悲報 最近の若者はガラケーの使い方がわからない 電話の仕方 メール入力はどうする?

わたしはガラケーからケータイを持っていたのですが、最近の若い人はガラケーの使い方がよくわからないようです。

最近若い人と話す機会があり、ガラケーについて話していました。

ガラケーの存在は知っているものの、使い勝手がよくわからない・・・・と言われてしまいました。

ガラケーは電話 メールに特化した機種

ガラケーで通話は出来るものの、メールに関してはよくわからないといいます。

直感的に入力出来るようですが、基本的にはガラケーでは出来ることが非常に少ないということで、ガラケーは電話としては使えるものの、基本的に使い勝手も悪く持つ意味がわからないと言われました。

ガラケーというのは電話としては非常に使い勝手もよく、本当によくできていると思います。

いわゆるパカパカのガラケーというのは、わたしがまだケータイを所持し始めた頃はそれほど多くはありませんでした。

ストレート携帯のほうが断然多かったのですが、今ではガラケーというのはパカパカがメインです。

ストレート携帯というのはシンプルで非常に安価なものしか存在しません。それでも非常に電話としては優れているのです。

そんな非常にシンプルな構造のガラケーの使い勝手がよくわからないのか・・・非常に疑問に感じました。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

ガラケーでは出来ることが少なすぎることが原因

ガラケーではスマホに比べて出来ることが非常に少ないことが原因の一つかと思います。スマホを所持している人はアプリを介して色々なことができます。

いわゆる機能追加というものがアプリを通じてすぐに出来るのです。

ガラケーではおそらく電話メールは出来ても自分のやりたいことがやりにくいということがガラケーは使いにくいという原因の一つかと思います。

昨今ではガラケーからスマホへ切り替える人もかなり増えてきております。

そういうことを考えるとやはりスマホからガラケーへの乗り換えという人は非常に少ないと思います。

これからの時代はスマホ時代へ確実に突入していると思います。

また最近ではパソコンを利用出来る人が非常に少なくなってきたということもあげられると思います。

スマホがあればある程度のことは出来ると考えている人もかなり多いと思いますので、スマホ一色といった感じです。

スマホは確かに便利ですが、たいていのことはスマホで事足りるため、パソコンも不要という人が多いと思いますが、スマホコンテンツやアプリを制作する側の苦労はかなりのものかと思いますね。

アプリなどを製造する側のがんばりが今のスマホ時代を迎えていることはいうまでもありません。

フリック入力が浸透しガラケーの打ち方がわからない

フリック入力というものが浸透しており、ガラケーでの入力の仕方がわからないという人が結構いるようです。

ガラケーというのは基本的にメールと電話に特化している端末です。

そのため余計なアプリなども入っておらず、電話及びメールをメインに考えている人はかなりオススメできるわけです。

ガラケーというのは過去の遺産だと思う人も多いわけですが、ガラケーはすでに中古市場でしか購入することができません。

その理由というのは、セキュリティ的な問題です。

ガラケーを今後開発し続けるのであれば、OS部分をトロンOSからAndroidに変更するほうがセキュリティ的なメリットがあると判断したのかと思います。

ガラケーを知らない世代というのはどんどん増えていくと思いますが、そういうもんだということを認識しておきましょう。

ガラケーは今後本当になくなるかも

ガラケーというのは今後本当になくなるかもしれません。

すでにガラケーの中身というのは、ガラホといってAndroidになっているのです。

そのためガラケー自体の中身はAndroidとなっており、見た目がガラケーっぽいというだけです。それだけの理由でガラケーを維持していくというのは、キャリアとしてもかなり辛いでしょう。

見た目がガラケーのような感じになっているだけで、実は同様のスペックの機種と比較してもガラケーのほうが高いのです。

スペックがガラケーと同じくらいの、Androidスマホならさらに価格は安価に販売することができるのです。

そういうこともあり、今後はガラケーというジャンルは本当になるくなると思われます。ドコモに関しては3Gの通信いわゆるFOMAの新規受付も終了します。

そのため新しくガラケーを所持することも出来なくなるのです。そいうことを考えると、ガラホいわゆるガラケータイプのものというのは、どんどん不要になることは間違いないでしょう。

スマホだけの時代はもうかなりそこまで来ているのです。

ガラケーからガラホに

ガラケーからガラホに変化しました。ガラケーとガラホといっても、見た目はあまり変化がありません。

見た目はさほど変わりませんが、実際には見た目以上に中身はまるで異なるのです。

実はガラホの中身というのは、Androidなのです。Androidにカスタマイズが施されて、見た目はガラケーのようですが、中身はAndroidなのです。

なぜそのような方法をとったのかというところですが、ガラケーは今後縮小方向に向かっていくことは間違いありません。

そういうことを考えると、ガラケーを継続して開発していくことが、今後は困難となります。

その時に技術者が少なければ、ガラケーの開発も止まってしまいます。Androidなら技術者がわりと潤沢に確保することが出来るのです。

それならAndroidをカスタマイズするほうが、企業にとってもメリットがあるということです。

そのためガラケーからガラホと呼ばれるものに移行していきました。

このようにガラケーというのは、もう日本で販売されることはありませんが、ガラホなら一定のニーズが見込めるため、ガラケーからガラホになるのです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。