ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

ソフトバンク MNP転入時の総合的判断 MNP予約番号取得でも?

現在ソフトバンクの契約を持っている人が新たに転入しようとする場合でも総合的判断で契約を断られることがあります。

それは既存回線でMNP予約番号を取得している場合に総合判断として断られることがあります。

すでにソフトバンクの契約をいくつか持っているとします。さらに転入で回線を増やそうと思ってソフトバンクショップにいきます。

そこまでは普通ですよね。 基本的にすでにブラックになっていない限り転入は可能だと思います。

それがすでに持っている契約がMNP予約番号を取得していた場合はどうなるでしょう?

すでに予約番号を取得している場合は、その予約番号を取得している既契約側とは家族が組めません。

よって家族として家族を組む必要があるわけですが、実はそれが落とし穴なのです。

新規として家族を組もうと思っても、総合的判断で契約を断られることがあるわけですね。

その場合はどうすればいいのでしょうか?基本的には断られたという理由で契約を諦めるしか今のところは方法はありません。

要するにこれから解約をする可能性がある人に対して、新規での転入は受け付けないという総合的判断をされたわけですね。

ソフトバンクはここ最近かなり契約を断ってきているようです。

いわゆる飛ばしのお客様に対しては次回から契約が出来ないようにしているわけです。

飛ばしかどうかは契約を見ればすぐにわかるわけですね。

基本的にはMNPでの転入で半年くらいしか契約していないお客様というのはたいてい飛ばしのお客様です。

そういう人はやはりソフトバンクには契約出来ない可能性が非常に高いわけですね。

契約できないという人は減った

最近は契約ができないという人は非常に少なくなりました。

それはMNPをそこまで行う人が多くないからです。

MNPを行うことで、2015年くらいは結構儲けた人も多かったかと思いますが、2019年に入り、MNPで儲けるという概念すらなくなってきたように思います。

2019年に入り、MNPを行う人もかなり減ってきたように感じます。

それこそ今後分離プランなどが発表されると間違いなくMNPを行う人というのは少なくなるでしょう。

MNPを行うことで、過去は全く問題なく契約できていました。今はいろいろなウェブサイトも立ち上がり、いろいろな情報も出ているのです。

そのため契約し辛いと感じている人も多いのではないでしょうか。

ソフトバンクに限らず各社共にMNPに対する対応というのはかなり行ってきているようです。

MNPを行うということで、過去には儲けた人も多かったわけですが、今は儲けている人というのは非常に少ないでしょう。

総合判断で契約ができないという人も最近は少なくなってきているような気もします。昔のようにMNPも過激に儲けるという人が少なくなったからではないでしょうか。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。