36回払いがスマホの支払いでは普通になってきた 3年に1度の機種変更がおすすめ?

 

スマホを購入する時に最近は36回払いが普通になってきたように感じます。36回払いということは、3年に渡りスマホの分割料金を払い続ける必要があります。以前から割賦販売をしていても24回払いがスタンダードでしたが、最近は36回払いというものがスタンダードになってきています。
36回払いというのは、かなり長い間支払いを続ける必要がありますが、本当にそれがお得なのでしょうか?

 

36回払いでないと購入できない人が増えた


36回払いにしないとスマホの購入ができない人が非常に増えてきたということが、原因の一つのようです。本来ならキャリアとしてはスマホの販売を促進するため、36回払いなど指定しないはずです。
本来なら24回払いにして、2年経過したらスマホの買い替えをすすめるというやり方が今までは一般的でした。そのほうがメーカーは2年に1度売れるため、ありがたいことだったのですが、それが36回払いになったことにより、スマホの販売台数というものが、減ってきていることは間違いありません。
[box class=”blue_box” title=”スマホの支払いが36回払いになった背景
・スマホの販売価格が高くなった
・同じキャリアを少しでも長く維持してもらいたいキャリア側の思い[/box]
これらが背景にあるかと思います。24回払いなら2年に一度MNPいわゆる他社への乗り換えをされてしまう可能性がありましたが、36回払いを指定するとさすがに料金の支払いが終わっていない時に他社へMNPをする人は少ないだろうとうキャリア側の思惑です。
そのため36回払いを指定することにより、少しでも同じキャリアを契約し続けてほしいというキャリア側の思いもあるかと思います。
続いてはスマホの販売価格が高額になったということがあげられます。
スマホの販売価格が高額になったということは、24回払いで仮に5000円の分割料金を払っていたとしても、12万円のスマホ代金です。それが機種によっては15万円などと非常に高額なスマホも出てきました。15万円となると、24回で割ると、6250円となり、非常に高額な分割金となるわけです。
それが36回払いになると、4167円と少しは安く感じるわけです。
それが10万円のスマホだったとするならどうでしょう。
36回払いの場合、2778円となり、24回払いなら4167円となります。この時にやはり2778円毎月本体代金として乗るくらいなら購入しようかな?という気になるわけです。
支払い額のトータルは変わりませんが、ローンの期間を長くすることにより、それだけ毎月の維持費を安くすることが出来るのです。そういうことで、スマホを少しでも長く持ってもらいたいという、キャリアの思惑もわかったかと思います。

ローンを組んでも年率0%

実は携帯電話の割賦というのは、年率0%となっており、いわゆる借金をしているにも関わらず、利息が発生しないことが特徴となります。本来なら借金をするときというのは、利息の支払いが発生するのです。それは知っている人も多いと思います。
その利息がかからないということで、それだけでも実はメリットがあるのです。
現金一括で支払うことができたとしても、36回払いを組んで年利0%で支払うほうが利用者としてのメリットはあります。なんとなく借金していることが嫌という人もローンを組めるのであれば、割賦支払いにしたほうがメリットがあるのです。
単純に10万円の機種を一括で支払ったとして、10万円が手元から消えるのです。その10万円があれば3年間運用できたとして、運用益があった場合そちらのほうがメリットがありませんか?
銀行の利息でも10万円あれば、微々たる利息だけはつくはずです。(どうでもいいレベルかもしれませんが・・・)それでもわざわざ後払いを許してもらえているのに現金一括で払う必要はないわけです。
携帯電話の割賦の仕組みというのは、利息が発生しないというだけでも素晴らしい制度なわけです。
ぜひ利用してみましょう。
[colwrap]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[col3][/col3]
[/colwrap]
ただしリスクもあるわけです。しかしながらこのリスクというのは、気持ち的なリスクとなっています。36回払っている最中に他に欲しい機種が出てきた場合、ローンがあるからという理由で買い替えを躊躇してしまう可能性も出てくるわけです。それがすでに現金一括で支払っているのであれば、また買えばいいかな?と思うこともあろうかと思います。そのような気持ち的なリスクがあるわけです。ただしローンを組んでいるから我慢しておこうといういい意味でのリスクもあるわけですね。
それは人それぞれの考え方であるため、なんとも言えませんが、個人的には割賦購入で問題ないかと思います。

確実に支払いは行う

ローンを組むということのリスクというのは、確実に支払いは行うということです。
実はスマホをローンで購入したが、支払うことをしなかったというケースが結構あるようです。
いわゆる借金のある間というのは、支払いを確実に行うということが必須となります。
ローンを組む=借金をするということになり、そのローンを返済することができない場合(遅延も含む)携帯電話がストップされます。
携帯電話がストップされるだけならいいのですが、支払いをしなかった場合、今後契約しようと思っても、契約できなかったりするのです。
今後他社を含めて割賦を組んで携帯を契約しようと思っても契約させてくれないケースがあるのです。
いわゆるブラック入ということになります。ブラック入をするとかなり厄介です。
ブラック入することで、他社含めて契約できなくなります。そのため確実に支払いは行いたいと思います。
確実に支払いを行うことで、ブラック入は回避することが可能です。3年間のローンというと割と長めに感じる人もいるかもしれませんが、ブラック入をすることで、今後携帯を分割で購入できなくなるというデメリットを考えると間違いなく支払いは行いたいところですからね。
ローンは非常におすすめしたいし、メリットも大きいのですが、やはりそういうデメリットもあるのです。ローンならお金がなくても買えちゃうので、とりあえず買ってしまったという場合には、デメリットになってしまいますからね。
そうならないように確実に支払いは行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました