ドコモ 預託金 支払わないと契約が出来ない 条件はどんな場合になる?

預託金という言葉を聞いたことありませんか?

そもそも預託金というものはなんなんでしょうか?

預託金とは、民法上の寄託として、一定の期間、預ける金銭のことをいいます。
ゴルフ場の会員権を購入する際に預ける金銭などがこれにあたり、一定の期間が経過すれば、その金銭の返還を求めることができます。

引用元:kasugai-law

こちらに預託金の意味合いを掲載しているページがありましたので、紹介しておきたいと思います。

契約する時に一定の期間預ける金銭のこととなります。

実は携帯電話の契約時にも預託金が必要になるケースというものがあります。

ドコモの預託金を預けないと契約出来ないケース

通常携帯電話の契約で預託金を預けるということはありません。

預託金を求められるケースというものは、ある意味特殊なケースといえるかと思います。それでは預託金を預けないといけない可能性のあるケースを紹介したいと思います。

・短期間に契約を繰り返したケース
・同一名義で複数契約を同時に行うケース
・過去に強制解約等の支払いが滞る可能性があるケース

一応あげたケースですが、具体的な詳細は与信を行う時に過去の契約など詳細を見られると思われますので、実際に預託金を払うかどうかというのは、個別に判断されます。

預託金を支払うことで、契約が出来ますので、完全なブラックというわけではありません。完全なブラックであれば、契約自体を断られてしまうため、預託金の支払いを行うことで、契約が出来るということは、与信情報としてはグレーといえるかと思います。

預託金を支払う場合

預託金を支払う場合というのは、基本的には割引などを受けることが出来ません。

今はスマホの割引などもそれほどありませんので、割引の恩恵を受ける事自体も少なくなりました。

そのため預託金を払ってでも契約を行えるということは、預託金の支払いはありかと思います。

ただし通常の人なら預託金の支払いを求められるケースというものはまずありません。

預託金の支払いが必要な場合というのは、特殊なケースといえるとかと思います。

一般的には預託金というのは、5万円と10万円があるようです。

預託金はその程度によって、5万円または10万円をドコモに預けることにより、契約を行うことが可能ということになります。

預託金の返却はいつ行われる?

預託金の返却はいつ行われるのでしょう。一定期間はドコモにこのお金を預けておく必要がありますが、一定期間を過ぎれば返却されるのです。

返却されるのは、契約時に預託金が返却される自分で設定した銀行口座への返却となります。

そのため預託金を払うタイミングでは、自分の返却してもらいたい銀行口座を記載して提出する必要があります。

預託金の返却タイミングというのは、人によってまちまちのようです。基本的に数ヶ月間真面目に利用料金の支払いを行っている場合には、わりとすぐに返却されると思われます。

その支払が滞っていると強制解約となり、預託金の返却もありませんので、注意が必要となります。

返却されないケースというのは、自分によほどの信用がないと思うしかなさそうですね。

そうならないように、支払いは滞らないようにしておきたいところです。

普通の人は預託金はない

普通に契約している人というのは、預託金の支払いというのはありません。

真面目に支払いをし、普通に機種変更をしている人はまず預託金を求められることはないでしょう。

やはり預託金を求められるケースというのは、特殊なケースに限られているのです。

そうならないように、日々きっちり料金の支払いを行っていれば、このようなことになることはないかと思います。

また注意しないといけないことは、この預託金の支払いを求められるというケースは、自分の信用問題にも関わる部分なので、過去にドコモ以外でなにか不払いになっているものがないかなど、確認しておく必要があります。

信用情報というのは、自社以外でも情報が共有されていますので、そのあたりの注意も必要となります。預託金を払うということは、あくまで通常契約させないように伏線をはった状態です。

そのため契約出来ないということはありませんが、お金である程度契約が出来るようになるということになるわけです。

割引の恩恵を受けることは無理

割引の恩恵を受けることは、無理になります。割引の恩恵というのは、今はなくなりましたが、当時なら月々サポートなどの割引の恩恵です。

今後も出てくると思われます各種割引などの恩恵は受けることは出来なくなるでしょう。

スマホの代金も定価の代金を払う必要があります。そのため預託金の支払いを求められた場合というのは、あまり美味しい支払いになるというわけではありません。

美味しくない支払いをする必要があるのです。割引の恩恵を受けることが出来ないということで、すでにその時点で支払いたくない預託金があり、割引も受けることが出来ないということで、旨味のある契約が出来るわけではありません。

各種恩恵を受けることが出来ないということで、預託金払いになるとかなり辛いと思いますので、そうならないように日々きっちり支払いを行いたいですよね。

契約も今では分離プランとなり、先程記載した月々サポートなどはなくなりました。端末の一括割引である端末購入サポートと呼ばれるものもなくなりました。そのため割引がないということで、あまり気にすることはないのかもしれませんね・・・

ドコモ以外でも預託金を求められるケースが存在

ドコモ以外でも契約を行おうとする人も多いでしょう。

ドコモ以外のキャリアと契約する場合でも預託金を求められるケースというものがあります。

実際どのようなケースで預託金を預ける必要があるのかは、わかりませんが、ドコモと同様の審査は行われることは間違いないでしょう。

結果的に、キャリアとして不利益のありそうな契約に関しては、止められる可能性が高いということです。

預託金を預けてでも契約しますか?とある意味聞かれているわけです。

完全ブラックリスト入しているわけではありませんが、かなりグレーな人という認識であることは間違いないでしょう。

ブラックリスト入する前の状態ですので、どうしても契約したい場合は預託金を預けることをオススメしたいと思います。

しかしながら通常はこのようなケースはありえるわけではありません。預託金に関しては、通常預けることもありませんので、普通の人が預託金を求められることはないでしょう。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA