iPhone12の価格は7万円以下に? かなり安く買える可能性が高いことがわかる

iPhone12の価格がかなり安価になる可能性があるということです。
iPhone12というのは、2020年に発売されるiPhone12の中で一番安価なモデルというのは、649ドルで販売されるのではないかと言われているのです。

 

iPhone12は5Gに対応の予定

iPhone12は5Gに対応すると言われております。
5Gに対応する機種でそこまで安価に発売することはできるのでしょうか?
本当に気になるところです。

まず考えてみたいことは、iPhoneSEの2020年モデルは44800円という非常に安価な価格でアップルから販売されたことは知っている人も多いでしょう。
iPhoneSEというのは、ベースとしてiPhone8の後継という位置づけとなっており、iPhone8と筐体の大きさや中身に関しては、あまり違いがないとも言われております。
それでも44800円という非常に低価格で販売されました。

・iPhoneは安価なガジェットに変更か?
・Androidの価格上昇を意識しているのか
・iPhone12に限らずPROシリーズも安価な可能性が高い
iPhoneSE2のスペックを紹介 価格も安く 学生が持つには最適
iPhoneSE2が近々発売される予定になっています。 iPhoneSE2は直近では最も熱い機種になることは間違いないと思います。 iPhoneSE2の予約は各社から行われる予定になっており、非常に楽しみですね。 iPhoneSE2を...

こちらiPhoneSE2の情報を確認してもらいたいのですが、スペックはiPhone11とほぼ同じにも関わらず、税抜き価格で45000円以下という非常に安価な価格になっているということです。
そのため、iPhone12でも同様に7万円を切る価格帯で販売されるということは、普通に考えられるわけです。

iPhone12がなぜ安価に発売されるのか

iPhone12がなぜそこまで安価に発売されるのかということですが、アップルはサブスクを検討しているのではないかと思います。
アップルは最近サブスクによる収益というのが、かなり高くなってきています。
そのため、今後もサブスクに頼る必要があるのではないかと思っています。
サブスクというのは、毎月間違いなく入ってくる料金です。iPhoneのように1台売れていくらということよりも、毎月の収入のほうが重要であるということがわかってきたわけです。
アップルはメーカーでもあり、サービス提供会社でもあるわけです。
サービスを毎月提供し続けるということは、キャリアのような役割もあるわけです。
iPhoneはキャリアのようなサービスを目指しているのではないかと思います。
基本的に安価に発売して、その市場を圧倒的にすることで、毎月の利用料金を稼ぐほうが賢いと考えたのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました