当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

スマホ 一括0円 一括1円 MNP以外で購入する方法は? 安くスマホを買いたい

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

スマホを一括0円などの低価格で購入したいと思っても、あまり安く購入する方法というものはありません。

スマホの価格が昔と比較して高くなったなんて言われますが、本当に高くなったのでしょうか?安く購入する方法というものはなくなったのでしょうか?

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
  1. スマホを一括0円で購入する方法
  2. MNP時の解約違約金が減った
  3. 新規で契約することで、維持費を下げる
  4. ドコモ キャッシュバックを撤廃し MNP優遇を無くす 影響は?
  5. キャッシュバックをなくす理由
  6. 競争原理に反してる
  7. キャッシュバック対策 今後はコンテンツを大量に投入?
  8. 代理店にとってキャッシュバックは死活問題
  9. 契約してくれたことによるキャッシュバックよりも色を付ける為のキャッシュバック
  10. スマホのキャッシュバックから維持費を抑える MVNOに徐々に移行
  11. 総務省のせいで
  12. キャリアはそれでも儲かる
  13. 2016年 1月 MNP 一括0円 キャッシュバック情報
  14. ありがたい誤算
  15. 総務省からのお達し
  16. 機種は何がお得?
  17. 携帯電話の中古市場が盛り上がる 新品未使用が減り 本当の中古が増える
  18. 新機種が売れない変わりに中古市場がもりあがる
  19. 海外ブランドの新機種
  20. iPhone6sは乗り換え 一括0円 キャッシュバック付きは付くのか?
  21. iPhone6sをMNP一括0円で買う
  22. iPhone6sはAndroid機種よりお得
  23. MNPのタマにする格安SIMの運用 音声通話ならOKなことが多い
  24. これから先はMNPは儲からない
  25. 2年間限定の通信費割引の意味がわからない
  26. 回線と端末が分離
  27. iPhone6 アイフォーン6の買取価格が下落中 ゴールドの買取価格は?
  28. ドコモ版が一番安い?
  29. au、ソフトバンク版は?
  30. ソフトバンク MNP 一括0円 は悪い業者が転売するから? 転売は適法で
    1. 他キャリアの話ですが

スマホを一括0円で購入する方法

スマホを一括0円などの非常に低価格で購入する方法というのはいくつかあります。

・新規契約で購入する
・MNPで購入する
・3Gからの契約変更を狙う

今安価に購入できる方法というのは、この3つしかありません。この中でも新規契約を行うということは、それから継続してスマホの代金を払い続ける必要もあり、あまり得策ではないかもしれません。

それならMNPが一番オトクなのではないか?と思いますが、この中の選択肢の中で一番メリットがあるのが、MNPで購入する方法です。

タイトルのようにMNP以外で安く購入する方法は?ということに関しては、上記でも記載の通り、現状この3つくらいしかありません。
MNP以外の方法で安くスマホを購入する方法に関してはあとから書こうと思います。

MNP時の解約違約金が減った

現在MNPは追い風なのです。実は各社MNP時の解約違約金が減りました。
解約違約金が減ったということで、他社へ移動しやすくなります。
現在各社の解約違約金は1000円です。1000円の違約金しかないので、MNPしやすくなりました。
MNPをするということは、少しでも安価にスマホを購入することができる条件となっています。。

au ソフトバンク ワイモバイル 2020年7月 値下げ販売 一括0円 1円の機種は?
スマホの価格が高止まりしていると言いながらも安価に販売されている機種というのは少なくともいくつか存在します。 ある店舗へ調査に行ってきたので、紹介したいと思います。 au ソフトバンク ワイモバイルの価格は? au、ソフトバンク、...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、やはり先程の3つの条件のときに安価に買えると思います。
その中でも条件がいいのは、MNPのときだと思いますので、MNPを利用して購入することがオススメですね。

新規で契約することで、維持費を下げる

新規契約をすることで維持費を下げるということはどういうことでしょうか?

スマホ 2台持ちでトータルの維持費を下げる方法 毎月の通信費が高すぎる
スマホの2台持ちという人をここ最近はやっている人が結構多いと聞きます。 2台持ちのほうが高くなるんじゃないの?と思う人も多いと思いますが、意外とそれほど高くはありません。 通信する人が増えた 通信する人が増えたということで...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、毎月の維持費を下げるために2台持ちを行うという手です。
実はこのような方法で毎月の維持費を下げることもできるのです。
当然ながらその時のキャンペーンなどを考える必要はあろうかと思いますが、それでもかなりメリットがある方法だと思いませんか?
基本的に新規契約を行うということは、毎月の維持費があがるんじゃないか?と思う人もいるかもしれません。
ただし今利用しているキャリアの通信プランを下げることで、トータル的に2台持ちのほうが安価になる可能性があるということです。

ドコモ キャッシュバックを撤廃し MNP優遇を無くす 影響は?

ドコモは今後キャッシュバックを無くす方針だということがわかりました。

キャッシュバックというのはMNPいわゆる番号そのままでお乗り換えの人に対する優遇措置ですが、番号そのままお乗り換えはそれほど美味しくなくなります。

今までMNPで儲けていたMNP乞食や携帯乞食と呼ばれる人達がかなりいましたが、ここ最近かなり減ってきているという現状があります。

キャッシュバックをなくす理由

まずはキャッシュバックをなくすという理由ですが、これはキャッシュバックに使われる原資を元に既契約の人に還元しなさいということです。

実際には還元するという形ではなく、通話料、通信量を下げるという施策に利用しなさいということです。

全員が公平に携帯電話を持てるようにしましょう。ということなのです。

表立っての理由はそのとおりです。

競争原理に反してる

既契約の人ははっきりいいますが、競争に巻き込まれたくない人達のことです。

MNPをしたら機種変更するよりも安価に携帯電話を所持出来るなんてことは、ここ最近通説です。

店員に聞けばすぐに答えてくれると思いますし、ネットなどで検索してもわかるわけです。

当然世の中にはネットのないし、今のままでいいという人も大勢います。

私達の周りにもいます。高くてもいいから今のままでいいという人。

MNPしたらお得ですよ!ということを教えてあげるのですが、面倒だから今のままでいいと言われます。

結局そのように競争から逃れている人を救っているだけなのです。

競争の原理からするとおかしくないですか?安くなることがわかっているのにその競争に入ってこない人を救おうとしているのが今の総務省の政策です。それに対してドコモがキャッシュバックを行わないと反応したのです。

別にキャッシュバックが行われなくてもいいです。端末を安価に買う方法を教えてほしいのです。

これが私の本音ですね。正直いいますが、MNPを今まで繰り返してきた人がいきなり10万円ほどの端末を購入するとは思えないのです。

その人達はさらなる安価なものを買い求めるのです。結局マクロで見た場合には全体的に携帯電話の市場が縮小するのでは?と思います。

キャッシュバック対策 今後はコンテンツを大量に投入?

キャッシュバックが今後なくなるという噂はかなり出ておりますが、キャッシュバックがないと携帯電話は売れません。

またMNP一括0円でないと携帯電話は売れません。という構図を作ってきたのは携帯電話業界自身なのですが、キャッシュバックがなくなることにより、代理店はかなり痛くなるのです。

キャッシュバックがないと携帯電話が売れません。携帯電話が売れないということは収入もなくなるわけです。

代理店にとってキャッシュバックは死活問題

代理店にとってキャッシュバックは客を見つけるツールでもあるのです。キャッシュバックがあるから契約するという人が非常に多いわけです。

そう考えるとキャッシュバックがなくなるということは、代理店としては客を呼びこむツールがなくなるのと同じになるわけです。

今考えてみるとキャッシュバックがなくなるということは、携帯が売れません。携帯が売れないということは契約が動かないということになり、残念ながら代理店は一切儲からなくなるわけです。

それでもキャッシュバックを付けたいという代理店の思惑はコンテンツになってくるわけです。

コンテンツいわゆる有料コンテンツになるわけですが、有料コンテンツを付けることにより、キャッシュバックを付けられる可能性があるわけです。

コンテンツ1つに付き1000円のキャッシュバックを付けるということも可能です。

しかもそのコンテンツは3ヶ月縛りを付けられたりする可能性もあるわけです。

そう考えるとキャッシュバックを付けるだけで実は毎月の費用はかなりかかるということも考えられるわけです。

今後そうしないと携帯が売れないという状況になる可能性もあると思いませんか?

契約してくれたことによるキャッシュバックよりも色を付ける為のキャッシュバック

まさにそれは本当に色を付ける為のキャッシュバックということになります。

いわゆるコンテンツモリモリというやつです。コンテンツに関しても、50個とか今後あるかもしれません。

代理店は一括インストールツールなどを投入してくるかもしれません。

それくらいしないと売れないのです。50個のコンテンツを入れて5万円キャッシュバックなども十分考えられるわけですね。

そうなると嬉しくないのは消費者ですが、それでも条件は他社よりよく見えるわけです。

条件はWebに書いて、twitterだけで告知を行うという代理店もここ最近非常に増えてきました。

確かにキャッシュバックの条件は非常にいいのですが、トータル的にみるとどうなの?と思うようなものもたくさんあります。

今後はそのような業者をどのように対策するかですよね。

スマホのキャッシュバックから維持費を抑える MVNOに徐々に移行

スマホのキャッシュバックがここ最近かなり増えてきております。

12月ということもあって、年末商戦まっただ中といったところではないでしょうか。

本当にキャッシュバックは多いと思いますが、今後はこのキャッシュバックも縮小傾向にあります。

総務省のせいで

総務省はキャッシュバックを消費者に多く与えているので、そのキャッシュバックの原資を長期利用者に充当しなさいというような要請をしているのです。

確かにキャッシュバックは販売促進費ということで、かなり出ております。

残念ながら長期利用者の支払ったお金を原資にその販売促進費というものを出しており、確かに一理あると思います。

しかしながら企業は競争も必要なのです。キャッシュバックがあるから契約するというような消費者も結構多くいると思います。

そういう消費者にとっては、キャッシュバックがないから契約しないという構図が現れるのです。

要するにキャッシュバックがあるから契約するということは、キャリア側はよくわかりませんが、新規契約に伴う手数料やスマホが売れるということに対してはメーカーも含めて儲けることが出来るのです。

本当にそんなことをして大丈夫なのでしょうか?

キャリアはそれでも儲かる

長期利用者の利用料金を安くしてキャッシュバックを減らすということで、費用の按分が出来るだけなので、キャリアは今まで通りの儲けはそれなりに確保出来るのです。

しかしながらそうなるとモノが売れなくなるということで、代理店やメーカーは本当にしんどくなることは間違いありません。

キャリアだけが儲かる仕組みになっているのです。

それでいいのでしょうか?総務省はそこまで議論しておりません。

単純に利用者の負担が大きいという理由でMNPによるキャッシュバックが多いのを減らしてその分を長期利用者に還元しなさいというだけなのです。

正直なところ経済に関与してきております。

2016年 1月 MNP 一括0円 キャッシュバック情報

2016年に入り、キャッシュバックなどの情報がどのようになったのか紹介したいと思います。

キャッシュバックがなくなると言われておりましたが、キャッシュバックはなくなっておりません。

ありがたい誤算

新春特価ということで、ありがたいことにキャッシュバックは健在ということは、消費者としては非常にありがたいことではないでしょうか。

しかしながら今後はこのキャッシュバックが減っていく傾向にあると思われます。

今月で一番いいと思われるのは、1月の3連休の時だと思われます。

その頃がキャッシュバックが一番いいでしょう。その後はどんどんキャッシュバックは減っていくのではないでしょうか。

総務省からのお達し

総務省からのお達しがかなり厳しくなってくると予想されます。

総務省はキャッシュバックを減らして、それを原資に機種変更の顧客を守りなさいということを推奨しているようです。

機種変更とMNPではまったく条件が違います。

それこそ端末代金が一括0円ということやキャッシュバックを入れるとそれこそ10万円以上の差が生まれるのです。

10万円以上の原資を機種変更の支払いからMNPをする人に対して販売奨励金という形で出しているのです。

このままで本当にいいのか?ということですが、それを改善する為に総務省は各社へお達しを出しているわけです。

それにより各社はキャッシュバックを今後減らすことを余儀なくされているようなのです。

そのため1月の前半が一番よくて後半に入ると学割も始まりますが、イマイチ落ちてくるのではないでしょうか。

機種は何がお得?

やはり一番いいのはiPhone6ではないでしょうか。iPhone6はかなり条件もよくなっているので、非常に条件としては整っていると思います。

1台あたり5万円くらいのキャッシュバックがある店も結構ありますよね。

そう考えるとiPhone6は結構お得な案件であることは間違いありません。

特にドコモのiPhone6は結構高額キャッシュバックを実施しているケースが多いですね。

いくならドコモのiPhone6にMNPするのが一番お得でしょう。

本当に2016年はキャッシュバックが非常に良かったです。2018年頃からキャッシュバックは本当になくなってきましたね。

携帯電話の中古市場が盛り上がる 新品未使用が減り 本当の中古が増える

携帯電話の中古市場というのがこれから盛り上がりを見せるということのようです。

昨日ドコモがキャッシュバックを廃止にするというニュースがありましたが、それに伴い新機種がかなり高くなってしまいます。

今後は恐らく実質価格という見せ方に関しても減っていくように感じますので、残念ながら新機種はそれほど売れなくなってくるでしょう。

それこそ一部のマニアなユーザーが購入するか富裕層が購入するかです。

新機種が売れない変わりに中古市場がもりあがる

新機種がこれから先はそれほど売れなくなってしまいますが、携帯電話はすでに成熟期に入ってきております。

2年くらい前の機種であれば、十分使うことが可能なのです。

しかしながら気になるのはバッテリーの持ちです。ここ最近のスマホはバッテリーの交換が出来ないものも結構出ておりますが、バッテリーの持ちさえ気にならなければ2年前のモデルでも十分使えます。

そういうことを考えると新機種の購入が金銭的に苦しい人でも旧機種を所持することが可能になるのです。

海外ブランドの新機種

それこそフラッグシップモデルではなく、海外のスペックを落としたSIMフリーの機種が今後はかなり売れていくのではないでしょうか。

現在は知名度が非常に低く、それこそわかっている人でないと購入することはしないと思いますが、今後はなぜフラッグシップモデルがそこまで高いのか?と疑問に感じる人も非常に多くなってくると思います。

そう考えれば、量販店などで、安価なスマートフォンでもいいから購入しようと思う人がどんどん増えてくると思います。

当然ながらMVNOのSIMを利用することが可能なので、今よりも安価に携帯電話を維持することが可能になるのです。

iPhone6sは乗り換え 一括0円 キャッシュバック付きは付くのか?

iPhone6sを欲しいと思っていますが、複数台同時でのキャッシュバックは付く可能性があります。

現在実施しているキャンペーンとしてauにはなるのですが、iPhone6とiPhone6sとのセットでMNP一括0円 キャッシュバックというものは実施している店もあるようです。

iPhone6sをMNP一括0円で買う

iPhone6sをMNP一括0円で購入するとメリットは結構あります。なんといってもiPhone6sは通信費の割引が大きいからです。

ドコモは月々サポート、auは毎月割、ソフトバンクは月月割という名称ですが、2年間は非常に安価にiPhone6sを維持出来るのです。

MNP一括0円で購入するメリットというのはそれだけではありません。

極端な話端末代金の支払いは終わっているので、端末代金がないということはiPhone7が発売された時にもすぐにMNPや機種変更がしやすくなるのです。

支払いがあれば、残債を払わされるわけですが、それがありません。

残債が仮に3万とか残っていたらそれを含めて一括で払う必要があるのです。携帯電話は2年間持つことを前提に契約されていることが多いので、分割で購入すると2年以内の機種変更などを行うと分割金の残りを払う必要があるわけです。

それがないということは非常にメリットがあることだと思います。

iPhone6sはAndroid機種よりお得

Android機種はこの毎月の割引の措置というものがあまりありません。

ないわけではないのですが、やはりAndroidよりもiPhoneのほうが毎月の減額は大きいのです。

そういう意味ではiPhoneにMNPをするほうがお得なケースが非常に多いということになります。

さらにキャッシュバックまでもらうことができれば本当にお得なことは間違いありません。

検討の余地ありではないでしょうか。

MNPのタマにする格安SIMの運用 音声通話ならOKなことが多い

MNPのタマに格安SIMを利用するというケースも結構増えてきております。

とはいうもののここ最近はMNPはそれほど儲からないということが通説になってきているので、儲けるのではなく少しでも安く維持するということを目的にしている人も多いと思います。

これから先はMNPは儲からない

今後総務省が色々なガイドラインを出そうとしており、これから先は本当に儲けるということは難しくなると思われます。

儲けられないなら少しでも安価に維持したいと思うのが人情です。

なぜ儲からないのか?ということですが、儲からないというかMNP一括0円での販売も今後なくなると思われ、実質0円での販売もなくなるといわれております。

いわゆる今後は回線と本体が分離になる可能性が非常に高いのです。

1つの回線で仮に毎月5000円払うとします。端末代金が2年間支払うことで、毎月3000円が本体代金だとします。

そうなるとトータル8000円が毎月の利用料です。

それが2年経つと5000円になるのです。どうです?

2年以上維持しようと思いませんか?今後そうなっていく可能性が非常に高いのです。

2年間限定の通信費割引の意味がわからない

元々ソフトバンクが始めたのですが、2年間限定で通信費の割引を現在は行っております。

それの意味がわからないという人も多いでしょう。

実はその意味がわからないのは私もです。なぜ機種を購入した時にしか割引が発動されないのか・・・

機種の分割が終わったら、元の料金に戻ります。元の料金が不正な料金では?と思いますよね。

そのあたりが落とし穴になっているのです。よって2年後通信費があがるなんてことも普通に考えられるのです。

その場合は端末を一括で購入した場合だと思いますが・・・それでも正直それはないわ〜と思う人も多いと思います。

私もその一人です。

回線と端末が分離

これが自然な形でしょう。端末を回線の分離をしないと回線代金が高いままですからね。

今後は分離がメインになると思われます。

iPhone6 アイフォーン6の買取価格が下落中 ゴールドの買取価格は?

iPhone6の買取価格が下落しているようです。

ほんの1ヶ月前くらいまでは5万円近かったわけですが、今は4.5万円ほどまで値下がりしております。

ドコモ版が一番安い?

ドコモ版が一番安くなっているようで、約4.5万円ほど。この4.5万円というのは一番高額な買取をしてくれる店でこの程度の価格なので、安価な店なら4万円前半くらいではないでしょうか。

それくらい価格が下がってきております。ちなみにゴールド以外の色なら3000円ほどの減額になります。

それで4万円前半といったところでしょうか。

非常に安くなってきております。

au、ソフトバンク版は?

4.7万円ほどでの買取価格なので、まだ割りと高めをキープしておりますが、これに関してもわかりません。

今後値下がりがあるのかどうかといったところでしょうか。

こちらもゴールド以外は3000円ほど減額があるようです。

ここ最近各社iPhone6の安売りが目立ちます。

特にauとドコモはかなり安価に販売をしております。

維持費を考えるとそれなりに高くなるわけですが、売らずに使うことを前提に考えるとまだ条件はよいほうです。

1年くらいならキャッシュバックをもらうことで実質0円に近い額で運用出来るのではないでしょうか。

今ひょっとしていいのは、ドコモ版のiPhone6を高額キャッシュバック付きで購入して、それを売って、それを原資に中古のドコモ版の機種を買うという選択肢も悪くないと思いますね。

一度そのようなことも検討されてみてはいかがでしょうか?

ソフトバンク MNP 一括0円 は悪い業者が転売するから? 転売は適法で

MNP一括0円で販売するのは価格競争の為、仕方なかったという発言がありました。

MNP一括0円で機種を購入して、転売するというような業者が後を絶たないということですが、実際はMNP一括0円で、優良顧客もかなり獲得したはずです。

そしてなんといってもMNP一括0円でないと端末が売れないということも原因の一つになっていると思います。

他キャリアの話ですが

あるキャリアの人の話ですが、端末の販売割合ですが、MNPでざっくり4割で新規が2割、機種変更が4割くらいということです。

普通に考えてみてください。携帯電話が発売されて新しい機種が欲しいと思う人はすでに携帯を所持している人達なのです。

そのうちの4割は機種変更ですが、残りの4割はMNPを使うわけです。

これはあくまでざっくりとした話なので、絶対とはいえませんが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました