楽天モバイル Xperia ACE ACE2 エクスペリアエース スペック 在庫 レビュー サイズでメリットがある

楽天モバイルからも今後Xperia Ace2の販売があるかもしれません。
本当にそれは期待したいところですね。Xperia aceはすでに楽天からの購入できなくなっているので、今後2021年の発表会以降にドコモからace2の販売が行われるでしょう。
その後楽天からもace2の販売が行われるとかなり楽しみですよね。

ドコモから販売されていたXperia ACEですが、楽天でもXperia ACEの購入が可能となっています。

今回はXperia ACEのスペックなどを紹介したいと思います。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

購入は楽天モバイルがおすすめ

スマホの購入であれば、楽天モバイルがおすすめです。楽天モバイルは事務手数料が無料で購入できるので、かなりの人が最近は購入しています。

楽天アンリミット6 料金プランを解説 かなり安くメリットしかない
楽天が新しい料金プランを出してきました。 こちらが楽天のホームページとなります。本当にこのプランはメリットしかありません。 楽天アンリミテッド6の料金プランを説明 高速通信 1GBまで 1GB〜3GBまで ...

こちら楽天モバイルの新料金プランとなっており、相当安く購入することができるのです。

また1年間は利用料が無料で使えるという特典もあります。それだけでもメリットはかなりあると思いませんか?

楽天モバイルはそれだけでなく、事務手数料も無料で購入することができるのです。
そのためかなりの人気があります。

それではXperia ACEのスペックに関して紹介したいと思います。

Xperia ACEの在庫は2021年3月中旬にならないと入ってこない見込みです。

その後入荷予定なしとなったため、もう購入することはできないと思います。
Xperiaシリーズではなく、他のモデルも多数販売されていますので、そちらの購入を検討するほうがいいと思います。

Xperia ace2のスペック


※写真はXperiaのホームページより取得

モデル名 XPERIA ACE Ⅱ
寸法 140 x 69 x 8.9mm
重さ 159g
OS Android 11.0
画面サイズ 5.5インチ
解像度 HD+(1496×720)
ディスプレイ TFT
プロセッサ MT6765 P35
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 最大1TB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1300万画素+200万画素(深度)
LTE 4G
WiFi 802.11ac
Bluetooth V5.0
Payment おサイフケータイ
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、ブルー
バッテリー容量 4500mAh
認証センサー 指紋認証
その他 防水IPX5/IPX8 防塵IP6X

Xperia aceのスペック

モデル名 XPERIA ACE
寸法 140x67x9.3mm
重さ 154g
OS Android 9.0
画面サイズ 5.0インチ
解像度 Full HD+(1080×2160)
ディスプレイ TFT
プロセッサ SnapDragon630
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1200万画素
LTE Cat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi 802.11ax
Bluetooth v5.0
Payment おサイフケータイ
カラーバリエーション パープル ホワイト ブラック
バッテリー容量 2700mAh
認証センサー 指紋認証
その他 IP68防水防塵

こちらがXperia aceのスペックとなっております。

初回の発売日は2019年6月1日でした。2021年時点からすると2年近く前の販売ということになります。当時はミドルレンジでしたが、今はローレンジのくくりになってしまいました。

Xperia aceが売れている理由

こちらにXperia aceが売れている理由というものを列挙しておきましょう。

XperiaACEの人気の秘密
✔低価格
✔Compactモデル
✔Xperiaシリーズであること

これらが売れている理由となります。

Xperia aceというのは、Xperiaシリーズでありながら、Xperia 1とは全く異なるコンセプトのため、低価格で販売されているモデルとなります。

現在スマホの価格がかなり高止まりしており、高額な機種の購入が出来ないという人も非常に増えてきているのです。少しでもスマホにかかる代金を抑えたいと思っている人も多いと思います。年々スマホの価格は上昇しており、10万円を超えるような機種も普通になってきました。

10万円となれば、2年間継続利用するとしても毎月の支払いが、端末代金だけで、4000円ほどになります。毎月端末代金の支払いだけで、分割支払いしたら4000円です。相当高額なことは間違いありません。さらに通信費が上乗せされるということになるとなおさらですね。

それなら店舗に行って、安い機種ありますか?と訪ねた時にやはり回答しやすい機種というのは、このXperia aceくらいの機種になるのではないでしょうか。

楽天モバイルなら実質価格で1万円を切る価格帯になっていますので、相当メリットがあると思いませんか?

そこまで安価な価格設定であれば、購入してもいいと思いますね。

コンパクトさを求める人も多い

最近のスマホはコンパクトさが失われたという人もいます。確かに対照となるXperia 1においては、コンパクトさはほぼありません。

むしろポケットに入るの?と思う人もいるくらいです。

こちらがXperia 1の画像となりますが、かなり大きいことがわかるでしょう。それこそ他の機種と比較しても頭1つ飛び出しているレベルなのです。

そこまで巨大なXperiaは不要だと考える人もかなり多いわけです。

それなら小さめの機種の購入を行いたいと思う人がいても不思議ではありません。

また大きな機種ならポケットにも入りにくくなります。手のひらサイズとまではいきませんが、Xperia aceはそれなりに手のひらに収まるサイズとなっており、トクに女性は持ちやすいという印象を受ける人が多いのではないかと思います。

コンパクトなボディで十分という人も大勢いるということです。

5Gは非対応

残念ながら5Gへの対応は行われておりません。それが最大の難点です。
ただ5Gへの対応は行われていませんが、4G回線であれば、全く問題なく利用することが可能となります。

✔5G非対応スマホであること

5Gの高速通信を利用したいのであれば、絶対に5G対応のモデルの購入を検討したほうがいいと思いますね。
5G対応のスマホというのは、ここ最近増えてきておりますが、旧モデルを安価な価格設定で継続的に販売しているので、どうしてもこのようなことになるのです。

5Gが非対応だったとしても、ミリ波にならないと本来の5Gの恩恵を受けることはできませんので、あまり気にしないでいいのかもしれませんね。
あと数年経過したあとに5Gのスマホを購入してもいいのでは?とも思います。

5G通信といってもミリ波と呼ばれるものがあり、ミリ波は残念ながら楽天モバイルでもまだまだエリアは非常に狭いです。
4Gと通常の5Gであれば、そこまで速度の違いはありません。それなら別にそこまでこだわらなくても?と思う人の方が多くなるかと思います。

ただし5Gは新しい技術なので、使ってみたいと思う人もいることは事実です。
どちらがいいのか?と言われると5Gのほうがいいわけですが、5Gのスマホを持っている人はまだそこまで多くは居ません。

スペックのことはよくわからない

最新の機種が欲しいけど、スペックのことを言われてもよくわからない・・・という人も大勢います。

スペックというのは、CPUが何で、カメラが何で、RAMの容量が・・・という感じですが、そういうことをあまり気にしない人も大勢いるのです。

特に男性はこのスペックを読むということをしますが、女性は比較するときに見た目などで比較をするため、男性と見ている観点が異なります。

女性にとっての見た目というのは非常に重要な要素になるかと思いますが、このXperia aceというのは、女性向きに作られているのではないかといっても過言ではないかと思います。

女性はスペックなどをあまり気にする人は多くありません。そのためRAMの容量やCPUの動作速度などを検討して購入する人は非常に少ないわけです。

そういうことからこのXperia aceというモデルでも十分だと判断する人はかなり大勢いるわけですね。

実際にXperia aceのスペックだけを見ても、SnapDragon6番台となっており、今の規格からすると十分ではないかと思います。

ちょうどミドルレンジという位置づけとして製造されています。そういう意味でも見た目だけで選んで購入する人というのは、かなり多いことは間違いないでしょうね。今後もこのような万人受けするようなある程度価格も下げられたモデルの販売を行ってもらいたいものですね。

なぜXperiaACEのおすすめができるのか?

なぜXperia ACEのおすすめができるのか?ということですが、やはりコンパクトサイズだからだと思います。
昨今コンパクトモデルというものが非常に少なくなりました。

たいていのモデルで6インチを超えているようなモデルばかりなのです。6インチを超えるようなモデルがだめというわけではありませんが、6インチを超えるようなモデルというのは、持ち運びしづらいと思いませんか?

せっかく持つのであれば、コンパクトサイズのほうが持ちやすいわけです。

iPhoneでもコンパクトモデルいわゆるiPhoneSEなどに人気が集中している通り、小さいモデルに人気が集中するということは、非常にメリットがあることだと思います。

✔持ち運びやすい
✔価格が安価である

あとは大画面モデルと比較しても価格が安価であるということも、人気の一つだと思います。
大画面スマホというのは、基本的に高額なモデルが多いですが、コンパクトモデルは比較的安価なモデルが多いです。

結局のところ安価なモデルのほうが、価格が安価であるということが、メリットの一つだと思っています。
高額なスマホばかりが売れるという時代は終わりました。安価なモデルであったとしても、人気のあるモデルは売れるということをACEを示してくれているのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました