iPhone14ProMAXは 60HzのLTPSディスプレイが採用される見込み

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

iPhoneは2022年9月に4つのモデルを販売する見込みとなっており、2021年の間でもかなり期待している人が多いと思います。

2022年ではiPhone14miniのモデルが排除されると言われており、変わりにiPhone14MAXというモデルが発売される予定となっています。

 


4つのモデルが登場

2022年は4つのモデルが登場する予定となっています。

✔iPhone14
✔iPhone14MAX
✔iPhone14Pro
✔iPhone14ProMAX

こちらが4つのモデルとなっています。

iPhone14MAXというのは、初めてのモデルということになります。

iPhone14MAX(iPhone14Plus) スペック 予約 価格 予想 Proモデルではなく 通常モデルで6.7インチになると予想
iPhone14の時点でiPhone14MAXと呼ばれるモデルの販売がある可能性が高いことがわかりました。 iPhone14というのは、今のところ2022年に発売されるiPhoneとなっています。 iPhoneの購入ならオン...

こちらにiPhone14MAXを紹介しておきます。

今回この中でiPhone14ProMAXは、一番上位モデルになるのですが、今回は60HzのLTPSディスプレイを採用するというのです。

サムスン依存を減らす目的

Appleはディスプレイの依存をサムスンに依存しているため、それを減らす努力をしているようですね。

iPhone13Pro及びiPhone13ProMAXでは120Hzのパネルをサムスンに依存していたこともあり、OLEDLTPOをサムスンから調達する必要がありました。

それが、LGやBOEなどのメーカーにディスプレイになれば、iPhone14ProMAXは60HzのLTPSパネルになる可能性があるということになります。

リフレッシュレートがiPhone13Proシリーズで120Hzとなりましたが、iPhone14ProMAXのみ60Hzとなれば、リフレッシュレートだけ下がるという状況になっており、ちょっと残念な感じですね。

今後サムスンではなく、他社でディスプレイを製造するのであれば、ある意味仕方ないことかもしれません。

そうなれば、スペックダウンになる可能性もありますので、スペックダウンにならないようにしてもらいたいですね。

せっかく120Hzのディスプレイを採用しているのに、それが60Hzになれば、結構辛いと思います。

引用元:gizmochina

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック