2020年 2021年 冬 春モデル ドコモ au ソフトバンク 5G 予想機種 どんなスマホが登場するか

2020年の冬から2021年の春にかけて発売される可能性のあるスマホを紹介したいと思います。
ドコモ、au、ソフトバンクの3社で5Gに対応されたことに伴い、どんなスマホが登場するのか気になる人も多いのではないかと思っています。
今後当分の間はこの3社は5G対応スマホと4G対応のスマホの2つのタイプのスマホの販売を行うことになると思われます。

 

購入はオンラインショップがおすすめ

購入するならオンラインショップがおすすめです。最近はネットから購入する人が非常に増えてきております。
その理由は店舗に来店する必要がないということです。
店舗に来店する必要がないというだけで、かなりのメリットがあります。
とにかく時間短縮が可能となるのです。時間短縮ができるということで、かなりの人がオンラインショップを利用しています。



こちらが日本での大手3社のオンラインショップとなります。こちらを利用する人が本当に増えているのです。


au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

ソフトバンクオンラインショップ メリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショップの存在...

こちらが各社オンラインショップのメリットとなっています。オンラインショップから購入するほうが最近はメリットが出てきているのではないかと思っています。店舗で購入する人が非常に少なくなっているのです。スマホの購入は店舗から行うと思っていた人もネットからの購入をかなり行っているようですね。
昨今オンラインショップを利用する人が急増しています。2020年は特に店舗が営業時間を短縮しており、店舗で購入することがなかなか難しいということもその原因の一つかと思います。
店舗で購入するより、自宅からネットで買えるほうが間違いなくメリットがあるのです。とにかく時間短縮になりますからね。時間短縮という意味ではかなりメリットがあるのではないかと思っています。

各社がどのようなスマホを販売するのか

2020年の冬から2021年にかけてどのようなスマホを販売するのでしょうか。かなり気になる人も多いのではないかと思っています。
先程も記載したように、4G及び5Gのスマホを分けて販売するのではないかと思っています。
5G対応のスマホはまだ別格という扱いになると思います。

5Gはまだエリア拡充がそこまで広がってはいませんが、2021年にかけてかなり広がりを見せてくるのではないかと思います。エリアの拡充に伴い、対応するスマホもどんどん伸びてくることは間違いないでしょう。基本的には2021年にはエリア拡充がかなり行われますので、期待してもいいのではないかと思っています。

Xperia 5 Ⅱ

Xperiaシリーズの最新モデルの販売が行われると思われます。
Xperia 1が2019年に発売され、それの後継モデルがXperia 1 Ⅱという名称でした。
2019年にXperia 5という機種が発売されたので、それの後継モデルの名称というのは、Xperia 5 Ⅱになる可能性はかなり高いと思います。

https://keitaijoho.com/archives/39757/
こちらがXperia 5 Ⅱに関して記載しているページとなっていますが、こちらのモデルが発売される可能性が高いと思います。
ベースとしてXperia 5の筐体に近いかたちで販売されるのではないかと思います。
カメラに関してはToFカメラも搭載される予定となっているので、かなり期待できそうです。
カメラなどはベース機種としてXperia 1 Ⅱに搭載されるカメラになると思われます。

カメラに関しては、Xperia 1 Ⅱを継承すると思われますので、個人的に見てもかなりメリットがあるのではないかと思っています。Xperia 1 Ⅱのカメラはかなり定評もいいと思います。

XPERIA 1 Ⅱの発売予定日が延期され 5月下旬に変更
XPERIA 1 Ⅱを待っていた人にとっては、非常に残念なお知らせです。 もともとXPERIA 1 Ⅱの発売日は、2020年4月下旬と案内されておりましたが、それの発売日が延期されているのです。 2020年4月21日現在...

こちら発売日が延期になり、ひょっとするとXperia 5 Ⅱの発売日にも影響を及ぼすかもしれません。これらも海外に人が行けないということが理由の一つかもしれませんね。

Galaxy Note20

Galaxyシリーズの中でもNoteシリーズは年の後半に発売されます。


こちらGalaxy Note20のスペックなどを予想している記事となります。Galaxy Noteシリーズというのは、大画面モデルになるかと思います。
2019年モデルでかなりいい機種にスペックアップしたことから、2020年モデルもスペックアップは非常に期待したいところです。
スペックが高い機種というのは、今後も発売されると思われますが、日本でも2019年でGalaxy Note10+が発売されたときは最もスペックの高い機種となりました。
RAMの容量などもかなりの大容量となり、本当に使い勝手もかなりいいと思います。
Galaxy Note20という名称になる可能性も非常に高いと思いますので、今後色々な記事をチェックいただければと思います。
Noteシリーズというのは、Sシリーズとは異なり、Sペンが搭載されているということは知っている人も多いのではないかと思います。
Sペンの進化だけではなく、個人的にはカメラも進化していると思います。
基本的にカメラの進化に関してはかなり期待したいと思っています。カメラはSシリーズと比較しても間違いなく進化するのです。
日本ではS20の発売が開始されておりますが、30倍のズーム性能があります。
Galaxy Note20ではそれを上回るズーム性能のもった機種の発売なども期待したいところですよね。

AQUOS Zero3

https://keitaijoho.com/archives/38183/
AQUOSシリーズの中でもハイスペックモデルというのは、1年に2回発売されます。
AQUOS RシリーズとAQUOS Zeroシリーズです。1年の中でも後半に関してはAQUOS Zero3が発売されるのではないかと思っています。
AQUOS Zero3というのは、個人でも楽しむことを前提に作られたスマホとなっており、ゲームなどをする人にとっては、間違いなくメリットのあるスマホになると思います。
ゲーミングスマホという位置づけではありませんが、実質はゲーミングスマホに近い位置づけになっているのではないかと思います。
AQUOSシリーズというのは、日本でもかなり人気の高いシリーズです。
RシリーズとしてはR5Gというモデルですでに販売されております。

https://keitaijoho.com/archives/39832/
こちらがR5Gとなっています。ZeroシリーズはRシリーズの後継モデルという位置づけではありませんが、ほぼ同じような位置づけの機種として販売されることは間違いないと思います。
それにしてもこのZeroシリーズとRシリーズ2つのモデルの発売を継続的に今後も行ってもらいたいですね。

AQUOSシリーズはすでに5Gにも対応しており、かなり人気のモデルになっていることは知っている人も多いのではないかと思っています。

SH-51A シャープ AQUOS R5G ドコモから発表 予約 スペック レビュー 評価
SH-51Aと呼ばれる機種がシャープからされました。こちらのモデルはすでにソフトバンクから発売されているモデルのドコモ版となることはほぼ間違いないでしょう。 シャープは最近スマホにかなり力をいれており、一時期かなり売れ行きも下がり、かなり...

こちらが5Gに対応したAQUOSシリーズです。

AQUOS Sense4

AQUOS Sense4 アクオスセンス4 スペック 発売日 カメラ 価格 ドコモ au UQ
AQUOS Sense4に関してお伝えしたいと思います。AQUOSシリーズの中でもSenseシリーズは低価格なモデルとして非常に人気の高いモデルです。 写真はAQUOS Sense3 元々AQUOS Senseから発売が開始...

ミドルレンジスマホとしてAQUOS Sense4が発売されるのではないかと思っています。
AQUOS Senseシリーズは冬モデルに発売されており、2020年の前半はAQUOS Sense3の販売がかなり売れているようです。
AQUOS Senseシリーズは価格をかなり抑えており、非常に購入しやすいモデルになっているのです。
スペックを抑えている分、動作に関してはハイスペックモデルと比較すると若干劣ってしまいますが、普通に利用する上ではほぼ問題はありません。

ハイスペックだけにとどまらず、各社ミドルレンジの開発にもかなり力を入れています。ミドルレンジの開発に力を入れるのは、やはり売れるからです。薄利多売が可能なスマホとなっており、利益率はハイスペックモデルと比較しても少なくながらもそれだけ販売台数を伸ばしてくれるものとなります。

・AQUOSシリーズの人気は顕著に出ている
・安価なモデルを大量に販売したいメーカーの思惑も
・AQUOS SenseシリーズはiPhoneより売れているというデータも

iPhoneSEの2020年モデルが販売開始されましたが、2020年モデルのiPhoneSEというのは、非常に低価格です。Androidスマホでいうとミドルレンジクラスのモデルとなっています。
AQUOS Senseはそれよりも安価に発売されると思われますので、ライバル機種になるかどうかはわかりません。
やはり少しでも安くスマホを購入したいと思う人も多いからです。安価なスマホは動作速度などどうしても若干難ありな部分もあるかと思います。普通に利用している分には問題ありませんが、ゲームなどをする時にはどうしてもハイスペックモデルのほうがいいと思う人もいるわけです。
ただしスマホはゲームだけをするものではありませんので、そのあたりはいわゆるバランスを考えてもいいのではないかと思っています。

冬モデルでは5Gがかなり増えると予想

冬モデルでは5G対応のモデルがかなり増えると予想されます。
5Gというのは、今後低価格モデルでもかなり増えると予想されており、市場ではかなり期待が持たれています。
5Gのスマホを持つということは、それだけでもポテンシャルが高くなります。
2021年のうちくらいは4Gでも問題ないと思いますが、2022年くらいになると5Gの敷設もかなりよくなっていると思いますので、5G通信はかなり整ってくることは間違いありません。
それまでに5Gのスマホを購入しておくということも非常に重要なことではないかと思いますね。
冬モデルで期待したいのは各社5Gのスマホがどの程度のスペックとして発売されるかではないかと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました