【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

LINEMO ブラックリスト 短期解約扱いになる条件は? 契約期間はどの程度必要か?

 

LINEMOを利用したいと思っている人も多いと思いますが、LINEMOに関しても短期解約扱いというものがあります。

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

LINEMOは毎月の維持費が非常に安価なことから、契約したいと思う人も多いと思います。

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

LINEMOの維持費

LINEMOの維持費を紹介したいと思います。

【LINEMO】 ラインモ のりかえ MNP 新規 3GB 20GB 格安プランで相当お得に LINEの通信が継続無料
LINEMOというソフトバンクグループのプランが出ています。このLINEMOというプランを利用する人がここ最近非常に増えています。 毎月の維持費を下げる人にとっては、間違いなくオススメです。 こちら登録無料で友達登録頂くことで、...

こちらにLINEMOの維持費を紹介したいと思います。

こちらを見てもらいたいと思いますが、最安値は990円で利用することが出来ます。

維持費はかなり安く契約したいと思う人も多いのではないかと思います。

毎月の維持費なので、最低維持費が990円であれば、かなりメリットがあると思いませんか?

このようにLINEMOの毎月の維持費というのは、非常に安価なので、LINEMOを利用したいという人も結構多いのです。

ソフトバンクへのりかえ後LINEMOに即のりかえ

女の子

ソフトバンクにのりかえた後に、ソフトバンクは維持費が高いので、LINEMOにのりかえたいという人も結構多いと思います。

○ソフトバンクからLINEMOに即のりかえ
LINEMOのほうが維持費が安いので、そうしたい人は多い

実はこれはブラックリストの対象となります。

ソフトバンクを短期解約したとみなされるわけです。そのためソフトバンク転入後LINEMOに移動するということは、やめておくほうがおすすめです。

なぜ短期解約になるとブラックリストに入ってしまうのか?というところを紹介したいと思います。

また短期解約というのは、どの程度契約をすると短期解約という扱いになるのでしょうか?

短期解約はブラックリスト入

短期解約をすることは危険なので、やめたほうがいいです。

短期解約というのは、契約後半年以内に解約することです。

私の場合は、契約月を0ヶ月目とし、翌月から1ヶ月目そして、6ヶ月契約した7ヶ月目に解約を検討するようにしています。

例えば、2022年3月に契約した場合だと、4月が1ヶ月目、そして9月が6ヶ月目となりますので、2022年10月以降に解約もしくはMNPを検討し始めるということです。

○トータル8ヶ月弱となるので安心
○自分の契約月と解約月はカレンダーなどで管理
○具体的には211日以降ならOK

このあたりは、管理しておくほうがメリットがあります。

管理しないとわかりませんからね。

ただLINEMOの場合だと、元々の維持費が安いので、解約をすることもしないほうがいいのかもしれません。

ただ他社へSIMのみだけでも乗り換えることで、少しでもお得に利用することが可能なのです。

維持費がほぼ同じで他社へ乗り換えてキャッシュバックをもらうことが出来るのであれば、それだけでもメリットがあると思いませんか?

現状では211日間所持することで、ブラックリスト入はしないと言われておりますが、年々この短期解約に対する扱いが厳しくなってきています。

なぜ短期解約に対する扱いが厳しいのか?

なぜ短期解約に対する扱いが厳しいのか?ということですが、短期解約を行うということは、その会社に対してそこまで長期間契約をしていない顧客として認定されるわけです。

短期解約を繰り返して行うということは、キャッシュバックなどを目当てに契約をしていると言われても仕方ありません。

そういうことを考えると、会社としては利益の薄い客となるわけです。

○短期解約は会社にとって利益は少ない
○次回も短期解約されては、会社として困るから

まさにこのことが理由で短期解約に関しては、次回からの契約を断るということを行うわけです。

そのためある程度長い期間保持しておく必要があるわけです。

ソフトバンク本体としては、キャッシュバックなどの吐き出しが多くなりますので、キャッシュバックの吐き出しを考えると、短期解約者を多く増やすより長期利用者をそれなりに確保できるほうが確実にメリットがあるということになります。

定期的に他社の格安プランへの変更を検討

定期的に他社への乗り換えプランを検討することをオススメしたいと思います。

ahamo povo LINEMOを定期的に 【MNP】キャッシュバックをもらう方法 メールもgmailを利用
ahamoやpovo、LINEMOというサービスが出てきておりますが、これらのサービス自体はメールアドレスが付与されておりません。 そのため一度ahamoやpovo、LINEMOにすると、のりかえいわゆるMNPがしやすくなるわけです。...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、定期的に他社へ乗り換えることを考えることで、毎月の維持費はほぼそのままで、キャッシュバックだけをもらう方法となります。

今使っているスマホをそのままでに定期的に他社へ乗り換えることをするだけで、結構お得になります。

毎月の維持費がほぼそのままで他社へ乗り換えることで、お金に変わるという方法はありではないかと思います。

✔定期的に他社に乗り換えることでキャッシュバックをもらう
✔他社への乗り換えはどこの会社も大歓迎

結局他社への乗り換えというのは、どこの会社も大歓迎だと思いますので、格安プランを定期的に渡り歩くということは、ありではないかと思います。

これで数千円でもキャッシュバックをもらうことが出来るのであれば、ありではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
LINEMO公式