Wi-Fiをワイファイではなくウィッフィーと読む人 無線LANは?

この前出会った人のことを話します。Wi-Fiのことをタイトルの通りウィッフィーというのです。

はじめはウィッフィーと言われてなにかわかりませんでしたが、話しているうちにWi-Fiのこととわかるようになりました。

何が言いたいかというとまだまだこういうIT系の用語は世の中には認知されていないということですね。

確かにWi-Fiをワイファイと読めと言われても難しいかもしれません。

特に教育を受けてない人は本当に難しいでしょう。私もあえて教育は受けていませんが、少なからずとも自分から勉強しないとこの手の言葉は入ってきませんね。

後よくわからないのが、無線LANです。この無線LANという言葉は以前からありましたが、Wi-Fiと何が違うのでしょう?と思う人も多いと想いますね。

最近無線LANという人はあまりいません。ほとんどがWi-Fiと読んでいるのではないでしょうか。

厳密にいえば無線LANとWi-Fiというのは異なるのですが、ほぼ同じものと思えばいいと想いますね。

最近はWi-Fi対応といいますが、無線LAN対応とはあまりいいません。もう無線LANというのは死語に近いのかも知れませんね。

とりあえずWi-Fiといえば、無線で通信が出来る規格だと思っていて問題ないでしょう。

基本的にスマホを使う場合家ではWi-Fiで使う、外ではLTEで使うこういう使い方が普通なので、LTE通信とWi-Fiの違いくらいしっていたらいいのではないでしょうか。

最近テレビでも自宅でWi-Fiという言葉よく耳にすると想いますが、Wi-Fiといってもそれに伴う対応機器を購入する必要があります。

是非対応機器を購入して、自宅ではWi-Fiを使って欲しいと想いますね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

年配の方に多い

2017年3月13日追記

未だに年配の方にウィッフィーと呼ばれる人というのはかなり多くいますね。

確かにそのまま読めばウィッフィーと読むことが出来ますからね。

ここ最近Wi-Fiとだけ記載している店舗も非常に多いのです。となると読み方はわからないと思うのも当然です。

誰もワイファイと読むなんて教えてくれませんからね。ウィッフィーと読んで当然なのかもしれません。

今は小学生でもこのようなことを勉強するようで、パソコン用語というのは一般的になりつつありますが、60歳以上の人はある程度勉強しようと思っても自分から進んで勉強をするしかこのようなものを理解することは出来ません。

逆に今まではこのようなものを知らなくても生きていけたわけです。

それが昨今これだけ通信業界用語やパソコンの用語が世の中に出てきたということはある程度自分で勉強していくしか方法はないのです。

そういう意味でも読めないというのは普通なのです。読むためにはネットで調べる・・・ということも必要かと思いますが、ネットで調べるというのもかなり重要な勉強方法ですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

子供はすごい

まだ字を読めない子供ですが、検索エンジンを巧みに操っている子供がいてびっくりしました。まだ3歳なのですが、すでに検索エンジンを使っているのです。これは誰が教えたというわけでもないそうです。

マイクのところを押して、そこに向かって話しているのです。

当然ながら大したことは検索していませんし、検索結果も文字なので読めません。けど検索をしてそこの画像や動画を見ているのです。

それには本当に驚きました。本当に柔らかい脳をしているのだなぁ〜と感心しましたね。

このように子供のような柔軟な頭を持っているとそういうことも誰に教えてもらうわけでもなく出来るようになるのかもしれませんが、大人になるとそのようなことも固定概念が働きます。そういうことにより、なかなか新しいことを覚えられないという非常に残念な感じになっていくのかもしれません。

少しでもネット検索を覚えて色々な用語に触れてみるというのはいいことだと思いますね。

初回投稿日:2015年2月25日