HuaweiはHarmony ハーモニーという新しい OSを採用する可能性が高い

HuaweiはGoogleのAndroidOSをインストールできないなどという、問題を抱えておりますが、今後はHarmonyと呼ばれるOSを採用する可能性があると示唆されております。

アメリカのトランプ氏による中国企業に対する制裁というのは、すでに行われているということを知っている人も多いと思います。

中国の大企業である、Huaweiはまさにトランプ氏により、制裁をかなり受けたということを知っている人も多いでしょう。Huaweiに関するいろいろな憶測が飛び交い、日本でもHuaweiの機種の販売を延期するなどの措置が取られたということを知っている人も多いと思います。

またGoogleとの契約も解除されたという情報もあり、Huaweiとしてはかなりの問題となったと思います。

それに伴い、今後Androidが搭載されないHuaweiのスマホが販売されるの?と思っている人も多いと思います。

HuaweiとしてはAndroidが搭載されていなくても問題ないというような発言を行っており、今後の動向が非常に気になるところではあるかと思いますが、先程も記載したようにHarmonyと呼ばれるOSを搭載する可能性があります。

HarmonyとはどんなOS?

まさにこのHarmonyというOSというのは、Androidにかわり、新しくAndroidの代わりとして動作することが出来るOSです。

またこのHarmonyですが、携帯電話を含むコンピュータ用のOSとして使用出来ることが明記されているため、今後Huaweiに搭載されるOSというものがHarmonyOSというものに置き換わる可能性があるということです。

また2020年にはこのHarmonyを搭載したOSが世の中に出回るとの情報もあり、ある意味期待したいと思います。

P40と呼ばれるスマホが2020年に発売される予定ですが、このP40と呼ばれるHuaweiのフラッグシップモデルにHarmonyがプリインストールされる可能性が高いということです。

今のところトランプ氏より受けた、制裁を回避できない場合にこのHarmonyOSをインストールする可能性があるということです。

Huaweiは世界的にも非常に人気のスマホをたくさん販売しており、AndroidからHarmonyへの移行に関しては、消費者意識としては消極的だと思われます。

やはり気になるのは、今まで利用していたアプリの利用ということでしょう。Androidでは、プレイストアなどのアプリを購入やダウンロード出来るアプリがはじめから備わっていることもあり、使い勝手としては、かなりそれになれている消費者も多いと思います。

それが新しいOSに変更されると、今までのデータの引き継ぎや便利アプリを一から探す必要があるなど、ユーザーとしては、美味しいということは非常に少ないと思われます。

今のところ制裁措置が終わらなさそうなので、HarmonyOSでいくものと思われます。

それが本当にユーザーファーストなのでしょうかね。

日本での販売に疑問符

日本では2019年はHuaweiの機種の販売は行われております。

iPhoneを上回る 販売実績 Huaweiの人気がまだまだすごい P30 Liteが売れている

2019年7月23日

このようにHuaweiの機種というのは、日本でも上位に位置づけしているなど、非常に人気の高い機種となっているのです。

その原因はコスパに優れているということが、原因の一つですが、今後2020年になり、日本国内のキャリアがHuaweiの機種を取り扱うのかといわれるとそれに関しては疑問符がつきます。

キャリアというのは、新しいものを目指したと思いつつも、キャリアは販売代理店などを数多く持っており、お客様に最適な機種を案内するという立場でもあるのです。そこで新しいOSの話があったところで、現場は疲弊してしまいます。新しいOSのことも覚えなくてはいけないとなれば、現場からも不満というものもかなり出てくると思われます。

新しいもの好きにはたまらないように感じるわけですが、現場サイドからすると新しいものを販売するとそれだけ負担になるということもあります。

またお客様に聞かれても答えることが出来ないなどということにもなりかねません。

そういうことを考えるとやはり、現場サイドからすると新しいOSのものを販売するということは避けたいわけです。そういう思いもあり、日本では新しいリスクをへらすという意味では、HarmonyOSを搭載するこのHuaweiの機種を採用するという選択肢というのは、外したいのかもしれません。

ただしMVNOなどでは販売チャネルが少ないということもあり、このHuaweiのHarmonyと呼ばれる新しいOSを搭載した機種の販売は行う可能性も高いです。

キャリアの取扱は厳しいですが、購入するならMVNOということになります。楽天も今後キャリアとなりますが、可能性があるなら楽天やMVNOということになるでしょうね。

今までのキャリアの体質からすると、新しいリスクは取らないという方向性で一致しそうですからね。

引用元:idevice


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA