ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

GALAXY S12 /S12+ ギャラクシーS12 スペック 価格 発売日 レビュー 評価 ドコモ au 日本での発売は?

GALAXYシリーズというのはSシリーズというフラッグシップモデルを筆頭に、日本でもかなり人気のシリーズとなっております。

GALAXY Sシリーズはその中でもフラッグシップモデルという扱いとなっており、世界的にもかなり注目を浴びている機種となっています。

今後GALAXY S12が発売されると思われますので、どのような機種になるのか予想してみたいと思います。

まずはGALAXY S12の発売日などを見てもらいたいと思います。

GALAXYシリーズの予約 購入

GALAXY S12はドコモ及びauから発売される予定となっております。

GALAXYシリーズの中でもSシリーズの人気はすごいです。またSシリーズを予約して購入することにより、GALAXY関連のグッズをプレゼントしてもらえるケースが非常に増えております。

過去には、GALAXY VR Gearをプレゼントしてくれるようなキャンペーンというものもありました。

GALAXY Gear VR 全員に無料プレゼント キャンペーン 本日ラスト au docomoで予約を

2019年4月1日

このようなキャンペーンなどがありましたが、発売日より前に予約をすることで、予約特典というものをもらうことができるのです。

まずはドコモオンラインショップで予約は承っております。

ドコモオンラインショップの特徴として事務手数料の発生がないということです。

事務手数料だけでも機種変更の場合2000円取られますが、それがありません。

ドコモオンラインショップでは頭金もなくお得に契約することが可能です。

ドコモ オンラインショップ メリット デメリット オススメ 機種変更がお得

2019年7月10日

こちらにドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、確認してみてください。

続いてau Online Shopです。

こちらは事務手数料はかかってしまいますが、自宅まで2500円以上の購入で送料無料で送付してくれます。

au Online Shopで発売日より前までに予約をするとこちらも予約特典を得ることが可能となります。

予約特典というのは、非常にメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいところです。

それではGALAXY S12がどのようなスペックになるのか見ていきましょう。

GALAXY S12のスペックを予想

GALAXY S12は2021年にも発売される見込みとなっています。

まずは現行から考えると3つほどのモデルが発売されるのではないかと思います。また5Gにも対応するモデルの発売となる可能性も非常に高いと思われます。

CPUからですが、例年どおりなら2つのCPUが採用されるでしょう。

ExynosとSnapDragonの2つのモデルが登場するものと思われます。まずはExynosモデルからですが、Exynos9840と呼ばれるCPUが採用されるのではないかと思います。

Exynos9820はGALAXY S10にて採用されております。

その次に発売されるモデルのGALAXY S11ではExynos9830が採用される予定となっております。それなら次のモデルではExynos9840になると思われます。

プロセス・ルールは5nmとなる見込みです。

続いてSnapDragon系ですが、SnapDragon875と呼ばれるものが採用される可能性が非常に高いですね。

2019年の終わりにSnapDragon865が登場する予定となっています。

SnapDragon865というのは、基本的に2020年に登場するフラッグシップモデルに対して搭載される予定となっており、2021年に搭載されるモデルならその次のモデルとなるのです。

SnapDragon855が7nmというプロセス・ルールで製造されており、それの次ということであれば、SnapDragon875は5nm程度のプロセス・ルールになると思われます。

今後プロセス・ルールというのは5nmもしくは4nmとさらに細かいプロセス・ルールになります。

続いてはRAMの容量ですが、こちらは10GB以上にはなるかと思います。

RAMの容量というのは年々大容量化されておりますが、5G通信を行うのであればやはり大容量化というのは必須かと思われます。そのためどんどん大容量化されていくのです。

機種によって異なると思いますが、16GB程度のRAMの容量のモデルの発表も行われるかもしれません。

ROMの容量ですが、最大で1TBになるでしょう。すでに1TBモデルというものは販売されているため、1TBくらいが最大サイズということで落ち着くのではないでしょうか。

2TBもの容量がスマホにあってもそこまで利用しない人の方が多いですからね。そういうことを考えると1TBという容量で十分と考えることが普通かと思います。

カメラ性能には期待

カメラ性能に関してはかなりの人が期待するのではないでしょうか。2019年ではGALAXY S10トリプルカメラを採用しております。トリプルカメラというのは、それだけでもかなりきれいに撮影することが可能です。なぜ複数のカメラがあるときれいに撮影できるのでしょうか。当然ですが、カメラの能力によるものもありますが、それだけではありません。
その撮影シーンにより、カメラの性能というのは発揮されるのです。

望遠用のレンズになったり、広角用のレンズになったりということを自動的に行います。そのため基本的には、カメラ性能というのは、GALAXYシリーズに対しては気にする人もかなり多いでしょうね。

カメラの数はさらに増えると予想されますが、4つ程度なのではないでしょうか。5つや6つのカメラがあったとしても、そこまでのカメラを自動的に切り替え利用するということは、それほどないのではないかと思います。

やはり4つ程度でも十分なのでは?と思ってしまいますね。

あえていうならToFカメラというものが搭載されるかどうかです。ToFカメラがあれば、奥行きのあるきれいな写真を撮ることが可能となります。そういうカメラが今後出てくるかもしれませんね。

カメラは本当に年々進化しております。年々進化しているため、間違いなくきれいに撮ることができるようになっていると思います。

それぞれのシーンにおいて、かつAI機能も搭載されており、かなりいいと思われます。

カメラ性能は年々向上しています。また複数カメラを搭載することが当たり前になっており、複数搭載するカメラの中でもデュアルでは収まらず、今後は背面5つくらいのカメラが搭載されてくるのではないかと思います。

2019年時点で4つのカメラを搭載しているモデルもあり、今後カメラの部材価格も下がってくることを考えると、複数カメラを搭載しても、価格はさほど変わらないということになるかと思います。

カメラ性能が高い機種が今後間違いなく売れてくるのではないかと思います。

発表は2021年2月ごろ

発表は2021年2月ごろになると思われます。このあたりも毎年の例年どおりに発売されると思われます。

基本的には2021年というのは、日本では5Gが普及したして2年目の年になります。

5Gに対して期待している人はかなり多いと思いますが、GALAXYシリーズも例外なく5Gに対応してくるでしょう。

5Gに対応したGALAXYシリーズというのは、高速に通信できるわけですが、まだ2021年の時点では東名阪しか対応されることはないと思います。

徐々にエリア拡大は行われると思われますが、エリア拡大が行われても急激にエリアが増えるとは思えません。徐々にエリア拡張されるため、エリア拡張されるのは、2022年ごろから地方都市から近隣都市へとなっていくのではないかと思います。

5Gが2020年から拡大し始め、2021年ごろには中核都市でも運用が開始されるようになるかと思います。5Gは徐々に拡大するのですが、世間的にはIoTなどで必要とされており、かなり急速に拡大が見込まれます。アンテナ敷設にかなりの設備投資を行うと思われますが、日本ではドコモ以外にもau、ソフトバンクでも同様に5G回線の敷設を行っています。

そのため各社に負けないようにかなり力を入れて拡大していくのではないかと思います。

5Gに対応したGALAXYシリーズが当たり前に今後はなるかと思いますので、GALAXY S12あたりではかなり楽しみですね。

搭載されるCPUはかなり進化

日本から発売されるモデルにはSnapDragonと呼ばれるシリーズのCPUが採用されると思われます。

SnapDragon875 スナドラ875 発売はいつか スペックや性能はどの程度アップするのか 予想する。

2019年7月11日

こちらにSnapDragon875と呼ばれる次世代に登場する予定のCPUに関して紹介したいと思います。Galaxyシリーズではグローバルモデルにおいて、ExynosモデルとSnapDragonモデルの2つのモデルを準備しています。

2つのモデルの中でも日本で販売されるモデルというのは