ドコモ 5Gの次世代高速通信をオリンピックに向けて 実験開始

ドコモは次世代の高速通信いわゆる「5G」の実験をスタートします。

すでにドコモは5Gの通信は実験段階ではスタートしておりますが、他社も含めて共同で実験の開始を行います。

パナソニックやインテルという誰もが知っている企業との共同実験です。

5Gって早いの?

5Gが実現できれば、10Gbpsという非常に早い通信速度が実現出来そうです。

あくまで理論値なので、本当に10Gbps出るかどうかは疑問ですが、かなり高速になると思われます。

10Gbpsというのは、自宅のネット回線が100Mbps〜1Gbpsの範囲なので、それからすると10倍〜100倍程度の通信速度になると思われます。

商用利用は?

商用として利用される予定は2020年頃といわれております。

オリンピックを目指しているといわれており、その頃にはかなり高速にインターネットが携帯電話で出来るということです。

心配したいことは?

結局今の料金体系なら高速通信を行ったところで、制限にひっかかる。

結局高速通信をしたところで、通信制限にひっかかる可能性が高いのです。

例えばユーチューブなどの閲覧をしようと思ってユーチューブを開いたとします。

開くのはいいのですが、開いた瞬間に読み込みが完了するという無駄な通信を発生させる可能性もあるわけです。

高速通信になるのはいいことですが、もう少し通信制限を緩和させたいところです。

今の5GBまでの通信などというのも高速通信ならすぐに行く可能性があります。

せめて100GBくらいにして欲しいですね。

高速通信の技術だけ先行して、サービス提供レベルは低すぎます。

100GBは極端かもしれませんが、ある程度たくさん通信出来ないと、ユーザの不満は増すばかりだと思いますね・・・

各社と協力で5Gの体験を開始

ドコモは2018年に入って舵を企業向けにしてきました。5Gの商用実験などを色々開始しているのです。

5GBを使ったドローンなどのサービスなども開始されております。

その時のドローンは4K解像度のカメラを搭載しており、そのドローンからの動画の伝送を5Gにて行うのです。

そういった商用実験などはすでに開始されており、非常に期待されていると思います。

5Gというのは本当に高速通信となっておりますので、今後どのような利用イメージがあるのかdocomoは検討しているようですが、そこまでの高速通信は不要という声もあり、少し微妙な感じもします。

今世の中の求める5G回線の速度がそこまで必要なのかニーズを探っている状況といえるかと思います。

実際のところ無線の通信でそこまで高速なものが本当に必要なのかというところに注目が集まっており、実際にどこような場所でそのようなニーズがあるのか模索中です。

実際には5Gが必要な箇所というのは非常に少なく、今のLTEのレベルでも十分だという感じのようですね。それでも今後さらに高速通信に向かっていくものと思われます。

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする