当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

Xperia 5 Ⅱはパンチディスプレイになる可能性がある?発売はいつ頃?

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

Xperia 5 Ⅱはパンチホールディスプレイになるかもしれません。

昨今Galaxyシリーズなどもパンチディスプレイになっているため、かなりこのパンチディスプレイというディスプレイも浸透してきたのではないかと思っています。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

Xperia 5 Ⅱはどんな機種になりそう?

2019年に発売されたXperia 5というモデルの後継モデルになりそうです。Xperia 5という機種というのは、Xperia 1と比較してもコンパクトモデルとなっており、人気もかなりあるモデルでした。
Xperia 5の後継として販売されるモデルがXperia 5 Ⅱになる可能性はあります。基本的にはXperia 1 Ⅱのスペックを継承しながら、Xperia 5に近い筐体を持つということで、ハイスペックとXperia 1と比較するとコンパクトに仕上がる可能性があります。

2019年に発売されたXperia 5の設計に基づいて発売されると予想されます。またXperia 5 Ⅱの外観に関しては、3.5φのイヤフォンジャックが付く予定です。それはXperia 1 Ⅱでも同様に3.5φのイヤフォンジャックが付与されております。
最近は無線で音楽を聞く人がかなり多い中で、3.5φのイヤフォンジャックがあるということで、過去に所持していたハイスペックのイヤフォンなども試すことができるということで、音楽を楽しみたいと思っている人には、最高のものになることは予想されます。

Zeiss付きのトリプルカメラ

Zeissのトリプルカメラを搭載するものと思われます。Xperia 1 Ⅱではトリプルカメラと1つのカメラは、奥行きを計測するiToFカメラとなっていました。
奥行きを計測するカメラというものはXperia 5 Ⅱでは搭載されない可能性があります。
奥行きを計測するカメラというのは、メリットとしてボカシ撮影だと思いますが、今まで発売されていた機種でも複数のレンズで奥行きを計測することができました。
複数のレンズでも奥行きをある程度見ることで、ボカシをソフトウェア的に行うことができれば、エンドユーザーとしては問題ないかと思いますね。
そういうこともあり、ToFカメラにはそこまでこだわる必要はないかと思います。

こちらはサイドから見た背面となります。

Xperia 1 Ⅱではカメラの位置というのは、背面の左端にありましたが、Xperia 5 Ⅱでは真ん中の縦配列となります。これはXperia 5を継承している縦配列ということになります。

縦配列と横配列の2つのパターンが多くのスマートフォンには見られると思いますが、縦配列のほうが、個人的にはメリットがあるのではないかと思っています。

縦配列だったとしても、結果的に横向きで撮影することができれば、基本的には横向きのカメラになるのです。

また端っこにレンズがないことにより、スマホを持ったときに手で隠れるということもありません。そういうことをトータル的に考えると個人的には縦配列の真ん中にカメラがあるほうが、メリットがあると思ってしまいます。

配色は4種類?

配色いわゆるカラバリは4種類になる可能性があります。4種類のカラバリということで、割と自分の好きな色を選択することができるのではないかと思っています。
カラバリが多いほうが、ユーザーとしてはありがたいですよね。
ただし最近は日本市場でもカラバリを減らしてくる動きがあります。おそらくカラバリを複数用いることで、それだけメーカーとしてはコストがかかるからです。コストを少しでも安く抑えるためには、カラバリを減らすなどの工夫が必要となります。
昔のようにスマホも作れば売れるという時代は終わりました。
作っても売れないという時代になっているからこそ、日本向けには3つくらいのカラバリになるのではないかとと予想します。

カラバリをもっと増やしてもらいたいというニーズはあるかと思いますが、コストの絡みもありますので、そのあたりは仕方ないかと思います。

発表はIFA2020の予定?

このXperia 5 Ⅱの発表はIFA2020に発表される可能性が非常に高いです。9月ごろに発表される見込みとなっており、グローバルでの発売は10月になる可能性があります。
日本では2020年冬モデルとして登場する可能性が非常に高いと思います。
同時期にはGalaxy Note20なども発売されると思われますが、Galaxy Noteシリーズは大画面が売りの機種です。
今回のXperia 5 Ⅱというのは、大画面ではなく比較的コンパクトな部類に入る画面となっています。そのため大画面のスマホではなく、コンパクトなスマホという位置づけとなっていますので、同じような機種という位置づけではありません。
位置づけは異なりますので、日本ではライバルといえば、AQUOSシリーズくらいになるのではないかと思っています。
日本でのAQUOSシリーズの人気はかなり人気がありますからね。
Androidスマホといえば、AQUOSとXperiaというレベルではないかと思っています。

2020年 2021年 冬 春モデル ドコモ au ソフトバンク 5G 予想機種 どんなスマホが登場するか
2020年の冬から2021年の春にかけて発売される可能性のあるスマホを紹介したいと思います。 ドコモ、au、ソフトバンクの3社で5Gに対応されたことに伴い、どんなスマホが登場するのか気になる人も多いのではないかと思っています。 今後当分...

こちらに2020年の冬モデルの予想記事を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

引用元:letsgodigital

コメント

タイトルとURLをコピーしました