MVNO 格安SIM は2台持ちや3台持ちがベスト 1台目をガラケーに機能分散

MVNOという言葉が最近非常にメジャーになってきました。

一体なんなんでしょう?と思っている人も多いと思います。

MVNOというとどうも安くネットを使えるということは聞いたことあるけど・・・

という人がほとんどだろう。

本当に安く使えるのか?なんてことも思っている人は多いでしょう。

今使っている携帯をどうすればいいの?なんてことも考えないといけないはずです。

やはり私がオススメしたいのはMVNOで新たに2台持ちということがいいと思います。

今使っている機種がスマホならガラケーにしましょう。

いわゆる電話機能は電話機能だけにするのです。

そしてネット閲覧やゲームなどはすべて、MVNOの契約した時の機種にするのです。

今はMVNOとして販売する時に、本体も同時に販売してくれます。

ということは本体も同時に購入して、今の携帯をガラケーに機種変更するのです。

そうすると本体代金を除いて、MVNOが約1000円ほどで所持することが可能です。

この2台持ちをすることにより、万が一片方が故障してもなんとかなるなどの安心感も生まれます。

是非2台持ちも含めて検討してください。

 
スマホを事務手数料無料で買う方法

メインがガラケーの人はまだ多い

実は筆者のメインケータイはまだガラケーでした??過去はガラケーとスマホの2台持ちでした。

信じられないかもしれませんが、通話をするなら一番やりやすいのがガラケーなのです。

そしてなんといってもバッテリーの持ちが素晴らしい!ということで実は使い続けているのです。

定期的に再起動はするものの、それでもやはり便利なことは間違い有りません。

というわけでメインにガラケーを利用している人もかなり多いと思います。

今回はガラケーをメインに利用されているかたが多いということで、これからスマホへの機種変更を行う人も多いt思いますが、一度考えたほうがいいと思います。

それはやはり格安SIMを利用するという手があるのです。特に年配の人はガラケーしか持っていないという人も多いと思いますが、そういう人はこれからスマホへの機種変更を考えている人も多いでしょう。しかしながらそれはもったいないことなのです。

一度MVNOを挟んでおきましょう。ということで、これを見るのは年配の人はこのページを見ないと思いますので、お子さんがこのページを見たらぜひ年配の両親におしえてあげましょう。

ということで、安価なMVNOをお伝えしたいと思います。このサイトでもかなり安価なMVNOを紹介しておりますが、ここ最近は本当に安価かつ非常にいいMVNOが色々出てきております。

そういうことからMVNOを選択するには何がいいのか伝えてみたいと思います。

LINEはしたい

年配の人でもLINEはしたいと考えている人はかなり多いでしょう。

このようにLINEモバイルを利用するということは非常に有効だと思います。

機種も同時購入することが可能なので、ぜひこういうSIMを準備してあげることをオススメしたいと思います。

それ以外にも色々な格安SIMというものは存在します。

UQ mobile

mineo

b-mobile

これらがかなり安価に購入出来る格安SIMかと思います。ぜひ一度検討してみるのはどうでしょうか。

複数台維持するほうが安いなんてありえない

複数台の契約をすることで、毎月の維持費が安くなるなんてありえないと思っている人も多いと思いますが、そんなことはありません。
複数台所持することで、毎月の維持費を下げるということは可能なのです。
毎月のスマホの維持費って相当高いと思っている人も多いはずです。
維持費を少しでも下げる努力って今までしたことありませんか?
キャリアを変更することで、毎月の維持費がこれから継続的に下がっていくのです。

2020年に入り、携帯電話料金を下げるなんてことが言われておりますが、携帯電話料金を下げるといっても5000円弱のプランが出てきた程度です。
実はそこまで下がっているわけではないのです。
スマホの維持費を下げるためには、キャリアと契約するというわけではなく格安SIMを利用して毎月の維持費を下げるということがもっとも良い手立てとなることは間違いありません。
スマホの維持費を下げることができる唯一の手段というのは、今の契約を見直すということになります。
今の契約を見直すということは、なかなか勇気のいることかもしれませんが、見直さないと何も始まりません。
ネットには色々な情報があるので、それを一度見てみるのもいいかと思います。

通話だけならガラケーのほうがしやすい

通話だけならガラケーのほうがしやすいことは間違いないと思います。
ただ普通のガラケーというものは、今は販売されておらず、基本的にはガラケーというのは、ガラホと呼ばれるものになりました。
ガラホというのは、LTE回線を利用したガラケーのこととなります。最近はそれと通常のスマホを利用した人が増えてきているのです。

ガラケーは通話だけをするのであれば、かなりメリットがあるかと思います。
2台持ちは年々する人は少なくなってきているのかもしれませんが、MVNOと組み合わせることで、安く維持ができるというメリットがありますので、そこは検討してもいいのではないかと思っています。

2021年に入り1台持ちでも安い

2021年に入り3月には新しい料金プランが色々出てきます。

au 新料金プラン povo ポヴォ ポボ メリット デメリット テザリング オプションなどはどうなる? 2728円で20GB
auから新料金プランが登場というニュースが入ってきました。1月13日にも発表されるということで、業界では激震が走っていると思います。 とにかく安価なプランとなっており、auを契約している人ならかなりの人が乗り換えるような契約なのではないか...

こちらpovoですが、業界最安値の価格設定となっています。2480円と非常に安価な価格で提供されています。
ここまで安価な価格設定であれば、1台でも十分ではないかと思います。
スマホ2台持ちをしている人も1台の料金プランで全く問題なく行けると思います。

ただし問題はキャリアメールです。キャリアメールを利用している人ならその問題は解決することが出来ません。

キャリアメールはahamo povoなどで完全に不要に LINEやgmailを利用しMNPをしやすく
キャリアメールと言われるものは知っている人も多いと思います。キャリアメールというのは、@docomoや@gmailと呼ばれるものです。 これらのメールを利用する人が年々減っている傾向にあると思われます。 キャリアメールは契約しているキャ...

こちらを見てもらいたいのですが、キャリアメール問題です。キャリアメールを利用する人がまだまだ世の中にはかなりの人がいると思います。

名刺などにもキャリアメールを入れている人が結構いるので、そういう人は残念ながら、2台持ちは継続されてしまうのかも知れませんね。
昨今2台持ちは非常に少なくなってきており、LINEなどでコミュニケーションを取る人が多いので、キャリアメールは不要だと感じる人も結構多くいるのです。
そういう人なら特に問題ありませんが、仕事のメールをキャリアメールでうけているという人も結構多いので、そういう人はpovoやahamoへ移行することは結構難しいですからね。

タイトルとURLをコピーしました