ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

RAM ラム に書いてある 2GBや3GBや4GBって何? 多いといいの?

「RAM」という言葉を聞いたことありませんか?

RAMというのは、パソコンやスマホの世界ではかなり出てくる用語です。

このRAMというものは多いものと少ないものがあるわけですが、実は多いに越したことはありません。

同じ見た目で、このRAMが多いものと少ないものであれば、確実に多いもののほうがお得です。

どういうことかというとRAMは机にあたります。

自分が勉強しているとしましょう。

自分はCPUです。いわゆる頭脳です。物事を考えたり、仕事しようと思うと机が必要ですよね。

机が必要ですが、子供用の机と大人用の机ならどちらが仕事しやすいですか?

当然ながら大人用の机のほうが広くて大きくて使いやすい。

頭脳の周りには大きな机があると非常に便利なのです。小さい机なら残念ながら仕事はしにくいわけです。

それがRAMというものです。メモリを言われるものですが、頭脳を動作させる為にはプログラムなどをメモリ領域 いわゆるRAMに展開するわけです。

展開するエリアが小さいと頭脳が賢くても、展開するエリアの狭さで仕事がしにくい状態を作り出します。その時には当然ながら仕事が遅いすなわち処理速度が遅くなるわけですね。

そう考えると大きいほうがいいと思いませんか?ある程度の頭脳でもそれなりの大きなRAMを持っていれば、それなりに処理することが可能なのです。

ちなみにiPhone6は1GBのRAMです。それに引き換え、Androidは2GB〜3GBのものが主流です。

それならiPhoneは優れていないのか?ということになりますが、スペックだけ見ればそうなりますが、その頭脳を動かすためのソフトウェアが非常に賢いので、実は大丈夫なのです。

機械的な容量とソフト的なことが合わさってスマホなどが動作しているので、一概に多いといいということは言えませんが、同じOSなら大きいほうが動作はしやすいということだけでもわかっていただけたでしょうか?

大容量RAMを搭載しているモデルの販売も開始

パソコンでは4GB〜8GB程度のRAMの容量が一般的ですが、スマホでもそれくらいのRAMを搭載しているモデルの販売が開始されます。

2019年に入りハイスペックモデルに搭載されているRAMの容量というのは6GB以上のモデルも販売されるなど、かなりの大容量となっております。

基本的には大容量のRAMを搭載したモデルというのは、快適に動作させることが可能となっております。

複数のアプリを同時に立ち上げても全く問題なく動作させることが可能です。

とはいうもののRAMの容量だけが多くても快適に動作できるとは限りません。

スマホはいわゆるコンピュータなので、コンピュータとして重要な頭脳部分もあります。頭脳部分に関しては、やはりCPUが重要になります。

CPUの能力が高いモデル+RAMの容量が大きなモデルが一番動作速度も早くなるわけです。

動作速度が早いのはCPUの能力に比例するわけです。動作速度が早いモデルは総じてRAMの容量も大きくなるわけです。

そのようなハイスペックモデルを欲しがる人が多いわけです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。