ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

Galaxy Note 11 /Note11+ ギャラクシーノート11 予約 スペック 発売日 日本 ドコモ au

Galaxyシリーズは日本でも人気モデルとなっておりますが、Galaxy Note11に関してお伝えしたいと思います。

GalaxyNoteシリーズは日本でNote8から発売されました。以前はGalaxy Note、Galaxy Note2 Galaxy Note3なども発売されておりましたが、一時的に販売を行っておりませんでした。

そしてGalaxy Note8から日本で再度発売されるようになったのです。

Galaxy Note8含めてSペンを持っていることがこの機種の特徴となっております。

Galaxy Note 11が今後発売される予定になりますので、スペックなどを予想したいと思います。

まずはGalaxy Note 11の発売が開始されると予約特典というものがかなりのものになると思われます。

各社オンラインショップから発売の予定

<ドコモ>

ドコモオンラインショップでは機種変更、新規、MNPの事務手数料が無料となっており、非常にメリットのあるオンラインショップとなっております。

ドコモオンラインショップを利用する人は年々増えてきており、かなりの人がドコモオンラインショップを経由して購入しているようですね。

非常に最近は利用数が増えております。GALAXY NOTEシリーズもそうなのですが、GALAXYシリーズの予約キャンペーンというものはかなりいいですからね。

予約購入する人が非常に多いことは間違いありません。

ぜひ予約をして購入してもらいたいですね。

ドコモ オンラインショップ 機種変更 メリット デメリット オススメ 得か損か

2019年9月12日

<au>

au Online Shopは自宅まで送料無料でスマホを届けてくれます。

ドコモも同様に送料無料で届けてくれるので、かなりメリットのあるオンラインショップとなっております。ぜひ検討してもらいたいですね。

ドコモ及びauの予約特典はどんなものになる可能性があるのでしょうか。

ドコモはGalaxy Note9の発売時には9999のdポイントをプレゼントしてくれました。

auの場合はウェアラブルスピーカーをプレゼントしてくれました。

そのためかなり販売台数を伸ばしました。予約特典を使って購入するということは非常にメリットのあることではないでしょうか。

それではGalaxy Note 11がどんなスペックになるのか見ていきましょう。

Galaxy Note 11のスペック

Galaxy Note 11はどのようなスペックになるのでしょうか。Galaxy Note 11というのは2020年に発売される予定となっております。

そのため2020年にメインで利用されるCPUが搭載される予定になるでしょう。

2020年に搭載されるCPUというのは、まだ未確定となっておりますが、2019年にはSnapDragon8150と呼ばれるCPUが採用される機種が多数販売されると思われます。

Snapdragon 8150 スナドラ8150 CPU 2019年 発売されるスマホに搭載予定

2018年11月28日

こちらにその記事を掲載しておきます。

このCPUの後継が発売される可能性が高いと思われます。名称はまだ未確定ですが、SnapDragon8250か8160かそのあたりになるのではないでしょうか。

次世代のCPUになることは間違いないと思います。

基本的にはCPUというのはそのスマホの脳にあたる部分なので、これが高いと当然ながらかなり処理速度が向上するということです。

続いてRAMですが、こちらはかなり期待できるかと思います。2020年というと5Gが普及期に入るところになりますので、5Gに対応しているGalaxy Note 11になると予想されます。5Gを採用しているモデルというのは、今後発売される見込みのものではすべて大容量のRAMということになります。

大容量のRAMというというのは10GB以上のRAMを搭載すると思われ、2020年あたりだと12GB程度のRAMを搭載する可能性も十分にありえるわけです。

相当RAMの容量は大きいと思います。RAMに関しては大容量のほうがゲームなどをするときも非常にメリットがあります。

今回5Gになることで大容量のRAMが搭載されるということは、それだけ通信したものをRAMの内部に蓄えておくということにもなりそうですね。

カメラは背面4つのカメラが搭載されるかもしれない

カメラは背面に4つのカメラが搭載されるかもしれません。2019年のうちに3つのカメラを搭載するモデルがSamsungからかなり発売されるでしょう。

Galaxyシリーズの中でもSシリーズでも3つのカメラを搭載するモデルが発売される見込みになっております。

GALAXY S10では5つのカメラが搭載 前面2つ 背面3つのトリプルで登場か

2018年8月2日

こちらの記事を見てください。前面のデュアルカメラは微妙なところですが、背面の3つのカメラは本当にそうなる可能性が高いと思われます。

2019年の時点で背面に3つのカメラを搭載するということそしてすでにSamsungは4つのカメラを持ったスマホを発表しているということを考えるとGalaxy Note11でも十分にその可能性はあると思います。

GALAXY A9 ギャラクシーA9 2018 スペック クアッドカメラ搭載 性能は?

2018年11月27日

こちらが4つのカメラを持ったスマホです。

カメラ性能に関してはGalaxy Note 11でもかなり期待したいところです。

こちらGalaxy Note9ですが、こちらでも十分カメラ性能が高いことがわかるかと思います。

カメラは暗い場所でもかなりきれいに撮ることができますので、参考にするのであれば、暗い場所で撮影したものというのは参考になるかと思います。

Galaxy Note10+はすでに4つのカメラを搭載したモデルとして発表されました。ToFと呼ばれるものが搭載されました。

ToFカメラとは スマホでも3次元情報を計測して 暗室での撮影がかなりきれいに

2019年8月9日

まだToFは非常に珍しいため、ToFを利用したアプリなども今後は開発されていくのではないかと思います。

ToFがGalaxy Note10+で搭載されたのであれば、Galaxy Note11でも採用されることはほぼ間違いないかと思います。

発売日

Galaxy Note 11の発売日は2020年9月ごろでしょう。

グローバルモデルのほうが早い発売日になるため、日本はその後の発売日になると思われます。

日本での発売は10月20日頃になると思われます。

GALAXYシリーズは日本では夏モデル及び冬モデルとして登場しています。

NOTEシリーズというのは、冬モデルとして発売されると思われます。

GALAXYシリーズの中でもNOTEシリーズというのは、日本ではそこまで人気のあるシリーズではありません。

やはり大画面ということで、若干敬遠されてしまうのでしょうか。

次期Exynosは5nmのプロセス・ルールに

次期Exynosというのは5nmという非常に細かいプロセス・ルールになる見込みです。

プロセス・ルールが細かいとそれだけ省エネになります。省エネになるということで、今と同じバッテリー容量の場合だと間違いなく稼働時間が伸びるのです。

とはいうもののExynosというのはSamsungのCPUのため残念ながら日本では発売されません。

日本で発売されるのは、ExynosではなくSnapDragonシリーズとなるからです。

SnapDragonシリーズは世界的にもメジャーなCPUとなっており、そちらが世界的にはスタンダードなのかもしれませんね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA