこを理解していたら問題ないと思いますが、理解せずにプラン変更をしてしまった場合利用できないなんてことにならないようにしておきたいですね。

ahamoはFOMA帯域がない

当たり前のことかもしれませんが、FOMAの帯域の取り扱いはahamoではありません。
3Gに関しては利用できないということになります。

実際に現状ではLTE回線がメインとなっていますので、あまり気にすることはないかもしれませんが、本当に山間部に行く人などは注意が必要かもしれません。
3G回線しか通じていない場所での通話などもできないからです。

おそらくそんなところほとんど存在しないと思いますが・・・
FOMAは近々停波しますので、そのようなエリアはすでにかなり減っているので、あまり気にしなくていいと思います。

FOMAの停波は2026年3月31日です。それ以降はFOMA通信しかできないモデルは利用することができません。
それだけ注意しておけばいいのです。

ahamoへの乗換を検討

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

ahamoへの乗換を検討する人が非常に増えています。

ドコモ回線ということもあり、ahamoへ乗り換えることで、かなり電波状況などよくなると思われます。

ahamoというのは、とにかく毎月の維持費を下げることができますので、ぜひこれはオススメしたいですね。

ahamo アハモ MNP(乗換) 機種変更できるスマホは? 番号そのまま メリット デメリット
ahamoの価格がかなり安いので、乗換いわゆるMNPを検討している人も多いと思います。 ahamoへ乗り換えるためには、今利用している会社の契約を見直す必要があります。 今契約している会社からMNP予約番号を取得して、その後MN...

こちらがahamoの乗換に関して記載のある記事となっています。

毎月の維持費を下げたいのであれば、間違いなくahamoへのMNPがメリットがあります。

SIMフリーのスマホを購入する時はそのあたりを注意して確認する

例えばAmazonから販売されているこのモデルの商品説明をきっちりよんで読んでおきましょう。

ネットワーク
2G:GSM 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz
3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8/B19
4G:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41/B66

商品説明の箇所にはこのような表記があります。

最低でもB1、B3、B19に対応しているところは確認しておきたいところです。

✔対象のスマホはB1、B3、B19に最低限対応している

B21、B28、B42こちらドコモで利用されている帯域ですが、B28のみ対応しているということになります。
この場合はプラチナバンドのみ対応しているということなので、なおよしといった感じです。

このように購入する時というのは、通信帯域はきっちり確認しておくことをオススメしたいですね。そうでないと購入しようと思っても、通信ができないという非常に残念な結果に終わってしまう可能性があるからです。

ahamoへはMNPも可能

ahamoにMNPを行うことも可能となっています。

ahamoでは2021年の時点では3つのスマホが発売されております。

✔iPhone11
✔Xperia 1 Ⅱ
✔Galaxy S20

これだけのスマホが販売されており、実は価格もかなり安く購入することができるのです。

そのためahamoへMNPをする人もかなり多くいるのです。

ahamo アハモ MNP(乗換) 機種変更できるスマホは? 番号そのまま メリット デメリット
ahamoの価格がかなり安いので、乗換いわゆるMNPを検討している人も多いと思います。 ahamoへ乗り換えるためには、今利用している会社の契約を見直す必要があります。 今契約している会社からMNP予約番号を取得して、その後MN...

こちらにahamoへのMNPなどの情報を掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

ahamoは20GB使いきった後は1Mbpsに制限

ahamoというのは、20GB使い切った後は1Mbpsに制限されます。

それでも1Mbps付近で通信できるため、そこまで遅く感じないことが多いというのです。

20GBというと、実は結構な容量のようですが、そこまで大容量というわけではありません。

動画などを見ていると比較的すぐに行く容量なのです。

✔20GBは容量が多いが、動画閲覧をすると比較的すぐにいっぱいに
✔20GBを超えると、1Mbpsへ通信制限

1Mbpsへ通信制限されたとしても、実はそこまで遅いというわけではありません。

比較的早く動かすことが可能となりますので、正直なところ全く問題ないレベルとなります。

1Mbpsに通信制限されても、基本的にはそこまで遅いということはなさそうです。さすがに動画の閲覧は厳しいかもしれませんが、ユーチューブの動画などは、低解像度であれば比較的問題なく見ることが可能となります。

低速でも見ることのできるものは色々あります。

ウェブ閲覧は普通に問題なく見ることが可能となります。早いに越したことはありませんが、そこまで気にする必要はないかと思います。

ひょっとすると厳しいのは、LINEなどの音声通話などが1Mbpsくらいになると結構厳しいかもしれません。ぎりぎりといったところではないかと思います。

ahamoはドコモと完全共有回線

ahamoのチャットよりドコモとは共有回線を利用しているということに関する回答をもらっていますので、ahamoを利用することは、ドコモと同じ回線を利用していると思っておけばいいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました