2021年 スマホ 一括0円 一括1円 MNP以外で購入する方法は? 安くスマホを買いたい

スマホを一括0円などの低価格で購入したいと思っても、あまり安く購入する方法というものはありません。

スマホの価格が昔と比較して高くなったなんて言われますが、本当に高くなったのでしょうか?安く購入する方法というものはなくなったのでしょうか?

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

スマホを一括0円で購入する方法

スマホを一括0円などの非常に低価格で購入する方法というのはいくつかあります。

・新規契約で購入する
・MNPで購入する
・3Gからの契約変更を狙う

今安価に購入できる方法というのは、この3つしかありません。この中でも新規契約を行うということは、それから継続してスマホの代金を払い続ける必要もあり、あまり得策ではないかもしれません。

それならMNPが一番オトクなのではないか?と思いますが、この中の選択肢の中で一番メリットがあるのが、MNPで購入する方法です。

タイトルのようにMNP以外で安く購入する方法は?ということに関しては、上記でも記載の通り、現状この3つくらいしかありません。
MNP以外の方法で安くスマホを購入する方法に関してはあとから書こうと思います。

楽天モバイルへのMNPがお得

楽天モバイルへのMNPが非常にお得であるということを知っていますでしょうか?

2021年7月 キャンペーン Rakuten UN-LIMIT Ⅵ MNP 乗換で楽天ポイントバック お得にスマホが買える
楽天モバイルは2021年6月以降のキャンペーンを出してきました。2021年7月以降も継続的にこのキャンペーンは続きますので安心してください。 楽天モバイルは元々安価ですが、ポイント還元セールを行いますので、かなりお得にスマホを購入する...

楽天モバイルが今非常にメリットがあるキャリアとなっています。

ポイント還元のメリットがかなりあるのです。

MNPをするなら楽天が今かなりお得であることは間違いないかと思います。

✔楽天モバイルへのMNPがお得
✔楽天は維持費も安い

昨今安く維持できるスマホが増えましたが、昔のように0円〜持てるようなスマホは本当に少なくなりました。

楽天ならそれを叶えてくれるスマホとなりますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

3Gからの契約変更ならiPhoneSEがお得

iPhoneSE2 MNP 一括0円 3Gからの機種変更や実施店舗が増える お得なので買ったほうがいいのか?
iPhoneSE2が一括0円で販売している店舗が増えています。ただしこれはauから発売されているiPhoneSE2となっています。 本当に最近は一括0円の情報などがネットに上がっていることは非常に少なくなりました。 一括0円は風...

こちらを見てもらいたいのですが、iPhoneSE2がかなり安価な価格設定になっています。

ただしiPhoneSE2への買い替えということになります。

iPhoneSE2というのは、まだまだ使うことが出来ますので、結構メリットがあるかと思います。

✔iPhoneSEはまだまだ使えるスマホ
✔iPhoneSEの後継モデルはまだ発売されない
iPhoneSE3 アイフォーンSE3 スペック 予約 価格 発売日 予想 ドコモ au ソフトバンク
iPhoneSE3に関してのスペックなどを予想してみたいと思います。 iPhoneといえば、ソフトバンクではないかと思います。 iPhoneSEというのはもともと廉価版としてAppleから発売されております。iP...

iPhoneSE3の情報となりますが、まだ発売されないと思われます。

MNP時の解約違約金が減った

現在MNPは追い風なのです。実は各社MNP時の解約違約金が減りました。
解約違約金が減ったということで、他社へ移動しやすくなります。
現在各社の解約違約金は1000円です。1000円の違約金しかないので、MNPしやすくなりました。
MNPをするということは、少しでも安価にスマホを購入することができる条件となっています。。

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone13 Galaxy S21 Xperia 1 Ⅲ

こちらの記事を見てもらいたいのですが、やはり先程の3つの条件のときに安価に買えると思います。
その中でも条件がいいのは、MNPのときだと思いますので、MNPを利用して購入することがオススメですね。

✔一度自分の契約を見直してみる
✔MNP手数料の確認も実施

基本的にMNPの事務手数料というものも、かなり安価になっているケースがあるかと思います。

昔から同じ料金プランであれば、高額かもしれませんが、最新のプランにするだけで、かなり価格が下がっているのです。そこを一度確認してみることをオススメします。

新規で契約することで、維持費を下げる

新規契約をすることで維持費を下げるということはどういうことでしょうか?

スマホ 2台持ちでトータルの維持費を下げる方法 毎月の通信費が高すぎる
スマホの2台持ちという人をここ最近はやっている人が結構多いと聞きます。 2台持ちのほうが高くなるんじゃないの?と思う人も多いと思いますが、意外とそれほど高くはありません。 通信する人が増えた 昔に比べてネットを見る...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、毎月の維持費を下げるために2台持ちを行うという手です。
実はこのような方法で毎月の維持費を下げることもできるのです。
当然ながらその時のキャンペーンなどを考える必要はあろうかと思いますが、それでもかなりメリットがある方法だと思いませんか?
基本的に新規契約を行うということは、毎月の維持費があがるんじゃないか?と思う人もいるかもしれません。
ただし今利用しているキャリアの通信プランを下げることで、トータル的に2台持ちのほうが安価になる可能性があるということです。

楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」はすべての人に最適なワンプラン!データ1GBまで0円、どれだけ使っても無制限で2,980円(税込3,278円)。最新のiPhoneや人気のAndroidスマートフォンも続々登場。楽天の携帯キャリアサービスが、これまでの常識をくつがえす!

楽天にするだけでも価格が下がるかもしれません。

ドコモ キャッシュバックを撤廃し MNP優遇を無くす 影響は?

ドコモは今後キャッシュバックを無くす方針だということがわかりました。

キャッシュバックというのはMNPいわゆる番号そのままでお乗り換えの人に対する優遇措置ですが、番号そのままお乗り換えはそれほど美味しくなくなります。

今までMNPで儲けていたMNP乞食や携帯乞食と呼ばれる人達がかなりいましたが、ここ最近かなり減ってきているという現状があります。

キャッシュバックをなくす理由

まずはキャッシュバックをなくすという理由ですが、これはキャッシュバックに使われる原資を元に既契約の人に還元しなさいということです。

実際には還元するという形ではなく、通話料、通信量を下げるという施策に利用しなさいということです。

全員が公平に携帯電話を持てるようにしましょう。ということなのです。

表立っての理由はそのとおりです。

競争原理に反してる

既契約の人ははっきりいいますが、競争に巻き込まれたくない人達のことです。

MNPをしたら機種変更するよりも安価に携帯電話を所持出来るなんてことは、ここ最近通説です。

店員に聞けばすぐに答えてくれると思いますし、ネットなどで検索してもわかるわけです。

当然世の中にはネットのないし、今のままでいいという人も大勢います。

私達の周りにもいます。高くてもいいから今のままでいいという人。

MNPしたらお得ですよ!ということを教えてあげるのですが、面倒だから今のままでいいと言われます。

結局そのように競争から逃れている人を救っているだけなのです。

競争の原理からするとおかしくないですか?安くなることがわかっているのにその競争に入ってこない人を救おうとしているのが今の総務省の政策です。それに対してドコモがキャッシュバックを行わないと反応したのです。

別にキャッシュバックが行われなくてもいいです。端末を安価に買う方法を教えてほしいのです。

これが私の本音ですね。正直いいますが、MNPを今まで繰り返してきた人がいきなり10万円ほどの端末を購入するとは思えないのです。

その人達はさらなる安価なものを買い求めるのです。結局マクロで見た場合には全体的に携帯電話の市場が縮小するのでは?と思います。

キャッシュバック対策 今後はコンテンツを大量に投入?

キャッシュバックが今後なくなるという噂はかなり出ておりますが、キャッシュバックがないと携帯電話は売れません。

またMNP一括0円でないと携帯電話は売れません。という構図を作ってきたのは携帯電話業界自身なのですが、キャッシュバックがなくなることにより、代理店はかなり痛くなるのです。

キャッシュバックがないと携帯電話が売れません。携帯電話が売れないということは収入もなくなるわけです。

代理店にとってキャッシュバックは死活問題

代理店にとってキャッシュバックは客を見つけるツールでもあるのです。キャッシュバックがあるから契約するという人が非常に多いわけです。

そう考えるとキャッシュバックがなくなるということは、代理店としては客を呼びこむツールがなくなるのと同じになるわけです。

今考えてみるとキャッシュバックがなくなるということは、携帯が売れません。携帯が売れないということは契約が動かないということになり、残念ながら代理店は一切儲からなくなるわけです。

それでもキャッシュバックを付けたいという代理店の思惑はコンテンツになってくるわけです。

コンテンツいわゆる有料コンテンツになるわけですが、有料コンテンツを付けることにより、キャッシュバックを付けられる可能性があるわけです。

コンテンツ1つに付き1000円のキャッシュバックを付けるということも可能です。

しかもそのコンテンツは3ヶ月縛りを付けられたりする可能性もあるわけです。

そう考えるとキャッシュバックを付けるだけで実は毎月の費用はかなりかかるということも考えられるわけです。

今後そうしないと携帯が売れないという状況になる可能性もあると思いませんか?

契約してくれたことによるキャッシュバックよりも色を付ける為のキャッシュバック

まさにそれは本当に色を付ける為のキャッシュバックということになります。

いわゆるコンテンツモリモリというやつです。コンテンツに関しても、50個とか今後あるかもしれません。

代理店は一括インストールツールなどを投入してくるかもしれません。

それくらいしないと売れないのです。50個のコンテンツを入れて5万円キャッシュバックなども十分考えられるわけですね。

そうなると嬉しくないのは消費者ですが、それでも条件は他社よりよく見えるわけです。

条件はWebに書いて、twitterだけで告知を行うという代理店もここ最近非常に増えてきました。

確かにキャッシュバックの条件は非常にいいのですが、トータル的にみるとどうなの?と思うようなものもたくさんあります。

今後はそのような業者をどのように対策するかですよね。

スマホのキャッシュバックから維持費を抑える MVNOに徐々に移行

スマホのキャッシュバックがここ最近かなり増えてきております。

12月ということもあって、年末商戦まっただ中といったところではないでしょうか。

本当にキャッシュバックは多いと思いますが、今後はこのキャッシュバックも縮小傾向にあります。

総務省のせいで

総務省はキャッシュバックを消費者に多く与えているので、そのキャッシュバックの原資を長期利用者に充当しなさいというような要請をしているのです。

確かにキャッシュバックは販売促進費ということで、かなり出ております。

残念ながら長期利用者の支払ったお金を原資にその販売促進費というものを出しており、確かに一理あると思います。

しかしながら企業は競争も必要なのです。キャッシュバックがあるから契約するというような消費者も結構多くいると思います。

そういう消費者にとっては、キャッシュバックがないから契約しないという構図が現れるのです。

要するにキャッシュバックがあるから契約するということは、キャリア側はよくわかりませんが、新規契約に伴う手数料やスマホが売れるということに対してはメーカーも含めて儲けることが出来るのです。

本当にそんなことをして大丈夫なのでしょうか?

キャリアはそれでも儲かる

長期利用者の利用料金を安くしてキャッシュバックを減らすということで、費用の按分が出来るだけなので、キャリアは今まで通りの儲けはそれなりに確保出来るのです。

しかしながらそうなるとモノが売れなくなるということで、代理店やメーカーは本当にしんどくなることは間違いありません。

キャリアだけが儲かる仕組みになっているのです。

それでいいのでしょうか?総務省はそこまで議論しておりません。

単純に利用者の負担が大きいという理由でMNPによるキャッシュバックが多いのを減らしてその分を長期利用者に還元しなさいというだけなのです。

正直なところ経済に関与してきております。

海外ブランドの新機種

それこそフラッグシップモデルではなく、海外のスペックを落としたSIMフリーの機種が今後はかなり売れていくのではないでしょうか。

現在は知名度が非常に低く、それこそわかっている人でないと購入することはしないと思いますが、今後はなぜフラッグシップモデルがそこまで高いのか?と疑問に感じる人も非常に多くなってくると思います。

そう考えれば、量販店などで、安価なスマートフォンでもいいから購入しようと思う人がどんどん増えてくると思います。

当然ながらMVNOのSIMを利用することが可能なので、今よりも安価に携帯電話を維持することが可能になるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました