マツモトキヨシ マツキヨで無料Wi-Fiを提供開始 来店者全員に

マツモトキヨシでWi-Fiを無料で提供します。

都内、大阪、京都など25店舗からスタートしています。

Wi-FiのSSIDは「Matsukiyo_Free_WiFi」を選択します。

その後ウェブを開いて同意書に同意すればWi-Fiを使うことが可能となります。

これは海外のからの人向けに行っているサービスが主ですが、来店者全員がこのサービスを利用することが可能です。

マツモトキヨシの周りだけが使えるのだと思いますが、町中にいながらWi-Fiが使えるということは非常にありがたいことですね。

特に海外からの観光客は通信費がかかるのでLTE通信などは恐らく避けていると思います。

そのためこういう店のフリーWi-Fiは非常にありがたいことだと思います。

まだ25店舗と非常に少ないですが、今後増えてくるとみんな日本に来たらマツモトキヨシに行くことが予想されます。

個人的にはイオンなどのショッピングセンターでもフリーWi-Fiがあればいいのにと思う今日このごろです。

それを知っていると本当にそこの店で一日時間を潰せますもんねぇ〜

マクドナルドなどでも実施しておりますが、こういう小売ではあまりないのではないでしょうか。

あったとしても登録制など色々面倒なものが多いです。

単純な同意で使えるというのは観光客からすれば本当にありがたいですよね!

無料Wi-Fiはその後かなり増えた

海外のインバウンド向けのサービスというものはかなり増えてきたように思います。

マツキヨのWi-Fiサービスに限らず、無料Wi-Fiというものはかなり増えてきたように思いますね。

海外から日本に来られる人にとっては間違いなく無料Wi-Fiというものは利用したいと感じている人が多いと思います。

特に日本は無料Wi-Fiというものがそれほど多くありません。むしろ少ないと思います。

それは無料Wi-Fiというものは敷設にコストがかかるからだと思います。

またセキュリティ的にも問題があるといわれております。無料Wi-Fiを設置することはソフトバンクがかなり推進しており、無料で利用できるWi-Fiのアクセスポイントというものはソフトバンクを中心にななり存在するかと思います。

無料Wi-Fiというのはますます増えていくのかもしれませんが、やはり気になるのはセキュリティです。

セキュリティを守るためには

セキュリティを守るためには間違いなくLTE通信です。LTE通信を行うことである程度のセキュリティは保たれます。

それこそ通信の秘密ということを考えると無料のアクセスポイントならかなりいけてないと思います。

無料のアクセスポイントというのは残念ながら途中の通信を抜かれていてもユーザーが気がつかないレベルでアクセスポイントというものにアクセスしているわけです。そのような状況でアクセスポイントを利用して本当に大丈夫なのでしょうか?

そういうことを含めて検証している人というのはまだまだ少ないと思います。基本的にセキュリティの観点からいえばWi-FiよりもLTE通信ではないでしょうか。

今後もまだWi-Fiのアクセスポイントというものは増えてくると思いますが、そちらに頼ることなくLTE通信側が海外インバウンドに関してはもっと安価に利用させてもいいのではないでしょうか。ここまで世界的に通信というものは当たり前に行われるようになりました。

そういうことを考えるのであれば、やはりLTE通信というのはもっと料金を下げるべきですね。

各キャリアはぜひ検討いただきたいと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。