【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


A18 bionic CPUのスペック予想 A15と比較して7割以上の性能アップになると予想


 

この記事にはPR文言を含んでおります。

A18 bionicが2024年にも登場する予定となっています。

A18というのは、当然ですがA17の後継モデルとなっています。

A17はiPhone15Proシリーズに搭載されるCPUとなっており、その後継がA18ということになります。

iPhone16PROシリーズに搭載されるCPUになることは型番からわかるかと思います。

A18はどれくらい進化するのでしょうか?

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

A18のプロセスルールはどうなるのか?

CPUというのは、コントロールプロセッサユニットのことで、コンピュータの頭脳に当たる部品のことを指します。

A18もiPhone全体からすると部品の一つにしか過ぎません。

A17でプロセスルールが3nmになると言われており、A18も同様のプロセスルールになると予想されます。

A17と同様のプロセスルールになる理由をお伝えしたいと思います。

✅CPUのプロセスルールは2年に1度の改定が多い
✅プロセスルールの改定を定期的に行うことはコストがかなりのものになる

当然ながらプロセスルールはどんどん細かくなっていくわけですが、それは進化していくということになりますが、進化をあまりにも早めると、それだけコストもかかるのです。

CPUというのは、先程も記載した通り、iPhoneからすると部品の1つとなっているので、当然ですが大量生産する必要があります。

大量生産する上で、設備投資もかなりのコストになるわけで、なるべくなら同じプロセスルールでパフォーマンスを上げるようなCPUを製造することがメーカーとしてもメリットがあるわけです。

プロセスルールが2nmになるとの情報も

プロセスルールが2nmになるとも情報があるようです。

2nmというのは、さらに細かいプロセスルールとなり、かなり細かいプロセスルールとなります。

2nmの次に細かくなると、pmという単位が使われると思われますが、15年ほど前で45nmとなっていましたので、相当細かくなっていることがわかります。

✅2nmになる可能性も
✅細かくなればなるほどバッテリーの負担が減る

細かくなればなるほどバッテリーの負担も減り、メリットのほうが大きくなります。

エンドユーザー側視点では、気が付きませんが、基本的にプロセスルールが細かくなれば、なるほどメリットのほうが大きくなりますので、細かくなるほうがエンドユーザー側にとってもメリットが大きいです。

2023年時点では、3nmが最も細かいプロセスルールとなりますので、それより細かいプロセスルールになれば、バッテリーの消費効率はかなり変わってくる可能性があります。

ただ実際には、バッテリーの消費は画面の点灯によるものが一番大きな要因となりますので、CPUが改善したからといって、そこまで能力が改善するか?と言われると少し微妙かもしれませんね。

 

TSMCがCPUの製造を担当

画像引用元:mainichi

TSMCがA18に関しても製造を継続すると予想されます。

基本的にCPUの製造というのは、世界的にみて製造出来るメーカーというのは限られたメーカーです。

Appleが今まで製造メーカーとして利用したのは、サムスンとTSMCくらいでした。

ここ最近サムスンは残念ながらApple用のCPUを出しておりません。

そのため2024年もTSMCからの発注になるのではないでしょうか。

✅TSMCをAppleは継続して仕入先に入れる
✅今までの実績からすると他社ではCPUの製造は出来ない
✅Appleからしても信頼性の高いメーカー

TSMCという会社もAppleからするとかなり信頼性の高いメーカーの一つであることは間違いありません。

そういう観点からしても、継続してTSMCにCPUの発注は行うと予想されます。

A15の7割増しくらいの速度に

動作速度はA15の6割増しくらいの速度となります。

A15からA16を見た時に1.2倍くらいの処理速度になっています。

A17で1.2倍早くなると考えると・・・

1.2 x 1.2 x 1.2 = 1.728となり、A15からすると1.7倍以上の動作処理速度アップになることが予想されます。

昔ムーアの法則と言われたように2年で2倍の性能になるということは、ここ最近ありませんが、3年で2倍近くの性能になることは間違いないでしょう。

処理速度は年々早くなっていきますが、まだまだ限界はやってこないと思います。

✅処理速度はどんどん早くなる
✅3年〜4年で約2倍の処理速度アップ

今後は4年程度で処理速度が2倍程度になっていくものと思われますが、すでにiPhoneの動作速度は数年前から体感的に見てもそこまでの差はないように感じます。

それくらいiPhoneはすでに成熟したものになっているのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック