GALAXY S11 /S11+ ギャラクシーS11 スペック 予想 ドコモ au 日本からの発売

GALAXYシリーズの型番の中でもSシリーズというものが継続的に付くのであれば、今後GALAXY S11というスマホが発売されると思います。

GALAXY Sシリーズというのは2018年の時点でS9までになっており、2019年にはS10が発売される可能性が高いです。

ただしGALAXY S10というのはGALAXY Xという名称に変更される可能性もあり、まだそのタイミングで購入できるとは限りません。

それでも今の型番ルールからするとGALAXY S11というスマホは発売される可能性が非常に高いです。

日本からはドコモ、auからの発売

例年通り発売されるとするなら日本からはドコモ、auが発売される可能性が非常に高いです。

<ドコモ>

ドコモオンラインショップからの購入で事務手数料が無料となります。

この事務手数料無料というのは、ドコモオンラインショップ限定の施策です。

そのため購入するならドコモオンラインショップが非常にオススメです。

やはりドコモオンラインショップというのは非常に人気なオンラインショップです。

ドコモの機種変更一括価格がオススメ オンラインショップが手数料いらずで安価に購入可能

2019年7月9日

こちらにオンラインショップでの購入がオススメ出来るポイントを紹介しております。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

<au>

こちらが各社のオンラインショップとなっております。

各社のオンラインショップからスマホを購入する人というのは非常に年々多くなっております。

2016年ごろからMNPなどに対する規制がかかっており、そのためMNPなどをするよりも機種変更を行う人がかなり増えました。

そのため2016年ごろから機種変更を行うユーザーがかなりオンラインショップを利用することになりました。

オンラインショップを利用することで、自宅まで無料で送付してくれるからです。自宅まで無料で送付してくれることは非常に便利ですからね。

それではGALAXY S11というのはどのようなスマホになるのでしょうか。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

GALAXY S11のスペック予想

まずはCPUからですが、SnapDragon865と呼ばれる最新のCPUが搭載される可能性が非常に高いです。

SnapDragon865と呼ばれるCPUというのは、日本向けに搭載されるCPUとなっております。日本ではこのSnapDragonと呼ばれるCPUを搭載したスマホが発売されると思われます。

韓国国内向けなどにはExynosと呼ばれるサムスンが開発しているCPUが搭載される予定となっております。

Exynosと呼ばれるCPUを搭載するモデルとSnapDragonを搭載するモデルの2つの大きな違いのあるモデルがGALAXY S11では採用されるでしょう。

またRAMに関しては8GB以上となると思われます。まだスマホに搭載されているRAMで10GB以上を搭載したモデルというものはほぼありません。

まださすがに10GBものRAMを搭載したモデルまで発売されるようには思いませんが、2018年の時点で10GBのRAMを搭載したモデルがあるといえばありますので、可能性としてはゼロではありません。

ROMの容量は最大1TBのものが搭載される可能性があることがわかりました。

昨今大容量のものを搭載したモデルというものはかなり発売されております。ただし256GBまでいくと部材の価格もかなり高くはなると思われますので、世界的なラインナップとしては登場するかもしれませんが、日本国内で発売されるモデルではおそらく存在しないと思われます。

韓国で発売されるモデルのCPUはExynos9830になるのではないかと思います。

GALAXY S10でExynos9820が搭載されておりますが、それの次の型番は9830になる見込みです。

SnapDragon865 CPU 性能はどれくらい向上する? 2020年に発売されるスマホに搭載予定

2019年11月1日

こちら最新のCPUの情報となっております。最新のCPUは非常にいいと思います。基本的にSnapDragon系はかなりいいと思いますね。

SnapDragon855と呼ばれるCPUに関しても非常に定評のあるCPUとなっておりますので、その次に発売されるモデルということもあり、かなり期待がもてそうです。

カメラ性能には期待

カメラ性能に関してはかなり期待できるかと思います。カメラは2018年の時点でトリプルカメラを搭載しているスマホがあるなど、カメラを複数搭載するモデルというものがかなり発売されております。

カメラ性能に関してはまだ2020年時点ではデュアルカメラが普通なのかもしれませんが、トリプルカメラにもかなり期待したいと思います。

2019年に発売されるGALAXYシリーズではまだデュアルカメラでしょうね。デュアルカメラがあれば、広角と望遠の2つのカメラを搭載することができるため、まだそれだけでもかなりキレイに撮ることが可能です。

カメラ性能は他にはスーパースローモーションなどの機能も搭載されると思われます。スローモーション動画というのはかなり撮る人も多くなってきており、期待できるモデルです。

すでにGALAXY S7の時点でこのクオリティです。相当クオリティが高いことがわかるかと思います。

カメラ性能はGALAXYシリーズではかなりいいと思いますので、かなり期待したいですね。

最新の情報ではクアッドカメラを搭載するという情報も出てきました。クアッドカメラというのは4つのカメラを持つということです。

まだ4つのカメラを持ったスマホというのは非常に少ないです。GALAXY A9くらいではないでしょうか。

2018年の時点ではまだそこまで多くないクアッドカメラですが、2021年あたりでは結構多くなっているのではないでしょうか。

クアッドカメラというものは人気がかなり出るでしょうね。割と誰もが憧れるような機種になるのではないでしょうか。

新しいものをどんどん採用することで、サムスンの評判も上がりますね。

指紋認証機能が画面埋め込み

これは以前から言われている機能の一つかと思いますが、指紋認証機能を画面に埋め込むという機能を追加するといわれております。

GALAXY S10あたりでこの機能というものは追加されているような気がしますが、GALAXY S11ではこの指紋認証機能というものが浸透期に入っている可能性が高いですね。

iPhoneでもこの機能を搭載したスマホが発売される可能性もあり、指紋認証機能は画面の内部に入るというかなり驚きです。

技術力があれば、それくらいはできるというものなのでしょうね。

トリプルカメラは間違いなし

GALAXY S11には間違いなくトリプルカメラが搭載されるでしょう。発売は2020年の東京オリンピックの年になることはほぼ間違いないと思います。

トリプルカメラというのは、2018年から話題になりつつあり、サムスンとしてはトリプルカメラを採用させたいという狙いがあるようです。

トリプルカメラを搭載しているスマホというのはおそらく2019年にかけてかなり増えてくることは間違いないでしょう。

トリプルカメラを搭載しているというだけでかなりキレイな写真を撮れそうな感じがしますからね。

2018年にP20 Proというスマホでトリプルカメラを搭載しました。

ライカ製のトリプルカメラを3つ搭載しかなり話題になりました。

実際に3つのカメラで撮影した時の動画となっているわけですが、かなりキレイな動画が撮れていることがわかるかと思います。

GALAXY S11でも同様に3つのカメラを搭載することで、かなりキレイな動画や写真を撮ることが可能になることは間違いないでしょう。市場の期待というのはカメラの数という部分でもトリプルカメラを採用することは非常に重要な要素かもしれません。

GALAXY S10ですでにトリプルカメラになることが予定されており、GALAXY S11はトリプルカメラであることは間違いありません。

iPhoneも今後トリプルカメラになる可能性が高く、iPhoneでそうなるのであれば、GALAXYシリーズは追随するためにトリプルカメラであることは間違いありません。

トリプルカメラというのは、本当にキレイですからね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

GALAXY S11では4つのカメラを搭載するかもしれない

GALAXY S11では4つのカメラを搭載するモデルが発売されるかもしれません。

すでにSamsungは4つのカメラを所持する機種を販売しており、技術的には4つのカメラを搭載するということは問題ありません。

GALAXY S11というのは2020年にも発売されるモデルとなっておりますが、そのときには4つのカメラを持つモデルが、スタンダードになるかもしれません。

今のところGALAXY S10の時点で4800万画素のトリプルカメラが搭載される可能性が高いともニュースとして報じられており、かなり期待できるのではないでしょうか。

GALAXY S10で4800万画素のカメラ ISOCELL Bright GM1 GD1が量産体制に

2018年11月9日

こちらの記事がその記事となっております。

4800万画素のカメラが搭載され、2019年にGALAXYシリーズのカメラは飛躍的に伸びることは間違いないと思われます。

それの翌年に発売されるモデルというのは、相当良くなることは間違いないと思われます。

すでにGALAXY S10ではトリプルカメラを搭載している為、GALAXY S11ではおそらくトリプルカメラよりも上位のカメラになる可能性が非常に高いと思います。

GALAXYシリーズはノッチもなく非常にスタイリッシュでかっこいいモデルです。

このままの勢いを保ってもらいたいですね。

4つのカメラが搭載されるとどのようになるのでしょうか。3つのカメラの場合は超広角、広角、望遠という3つのカメラとなります。3つのカメラがあるということは、かなりメリットがあるのではないかと思います。それにさらにプラスのカメラが搭載されるのです。

ひょっとするとToFカメラ搭載されるかもしれません。ToFカメラというのはトフカメラと呼ばれるカメラです。このカメラというのは、遠近を検知することが可能となっているカメラで、かなりメリットがあるカメラです。

もともとXPERIA 1にも搭載されるかもしれないと噂になったカメラです。実際にはXPERIAでは搭載されませんでしたが、GALAXY S11では搭載される可能性も十分あるかもしれません。

カメラというのは、基本的には複数カメラを搭載するよりも1つのカメラでいろいろ出来るほうが効率がいいわけですが、スマホの場合はそういうわけにはいきません。いろいろなカメラを搭載することにより、様々なカメラが役割を果たし撮影時に最適化されるわけですね。

ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室での撮影がかなりきれいに

2019年8月9日

GALAXY Note10+ 5G ギャラクシーノート10+ スペック 予約特典 発売日 価格 ドコモ au 日本発売は?

2019年11月7日

こちらGalaxy Note10シリーズとなっていますが、2019年8月にも登場したモデルです。こちらにToFが搭載されているのです。Galaxy Note10+のみですが、それでもToFが搭載されているということは、Galaxy S11にも搭載される可能性は十分にありえるということになります。

ToFを利用したアプリもまだ非常に少ないため、どのように利用するのか不明だと思う人も多いかもしれません。

今後ToFを利用したアプリなども色々出てくると思われますので、やはりついていないより、ついているほうが便利であることは間違いないでしょう。

実際にはカメラを向けるだけで、モノの計測などが簡単に行えたりするメリットがあるわけです。きっちりとした測定ではなく、ざくっとした測定を行いたいと思う人や家具のレイアウト変更などのときにそのようなToFが搭載されている機種なら簡単に楽しむことができると思われます。

5G対応は間違いなし

GALAXY S10 5G スペック レビュー 日本での販売は? 5Gテスト運用時には利用される?

2019年4月14日

こちらを確認してみてください。

すでに5Gに対応しているモデルの発売がありますので、5Gは間違いないでしょうね。

GALAXY S11に関しては新しい機能なども入ってくると思われますので、かなり楽しみですね。

すでにGALAXY S10 5Gというモデルの発売もグローバルでは行われており、5G通信は2020年あたりから普通になると思われます。

GALAXY S10 5Gの評価はそこまで高くはなく、また5Gに関しても体感した人もそこまで高速ではないと感じているようです。

まだ世界的にも5Gを利用できる場所というのは、そこまで多くはないためどうしてもそのようなことになるのかと思います。

今後5Gに対応するスマホというのはいろいろ販売されると思われます。

2019年の上期時点では日本で5G対応の機種というのは販売されておりませんが、今後5G対応モデルがどんどん販売されるのではないかと思います。

GALAXY S11のレンダリング画像が流出?

GALAXY S11? GALAXY S10の後継モデルのレンダリング画像が登場

2019年6月15日

こちらを確認してもらいたいのですが、GALAXY S11のレンダリング画像が流出しました。

形としては非常に面白い形をしているかと思います。実際にはS11というのは、カメラもトリプルカメラ以上のカメラになると予想されるので、実際のところどうなるかわかりませんが、若干角の部分に丸みを帯びていることがわかるかと思います。

この丸みを帯びたボディは持ちやすさなどにどのような影響があるのでしょうか。

Samsungは新しい形状のボディを採用することで、デザインにも精通していくのでしょうかね。

ToFカメラの搭載は間違いなし

ToFカメラの搭載は間違いないと思います。

ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室での撮影がかなりきれいに

2019年8月9日

こちらをご確認ください。

Galaxy Note10+ 5G スペック SnapDragon855PlusというCPUが搭載

2019年8月7日

こちらGalaxy Note10+5Gのスペックとなっております。この機種ですでにToFを搭載するのです。

ToFがGalaxy S11の前モデルで搭載されるのであれば、そのままToFが転用される可能性は非常に高いと思います。

基本的に新しい技術というのは、継承されますので、Galaxy S11はかなり楽しみですね。

開発コードはピカソ カメラ性能は大幅アップの予定

こちらTwitterからの情報となりますが、開発コードはピカソとなる見込みです。

それとカメラの性能は大幅アップの予定となっています。Galaxy Note10+でToFカメラが搭載されました。一応4つのレンズを搭載するモデルとなっておりますが、それよりもよくなるのでしょうか。

カメラ性能に対して期待している人も多いでしょう。Galaxy Note10+ですでに4つのカメラを搭載しているのであれば、それより上位のカメラになることは間違いないでしょうね。

本当に期待できるモデルになることは間違いないでしょう。

iPhone11Pro、iPhone11ProMAXがライバル機種になるか

やはり気になるのはiPhone11とiPhone11Proではないかと思います。

その中でもiPhone11Proというのはライバル機種になるのかということですが、十分ライバル機種になると思われます。

iPhone11 Pro アイフォン11プロ MAX 発表 トリプルカメラ 仕様 概要 詳細をチェック

2019年10月24日

こちらがiPhone11Proのスペックなどを紹介したページになっていますが、Galaxy Note10などで十分iPhone11Proのライバルとなっているのです。Galaxy S11は正直なところ、iPhone11Proをライバル視しているものの、スペック的にはiPhone11Proよりも上位のスペックになると思われます。

実はGalaxy Note10などですでにWi-Fi6には対応していたりするわけで、iPhone11Proが驚愕のスペックというわけではありません。スペックだけ見るとiPhone11Proよりも優れている部分がかなりあると思います。

特に今後はカメラ性能にかなり力を入れてくると思われますので、Galaxy S11ではカメラ性能もかなり気になるところです。

Galaxy S11のライバルは・・・やはりXPERIA 1の後継モデルになるのかな?とも思います。とはいうものの、それも日本での話かもしれません。

世界的にはGalaxy S11というのは向かうところ敵なしかもしれません。それくらいレベルの高いスマホに仕上がってくると思われます。

Galaxy S11+はスクリーンが上下する?

Galaxy S11+ではスクリーンが巻取り式で上下するかもしれません。

巻取り式の有機ELになり、通常はコンパクトサイズでありながら、大画面になるという斬新な形になる可能性が出てきました。

Galaxy S11+ ギャラクシーS11+ではウォーターフォールスクリーンを採用の予定

2019年9月20日

こちらがGalaxy S11+を紹介しているページとなりますが、巻取り式になり、大画面になるということを掲載しています。

通常サイズがコンパクトなのであれば、持ち運びのしやすさというのは、Galaxy S11+のほうがあるということになります。

Galaxy S11+というのは、やはり大画面モデルですが、大画面というのも画面を伸ばした時に大画面になるということで、通常サイズはGalaxy S11とさほど変わらなくなるのです。本当に面白い形状を採用しますね。

分光器が搭載される予定

分光器と呼ばれるものが今回は付くようです。

こちらのSpectrometerと呼ばれるものです。実際にこれが付いたらどのようになるのかはわかりませんが、このような背面画像となっています。

こちらのカメラを利用するとこのような波長を捉えることが可能となりますが、正直なところどのようなところに使われるのかというところは未定です。個人的にはそのあたりはよくわかりません。

Galaxy S11の最新のイメージ

Galaxy S11の最新のイメージとなっています。本当にこのようになるのかどうかはわかりませんが、Galaxy S11ではこのようなイメージになる可能性があります。

見た目はかなりスッキリとしており、かなりかっこいいイメージになっているのではないかと思います。

GalaxyシリーズというのはもうS11ということで、かなり昔からのイメージですね。本当に年々進化しており、楽しみにしている人も多いのではないかと思います。日本からも発売は開始される予定となっていますので、今からワクワクしますね。スペックとしては当然ながら最新のスペックとなります。XPERIAなども同時期に販売されると思われますが、日本ではスペック的にこれを上回るモデルの販売はないと思います。最近のサムスンの機種というのは、品質も高くかなりいいモデルばかり販売していると思います。今後も先進的な機種として販売してもらいたいですね。

暗い場所でも撮影できるセンサーを搭載

暗い場所でも撮影できるセンサーというものを搭載する可能性があります。スマホのカメラというのは、年々進化しておりますが、F値を下げることで、比較的暗い場所でも撮影を容易にすることは可能かと思いますが、暗室でも撮影できるセンサーがGalaxy S11では搭載されるようです。

これはまたF値とは別で、センサー側で暗室かどうかを判断し、撮影するということになりますので、かなり暗い場所などでの撮影も明るく撮影できるのではないかと思います。
Bright Nightと呼ばれるモードはGalaxy Note10+でも採用されており、このモードの更に上を行くモードが搭載されるといわれております。現在サムスン以外の各社では暗室での撮影に関して、かなり力を入れている印象となります。暗室での撮影というのは、比較的難しいこととされてきましたが、技術が上がってきたことにより、暗室での撮影もさほど問題なく行える様になってきました。
iPhoneやGooglePixelなどでも暗室での撮影のモードに力を入れており、Galaxyも暗室での撮影には今後力を入れていくものと思われます。
暗室撮影というのは、カメラ自体の能力でカバーしていたものを別でセンサーをつけることで、飛躍的に向上するという非常に素晴らしい技術となります。昨今では一眼レフカメラとスマホのカメラを比較しているサイトなども存在しており、一眼レフはある一定数の人気はあるものの、本体が巨大であるなどという理由から敬遠されがちです。
低価格のスマホであれば、正直なところ一眼レフに及ぶことはありませんが、ハイエンドクラスになると一眼レフとの差もそれほどわからないレベルにまでなってきていると思います。
それくらいカメラ自体の性能がよくなっているということですね。サムスンも暗室モードできれいに撮影できることのできるGalaxyS11には期待したいものです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。