GALAXY ギャラクシー S11 Note11 予約 日本 最新情報 特集 まとめ スペック 価格 新機能

GALAXY 特集ページ

GALAXYシリーズは世界的に販売されているSamsungのフラッグシップモデルです。世界的にも知名度が非常に高く、GALAXYシリーズというのは品質及び信頼性においても非常に高いスマホとなっています。

日本からはドコモ、auからの発売となっています。ドコモ、auユーザーなら一度は検討したことのある機種も出てくるのではないかと思います。

日本ではGALAXYシリーズというのはSシリーズというものとNOTEシリーズの2つの大きなモデルの発売が定期的におこなわれております。

夏モデルではSシリーズ、冬モデルではNOTEシリーズと交互に販売されています。

Sシリーズというのは、GALAXYシリーズのフラッグシップモデルにあたる機種となっており、NOTEシリーズというのはそれの派生系のモデルです。

ベースのスペックは夏モデルとして発売されるGALAXY Sシリーズとほぼ同じ性能でGALAXY NOTEシリーズの発売が行われます。

Galaxyシリーズはドコモ auで購入可能

Galaxyシリーズは、ドコモ及びauから発売されているモデルとなっています。

オンラインショップで予約を行うことも可能となっています。Samsungから発売されるスマホというのは、予約特典が非常にいいと思います。

Galaxy S10の時はGALAXY BUDSのプレゼントがありました。

いつも2万円ほどのプレゼントをしてくれるので、予約購入は非常にメリットがあるかと思います。ぜひ検討してもらいたいですね。

GALAXY Sから現在まで

GALAXYシリーズは日本ではGALAXY Sから発売を行っております。GALAXY Sというのはドコモから発売され当時としては珍しい有機ELを採用して発売されました。

GALAXY Sというのはそれから継続して販売され、GALAXY S10を2019年に発売するわけです。

すでにGALAXY Sからすると10世代目となるわけですね。日本でも支持している人が多かった為、かなりの人気モデルになったと思います。

今後もGALAXY Sシリーズというのは人気のモデルであることは間違いないでしょう。

GALAXY S12

GALAXY S12 /S12+ ギャラクシーS12 スペック 価格 発売日 レビュー 評価 ドコモ au 日本での発売は?

2019年7月11日

2021年に販売される予定のGalaxy S12です。

GALAXY NOTE11

Galaxy Note 11 /Note11+ ギャラクシーノート11 予約 スペック 発売日 日本 ドコモ au

2019年8月22日

Galaxy Note11は、Galaxy S11をさらにブラッシュアップさせたモデルとなります。

Galaxy Note11では5Gへの対応は、全機種で行われると思われます。Noteシリーズではスタイラスを利用するということが、基本的な利用方法となりますが、スタイラスはNote9の時からBluetoothで繋がれており、スタイラスを利用した便利な使い方というのは、引き継がれる予定となっています。

スタイラスがあると楽しいスマホライフを楽しめるGalaxy Noteシリーズとなっており、通常利用でもスタイラスを利用して手書き文字などを入れることも出来ますし、スタイラスを利用して画面キャプチャーを撮ることも可能となります。

GALAXY S11

GALAXY S11 /S11+ ギャラクシーS11 スペック 予想 ドコモ au 日本からの発売

2019年10月7日

GALAXY S11がどのようなモデルになるのか紹介したいと思います。GALAXY S11が発売されるのは2020年夏モデルとして発売される予定です。

毎年ドコモ、auからはGALAXYシリーズの発売を行っており、非常に人気の高い機種の一つとなっています。

GALAXYシリーズではグローバルモデルという位置づけで、ExynosというCPUとSnapDragonというCPUの2つのモデルが発売されるのですが、日本で採用されるモデルというのはSnapDragonモデルが登場する予定です。

GALAXY S11ではカメラに関しても期待出来るかと思います。GALAXY S10の時点でカメラは3つのカメラを搭載しているわけですから、それ以上のカメラが搭載される可能性も非常に高いと思われます。

5Gへの対応はほぼ間違いないかと思います。5Gサービスの開始は2020年の春ごろから開始される予定です。それに合わせてGalaxy S11は発表されるでしょう。

2020年にGalaxy S11の発売が開始される予定ですが、Galaxy S10からGalaxy S11の進化はどの程度のものになるのでしょうか。今までの流れからすると、Galaxy S9からGalaxy S10へのアップデートではかなり大幅アップデートされた印象でしたが、Galaxy S8からGalaxy S9へのアップデートはそこまで行われた印象ではありません。最近2世代ごとにかなりのアップデートが予想されておりますので、Galaxy S10からGalaxy S11へのアップデートというのは、そこまで大幅アップデートは行われないと思います。

アップデートされるのであれば、Galaxy S12が発売されるタイミングで大幅アップデートが行われると思われます。

GALAXY NOTE10

GALAXY Note10+ 5G ギャラクシーノート10+ スペック 予約特典 発売日 価格 ドコモ au 日本発売は?

2019年10月14日

こちらがGALAXY NOTE10の記事となっています。GALAXY NOTE10では複数の画面サイズのモデルの発売もあり、非常に期待出来るモデルの一つになっていると思います。

Galaxy Note10では、2つのモデルのモデルの発表を行いました。

Galaxy Note10及びGalaxy Note10+の2つのモデルです。両方のモデル共に5Gに対応しており、日本で5Gの通信が開始されるころには通信速度が一番速い機種となることは間違いないでしょう。

モデル Galaxy Note10 Galaxy Note10+
大きさ 151 x 71.8 x 7.9 mm 162.3 x 77.2 x 7.9 mm
重さ 193g 198g
OS Android9.0 Android9.0
CPU Snapdragon 855Plus Snapdragon 855Plus
RAM 12GB 12GB
ROM 256GB 256GB,512GB
画面サイズ 6.3インチ 6.8インチ
解像度 3040 x 1440ドット QHD+ 3040 x 1440ドット QHD+
前面カメラ 1000万画素 1000万画素
背面カメラ 1200万画素+1200万画素+1600万画素 1200万画素+1200万画素+1600万画素+30万画素
カラー オーラグロー,オーラブラック,オーラピンク,オーラレッド オーラグロー,オーラブラック,オーラホワイト,オーラブルー
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 802.11 a/b/g/n/ac/ax
その他 IP68防水防塵、3500mAhバッテリー、指紋認証機能 IP68防水防塵、4300mAhバッテリー、指紋認証機能

こちらがそれらのモデルのスペックとなっています。スペック的には非常に高いスペックとなっており、非常におすすめです。

グローバルモデルではExynosを搭載したモデルの発売も行われますが、日本ではSnapDragonのCPUを採用したモデルの発売が行われます。

Galaxyシリーズというのは、地域向けにスマホを製造しており、その地域に一番マッチしたスマホの販売を行っています。そのためグローバルモデルで販売されたモデルとは若干ことなるケースもあります。

Galaxy Fold

折り畳めるスマホ Galaxy Fold スペック 7.3インチ トリプルカメラ搭載

2019年8月22日
モデル名 Galaxy Fold
寸法 160.8×117.6×6.86
重さ 272g
OS Android 9.0
画面サイズ 7.3” QXGA +ダイナミックAMOLED(4.2:3)/カバーディスプレイ:4.6” HD +スーパーAMOLED(21:9)
プロセッサ SnapDragon855
RAM 12GB
内蔵ストレージ 512GB
microSD なし
カバーカメラ 1000万画素(F2.2)
前面カメラ 1000万画素(F2.2)/800万画素 RGB深度カメラ(F1.9)
背面カメラ 1600万画素 ウルトラワイドカメラ(F2.2)/1200万画素広角カメラ(デュアルピクセルAF、OIS、F1.5 / F2.4)/1200万画素望遠カメラ(PDAF、OIS、F2.4、2倍光学ズーム)
WiFi 802.11ac
Bluetooth v5.0 + EDR, A2DP, LE
Payment NFC, MST
カラーバリエーション Space Silver、Cosmos Black、Martian Green、Astro Blue
バッテリー容量 4380mAh
認証センサー 不明
センサー類 加速度計、周囲光、気圧計、デジタルコンパス、ジャイロスコープ、ホール集積回路(IC)、磁力計、圧力、近接、RGBライト
4G LTE Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 14, 18, 19, 20, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66, 71
その他

GALAXY S10

GALAXY S10+などの 2019年モデル 発表 デザイン 画面サイズ スペック カメラはトリプル 1TBのROMのモデルも

2019年6月3日

GALAXY S10というのは、日本ではドコモ及びauから発売されているモデルとなっております。

3つのカメラを搭載し、パンチディスプレイを採用しました。また指紋認証機能も前面のディスプレイ内部に搭載し、使い勝手が非常にいいモデルとなっております。

グローバルモデルとしては3つのモデルが発表され、GALAXY S10e及びGALAXY S10、GALAXY S10+の3つのモデルが発表されました。

日本ではGALAXY S10及びGALAXY S10+の2つのモデルが発表されました。

 

モデル名 GALAXY S10 GALAXY S10+
寸法 未定 未定
重さ 未定 未定
OS Android 9.0
画面サイズ 6.1インチ 6.4インチ
画面占有率 93.1%
解像度 3040 x 1440 QHD+
ディスプレイ Quad HD+ Curved Dynamic AMOLED
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 8GB
内蔵ストレージ 128GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 10MP、f/1.9 10MP、f/1.9、8MP f/2.2
背面カメラ 1600万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
LTE Cat.20 Enhanced 4×4 MIMO, 7CA
WiFi 802.11ax
Bluetooth v5.0
Payment NFC, MST
カラーバリエーション Prism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue Prism Black、Prism White、Prism Green、Prism Blue、Ceramic White、Ceramic Black
バッテリー容量 3400mAh 4100mAh
認証センサー 指紋認証(画面内蔵)
その他 IP68防水防塵、ワイヤレスパワーシェア

今回この機種の特徴の一つとしてワイヤレスパワーシェアと呼ばれるものが採用されました。このワイヤレスパワーシェアというのは、非常に便利な機能の一つですね。

Galaxy S9からGalaxy S10への進化というのは、かなりのものだと思います。

ここまで進化があれば、相当オススメ出来るのではないかと思います。

Galaxy S9からGalaxy S10への進化はGalaxy S8からGalaxy S9への進化と比較にならないほど進化していると思われます。

あまりにも進化しているので、どうして?といいたくなるレベルですね。そういう意味ではGalaxy S10は買いの機種だと思います。

GALAXY S9 /S9+

モデル名 GALAXY S9 GALAXY S9+
大きさ 147.7 x 68.7 x 8.5 mm/td>

158.1 x 73.8 x 8.5 mm
重さ 163g 189g
OS Android8.0 Oreo Android8.0 Oreo
CPU SnapDragon845 SnapDragon845
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 64GB
画面サイズ 5.8インチ 6.2インチ
解像度 2960×1440ドット 2960×1440ドット
カメラ 1200万画素/800万画素 1200万画素x2/800万画素
カラー Lilac Purple, Midnight Black, Titanium Gray, Coral Blue Lilac Purple, Midnight Black, Titanium Gray, Coral Blue
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3000mAhバッテリー 3500mAhバッテリー

こちらがGalaxy S9のスペックとなっていますが、正直なところGalaxy S8とGalaxy S9というのは、スペック的にはよくなっているものの、正直なところ大きな違いというのは感じられません。普通に部材が新しくなったにしか過ぎないレベルかと思います。

Galaxyシリーズというのは先進的なイメージが強い機種ですが、そこまで強く感じられないということは、ちょっと残念です。カメラ性能に関してもGalaxy S8と比較してそこまで高くなったとは思えません。

Plusモデルではデュアルカメラを搭載しましたが、通常のモデルは残念ながらカメラも1つのままです。

Galaxy S8からの進化がそこまで多くなかったGalaxy S9は見送ってもよかったのかもしれませんね。

Galaxy S8 /S8+

モデル GALAXY S8 GALAXY S8 Plus
大きさ 148.9 x 68.1 x 8mm 159.5 x 73.4 8.1mm
重さ 155g 173g
OS Android7.0 Android7.0
CPU Snapdragon 835 Snapdragon 835
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
画面サイズ 5.8インチ 6.2インチ
解像度 2960 x 1440 ドット 2960 x 1440 ドット
カメラ 1200万画素/800万画素 1200万画素/800万画素
カラー ブラック ブラック
その他 3000mAhバッテリー、IP68、デジタルアシスタント Bixby 3500mAhバッテリー、IP68、デジタルアシスタント Bixby

GALAXY S8 /Plus テレビ フルセグ 画質は? キレイに見れる? 画面は Samsungに期待出来る?

2019年5月20日

Galaxy S8は2019年でもまだまだ現役で利用出来るモデルです。

とはいうもののもう手に入れることが非常に難しい機種となっています。

中古ならまだ購入することが出来るようです。中古価格も3万円そこそこと価格はかなり手頃な感じで購入することが可能となっています。

個人的にはGalaxy S7 EDGEからGalaxy S8に関しては、かなりレベルアップしたと思われます。

Galaxy S7 EDGE

大きさ 142.5×69.5×7.9 ~ 8.7mm
重さ 152g
OS Android6.0
CPU SnapDragon 820 or Exynos8890
RAM 4GB
ROM 32GB/64GB
画面サイズ 5.1インチ/5.5インチ
解像度 2560×1440ドット
カメラ 1200万画素/500万画素
カラー ホワイトパール、ブルートパーズ
ブラックサファイア、ゴールドプラチナ
その他 3000mAhバッテリー、防水

GALAXY S

GALAXY Sは日本ではドコモから発売開始されました。

GALAXY Sシリーズというのは、当時XPERIAシリーズと同時に発売され、非常に人気の高いモデルでした。

GALAXY Sシリーズの発売日は2010年10月28日発売で新色は2011年3月2日に発売が開始されました。