Apple iPhoneと連携出来るAR(拡張現実)メガネ を開発中 Google Glassのようなもの

友だち追加

Appleが現在ARメガネを開発しているようです。

一時期Google Glassというものが世の中に出てきましたが、それと同じようなものなのです。

拡張現実というのは現実を拡張するので、VRいわゆるバーチャル・リアリティとは異なります。

SS 2017-01-19 7.20.25

 

ARはまたはやるのか?

実はここ最近流行りのポケモンGOというのはこのAR技術を使ったゲームなのです。実際の背景をカメラで写して、その中にモンスターが登場してモンスターを退治するというゲームです。

非常に単純明快なゲームなのですが、このポケモンGOを巡っては色々なところで、みんながやっていて交通事故なども起こしたわけで、かなり話題になりました。

それと同様の技術ということになります。実はAR対応のメガネというのはGoogle Glassに限った話ではなくすでに世の中には色々出ているのです。

わたしもこのAR対応のメガネをかけたことがあるのですが、目の焦点に困りました。

どういうことか?ということですが、目の焦点にこまるというのは、手前を見ると画面が写っているが遠くを見ると背景が見えるという感じなのです。

結局のところARメガネをかけたところで、実際には立ち止まってしまわないと怖いということになります。

ドラゴンボールのスカウター?

SS 2017-01-19 7.25.09

まさにドラゴンボールのスカウターの時代とも言えると思います。

Google Glassが出た時もまさにドラゴンボールの世界がやってきたと思っている人はかなり多いと思います。

ある意味ドラゴンボールの世界は本当にすごかったと思います。

なぜなら将来的にこのようなものが出てくるということを事前に察知してあの時代にこのようなスカウターを想像していたわけです。

当然ながらアプリでも戦闘能力などを見るようなアプリも色々出ております。実際の戦闘能力ではありませんが、色々おもしろい取り組みを行っていることは間違い有りません。

価格は499ドル

価格は499ドルとなっており、結構高額なモデルとなります。
日本円で5万円以上、為替差損を入れたら6万円程度になるのか?という感じです。

✔日本円で約6万円

おそらくiPhoneとの連携になるかと思いますので、ちょっと高い感じもします。それでもこれがあれば、様々な情報がメガネに映し出されるので、かなり便利な世の中になると思います。

そこまで高いというわけではありません。6万円程度でAR情報を確認しながら動けるということは、かなり面白いのではないかと思います。

iPhoneに高速通信が出来たら?

iPhone自体で高速通信が採用される可能性があります。

IEEE 802.11ay iPhone12s 13の搭載には期待 過去にiPhone12に搭載の噂が
IEEE 802.11ayという次世代高速通信がありますが、この次世代高速通信に関して、iPhone12で噂になっていました。 こちらの記事がIEEE 802.11ayが対応するかもしれないという記事となっていますが、IEEE...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ayという新しい規格を採用するかもしれないという情報が出ております。
この通信規格が採用されることで、iPhoneとAppleGlassが接続されるのではないかと言われております。

結局のところ高速通信ができるということになれば、素早くメガネ側に表示させることが出来ますので、かなり面白いと思います。

2018年に登場予定

2018年に登場する可能性があるということです。

実はティム・クックCEOはこのARに関して非常に興味を示しており、iPhoneのカメラと統合するようなものを検討しているようです。

ARのカメラとiPhoneのカメラの融合という非常に面白いコンセプトになってくる可能性が高いわけです。

まだ先の話なので、今の段階では検討中ということなのかもしれませんが、商品化するとAppleなだけにかなり売れるのではないでしょうか。

2018年というとiPhone8もしくはiPhone8sの頃だと思われます。

✔2021年の時点でも発売されていない
✔いつ発売されるの?

2021年の時点では残念ながら発売されておりません。このようなメガネを待っている人も多いのではないかと思います。

2021年の時点でも販売していない

本当にいつ発売されるのでしょうか?
本当に発売が待ち遠しいと思っている人はいるのではないかと思います。
新しいガジェットの販売があると楽しみですよね。

タイトルとURLをコピーしました