当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

iPhoneSE2は4月15日に発表 当初の予定より遅れていると予想

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

iPhoneSE2の発売を待っている人も多いと思います。iPhoneSE2の発売は当初は3月に発売されると言われておりましたが、発表は4月15日までずれ込むと言われております。

やはり今の状態でiPhoneSE2を販売しても、そこまで販売台数を伸ばすことができないと思っているのではないかと思います。
iPhoneSE2はアップルとしてもiPhone6やiPhone6sなどからの買い替え需要と期待しているガジェットです。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

世界各国での販売は苦戦しそう

アメリカは現在コロナの影響により、かなり苦戦するかと思います。外出禁止令などが出ていることから小売販売は少なくなると予想されます。
またそれ以外のヨーロッパなどでもiPhoneSE2の販売が行われたとしても、こちらも同様に小売販売は少なくなるでしょう。
日本も外出自粛の要請が出ていることから、かなり苦しいのではないかと思っています。
最新機種を販売したところで、購入するすべがネットからの購入がメインとなると、まだまだ厳しいのではないかと思っています。
iPhoneSE2に限らずiPhoneは並んで購入する人も非常に多いです。
並んで購入する人も、なんらかの規制がかかる可能性があるので、相当厳しいと思われます。
今はどこの国で販売しても、販売台数はそこまで見込めるとは思いません。

中国での生産体制は問題がすくないもののサプライアチェーンは厳しい

中国での生産体制に関して問題はそこまで多くはないものの、サプライアチェーンは結構厳しいようです。
結局のところ色々なメーカーから部材を供給しているわけですが、その部材の供給に関してサプライアチェーンがコロナ問題でまだ混乱しているからです。
そういうこともあり、コロナ問題の影響から部材調達がかなり厳しくなっているようです。
iPhoneSE2が販売された約半年後にiPhone12の販売が行われると思われますが、iPhone12が販売開始される2020年の秋には、きっちり販売したいというアップルの思いもあるのではないかと思っています。
iPhoneは1年に1度のフラッグシップモデルに対して期待している人もかなり多いと思います。
iPhoneは基本的に1年に1度しか販売されません。それはビックイベントとなっているため、アップルもそこに注力したいと思っているでしょう。
サプライアチェーンはそこに注力すべく、今からiPhone12の生産に向けてかなり力を入れていくのではないかと思っています。

iPhoneSE2のストレージの種類は3つ

iPhoneSE2ではストレージの種類は3種類のモデルが販売される可能性があります。
64GB/128GB/256GB
この3つのモデルが販売される見込みとなっています。
64GBモデルなら5万円前後で購入できることを考えるとかなり安価な価格設定になると思われます。


こちらにiPhoneSE2の情報が掲載されておりますので、こちらの情報も確認いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました