【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

Twitter Blue 申し込み方法 980円と1380円 ウェブ版とiOS版で価格の違いは?比較

 

Twitter Blueというものが最近Twitterをしている人は出てきたのではないかと思います。

Twitterもサブスクを出してこないと収益的にかなり厳しいとなってきていると思いますが、980円〜となっています。

Twitter Blueを利用することで、アカウントの信頼性もあがりますので、今後Twitter Blueを利用したいと思っている人であれば、少しでも早い段階で利用を開始したほうがいいのでは?と思います。

それこそ情報を見るだけのユーザーであれば、あまり気にしないでいいのかもしれませんが、情報を発信するユーザーであれば、少しでも認証されていたほうが、信頼性が高いユーザーとして認識されるようになる可能性も高いでしょう。

そういう観点からすると、Twitter Blueは少しでも早い段階に申し込むことをおすすめしたいと思います。


こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

価格は980円と1380円

価格は2パターンあります。

Webブラウザ版:980円
iOS版:1380円

2つの料金体系がありますが、価格が異なるだけで、実際に内容は同じはず?だと思いますので、私はWebブラウザ版で購入しました。

こちらウェブブラウザ版のほうを購入してみました。

サブスクの価格は980円となっており、カード情報を入力する画面があります。

そこにカード情報を入力するだけなので、非常に簡単に終わってしまいます。

カード情報を入力して申し込むだけ
誰でも簡単にサブスクを開始できる

非常に簡単にサブスクを開始することが出来ますので、いいのではないかと思います。

今のところiOSとWeb版での違いは、どこにあるのかわかりません。

パソコンを持っていない人はiOS版を利用するしか方法はないかと思います。iPhoneだけを持っている人だけの専用になるのではないかと思います。

 

開始すると、このような会員の特典を確認するというこのような画面が表示されます。

こちらがサブスクを開始させた後に表示されている内容となっています。

通知にはこのような画面が表示され、認証が開始されると、チェックマークが付くようになるはず?です。

今のところ申し込んでから数時間が経過しますが、チェックマークはついていません。

ついた後の挙動などに関しては、今後報告していきたいと思います。

Twitter投稿後の編集ができるように

Twitterへの返信ができるようになります。

これは間違えてツイートした場合は、非常に有効的です。

間違えてツイートする場合は、削除して新規投稿をする必要があります。

それが編集だけでできるようになることは非常にメリットがあります。

情報発信系のアカウントは取得したほうがいいのか?

女の子

情報を発信するようなアカウントでは、Twitter Blueは登録しておくほうがいいのか?ということは、まだ今のところまだわかりません。

ただチェックマークがついているということで、安心に感じる人はかなり多いのではないかと思います。

毎月980円〜ということで、これ以上のリターンを見込めると思っている人であれば、利用するほうがいいでしょう。

ただ普通に考えると広告が半分になるということくらいであれば、普通の人はチェックマークを付ける必要はないかと思います。

Twitter Blueがついていると信頼がおける
アカウントを正常に使いたいならやっておくべき

お金を払って、Twitterに貢献しているわけなので、普通に考えるとこのアカウントは、Twitter公認アカウントとして成り立つはずなので、無課金のアカウントと比較しても確実に差別化が行われることは間違いないかと思います。

この差別化で、他のアカウントと比べて、インプが増えるなどの措置があった場合に、確実にTwitter Blueを登録しているほうが有利にことを運ぶことが可能になることは間違いないでしょう。

Twitterというのは、日本国内の利用者は非常に多く、やはり利用するユーザーからすると、Twitter Blueのような安心感はかなり得られるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック