【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

ワイモバイル ブラックリスト 短期解約で契約できない 総合判定NGになる条件は?

 

ワイモバイルを利用している人も多いのではないかと思います。

ワイモバイルでブラックリスト入する条件に関してお伝えしたいと思います。

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

ブラックリスト入すると、次回から契約ができなくなるため、ワイモバイルでのブラックリスト入はかなり痛いですよね。

そうならないためにも、ブラックリスト入しないように契約はしたいものです。

スマホって契約が出来ないことがあるみたいだね。

誰でも絶対に契約ができるのか?と言われるとそうでもないみたいです。

今回はワイモバイルと契約する時に契約が断られないようにするためにはどうしたらいいのか?というところを掲載しているよ。

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

ワイモバイルでブラックリスト入する条件

それではブラックリスト入する条件を見ていきましょう。

○電話料金に未納がある時
○過去に短期解約をした実績がある時
○過去に契約した時に通話や通信履歴がない
○スマホの割賦料金の支払いが行えていない時
○契約者が未成年の場合
○本人確認書類が整っていない時
○のりかえ時のMNP予約番号の有効期限が切れてのりかえを行った場合
○他社で未納がある場合(CICに照会)
○契約の上限を超えている場合
○本人以外で契約をしようとしている場合

こちら箇条書きにしていますが、これらが主な内容となります。

それでは1つずつ解説していきましょう。ただこの中で実際にブラックとして判定されるケースというのは、全てのケースではありません。

これらが大きくブラックリストに入っている可能性がある条件となります。

ブラックリストに入ると契約が出来ない
契約時に色々な判定があるので、ブラック判定条件にならないようにしたい

ブラックリストに入っていて、いいことはありません。

基本的にはブラックリスト入しないことが一番のメリットとなりますので、ブラックリスト入しないための条件というものを今回は紹介したいと思います。

電話料金に未納がある時

電話料金に未納がある場合とありますが、基本的に契約しようとしている会社に過去に未納があった場合です。

ただ通常未納があった場合でも請求されているケースがありますので、未納が改善すれば、契約できるケースが多いと思います。

ただ普通に電話料金を払っていないということは、通常ありえないと思いますので、これはきっちり払っておきましょう。

クレジットカード払いなどを行っていれば、基本的に電話番号に未納はありません。

○クレジットカード払いの場合、仮に未納になったとしても、クレジットカード会社への未納がある
○クレジットカード払いにすれば、電話料金の未納は通常ありえない

これはこれから契約をする場合もそうですが、電話料金を未納にするようなことは決してあってはならないことです。

過去に短期解約をした実績がある時

こちら過去に短期解約をした実績のある人が契約を断られてしまうケースがあります。

2022年時点での短期解約の期間を紹介したいと思います。

211日以内の解約

211日というと8ヶ月目での解約であれば、問題ないと思います。

それより以前に解約すると、ブラックリスト入する可能性が高いと思いますので、それくらいは継続して所持しておくことをオススメしたいと思います。

これが気になる人も結構多いのではないかと思います。

ソフトバンクグループとなっていますので、ソフトバンクも同様に211日の解約でブラックリスト入する可能性が高いので、気をつける必要があります。

普通に契約する人であれば、短期解約することはありませんからね。

半年という人も結構多いと思いますが、211日あれば、基本的に問題ないでしょう。

昔は短期解約の期間がもっと短かったのですが、ここ最近は短期解約の期間はかなり長い期間担ってしまいました。

毎年3月ののりかえと考えておくほうがいい

学割を利用することができる人は毎年3月を目標にのりかえを行うくらいに考えておくほうがいいと思います。

○3月はかなりお得にのりかえが可能
○学割施策をつければさらにお得なことも多い

学割の施策をつけることで、かなりお得に利用することができますので、相当メリットがあると思います。

基本的には学割というのは、かなりお得に契約を行うことができますので、ブラックリスト入を確実に回避して購入するのであれば、毎年3月にのりかえることを検討するということもありではないかと思います。

一度ワイモバイルにのりかえることにより、自分がブラックリスト入しているかどうかわかるかと思います。

公式サイトであれば、簡単にのりかえることが可能となりますので、ワイモバイル公式サイトからのりかえがオススメです。

ワイモバイル公式サイトからののりかえが楽
ワイモバイル公式サイトは、事務手数料が無料

公式サイトはなにかとお得なので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

過去に契約した時に通話や通信履歴がない

過去に契約した時に通話や通信履歴がない場合も断られる可能性があります。

○通話は毎月1度は行う
○通信は毎月500MB程度は行う

毎月500MB程度は通信を行う必要があります。

普通に契約していて、500MB以内の通信というのは、不信感があるのではないかと思います。

500MB程度であれば、ユーチューブなどを30分程度見れば500MB程度にはなるのではないかと思います。

他にはアプリのダウンロードで500MB程度のものを1度ダウンロードするということもやっている人は結構いるようですね。

アプリのダウンロードやユーチューブを30分程度閲覧

500MB以上の通信を行う場合は、アプリのダウンロードやユーチューブを30分程度見ることを押すsめします。

ただノジマに関しては、1GB以上の通信を行っていない場合だと、のりかえができないと言われておりますので、ノジマでののりかえなどを検討しようとしている人であれば、過去1年は1GB以上の通信を行うことは必須になっているかと思います。

【ノジマ】転売ヤー 対策 MNP 一括1円で購入しても買取や売却に出したら駄目 使うことを前提に考える必要あり
ノジマという会社を知っている人も多いと思います。 ノジマは比較的安価な価格設定で、販売されているので、利用する人も多いのではないかと思います。 こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。 ノジマは今転売...

こちらノジマのことに触れている記事となっていますので、こちらをご確認ください。それはワイモバイルの機種へののりかえを行う場合でも確認されるわけなので、注意が必要となります。

ただキャリアとしては500MB以上くらいの通信は契約したら使うだろうという想定の元になっているため、それくらいは通信しておきたいところですよね。

○500MB以上のアプリをダウンロード
○ユーチューブなら30分程度の閲覧で500MBの通信量

これくらいは普通であれば、通信とかしませんかね?

それが逆にいうと世の中のスタンダードになっているようです。

スマホの割賦料金の支払いが行えていない時

最近はスマホ契約を割賦支払いにする人も結構多いのではないかと思います。

スマホの割賦契約を支払えていない場合にもブラックリスト入することがあります。

○スマホの割賦契約で支払いはきっちり行っておく
○ローンを返済していないことと同じ

割賦契約を放棄しているということは、ローンの支払いをしていないということになります。

実はそのことにより、住宅ローンを組めないという最悪な状況にも陥る可能性がありますので、割賦料金の支払いが行えていないということは非常に重要なことではないかと思います。

決められた支払いはきっちり支払いたいところですね。

基本的にこの割賦の支払いを終えていないということがかなりの問題行為となるわけですが、基本的には、割賦契約をしようとしても、当然ながら通るわけではありません。

また一括購入のものであったとしても、過去に割賦契約がありその支払いを終えていない場合でも契約できない可能性は十分にありえるのではないかと思います。

○一括契約でも契約できない可能性がある
○端末購入のみの契約でも断られる可能性も

とにかく割賦の支払いなどをしていないという場合でもブラック認定されますので、そこは本当に気をつけてもらいたいと思います。

契約者が未成年の場合

契約者が未成年の場合というのは、当然ながら契約はできません。

このあたりはブラックリストに入っているというより、契約年齢を満たしていないということになりますので、あまり気にすることはないかと思います。

契約者が未成年の場合だと、親権者が契約することになりますので、注意が必要となります。

当然ながら未成年者が契約者になれないという場合は、利用者登録だけ必要になる可能性もあります。

利用者登録されるとフィルタリングサービスに加入させられる可能性も十分にあります。

いわゆる有害サイトを見ることができないというフィルターです。

ワイモバイル あんしんフィルター 子供の居場所がわかる テザリングも有害ウェブサイトへのアクセスを制限 | Ymobile ワイモバイル キャンペーン お得 サービス
ワイモバイルの安心フィルターに関してお伝えしたいと思います。 学割を利用して購入したり、学割を利用せずに購入したとしても、利用者登録の年齢が18歳未満であれば、このみまもり安心フィ...

こちらを見てもらいたいと思いますが、有害フィルターに関する記事となっています。こればかりはどうしても避けることができませんので、注意が必要となります。

本人確認書類が整っていない時

本人確認書類が揃っていない場合も契約はできません。

○運転免許証
○日本国パスポート
○個人番号カード(マイナンバーカード)
○住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
○身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者手帳
○健康保険証+補助書類

これが本人確認書類となりますので、本人確認書類は事前に準備しておきたいところですね。

一番スタンダードになっているものは、運転免許ではないかと思います。

運転免許というのは、一番スタンダードです。またマイナンバーカードも最近はかなりの人が所持しているため、マイナンバーカードを利用しての、契約ということもありではないかと思います。

のりかえ時のMNP予約番号の有効期限が切れてのりかえを行った場合

のりかえの場合でワイモバイルに転入する場合、転出元の会社でMNP予約番号は取得するわけですが、転出元の会社での予約番号の有効期限が切れていると残念ながら契約することができません。

これはシステム的なものとなっていますので、どうすることもできません。

余裕を持って契約はしたいところですね。

予約番号の取得方法含めて、そこまで難しいことはありませんので、きっちり時間は確認したいところです。

MNP予約番号というのは14日間有効となっていますので、MNP予約番号を取得すると2週間以内にMNPをする必要があります。

ワイモバイルに転入する場合MNP転出元の予約番号がすぐに取得できない場合がある

ワイモバイルに転入をしようとしている人もいるかと思いますが、MNP予約番号は転出元から予約番号を取得するわけです。

例えば、ドコモであれば、ドコモからMNP予約番号を取得するわけですが、すぐにMNP予約番号を発行してくれない会社もあることを知っていますか?

○ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルは即時MNP予約番号を発行
○上記以外の会社は即時発行してくれる場合と数日かかる場合がある

これは知らない人もいるかも知れませんが、会社によりMNP予約番号の発行までの時間というのは、まちまちです。

キャリアは即時発行してくれますが、キャリア以外の会社は残念ながら即時発行してくれない会社もあるのです。

そのため事前に今契約している会社で予約番号を取得する場合は、どれくらいの期間が必要なのか予め確認しておくことをオススメします。

他社で未納がある場合(CICに照会)

他社で未納がある場合も残念ながら契約することができません。

ワイモバイルに契約をしようと思っているのであれば、他社は関係ないと思っている人も多いと思いますが、信用情報は自社以外の団体に照会しているのです。

そのため他社で未納がある場合、その人は契約をしても支払いをしない人という認定をされるわけです。

そのため他社で未納があると契約させてくれません。

ある意味仕方ないことかもしれませんね。

情報開示とは|指定信用情報機関のCIC
情報開示について紹介します。CICは信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて、皆様のクレジットライフをサポートしています。

こちらがCICでの情報開示に触れている記事となっています。こちらの記事を確認頂きたいのですが、一応個人で情報開示は可能かと思いますので、事前に自分で確認することも可能となります。

契約の上限を超えている場合

契約の上限を超えている場合も契約できません。

契約の上限というのは、音声通話5契約です。

音声契約を5契約するということは、普通の人はありえないことなので、5回線あれば問題ないでしょう。

5回線契約をする場合というのは、自分含めた家族全員同じ名義にするような場合だと1人で5回線という形になることもあるかと思います。

○音声5回線
○音声以外5回線

また音声は5回線とお伝えしましたが、それ以外にルータなどを契約する場合はそれも5回線契約が可能となります。

本人以外で契約をしようとしている場合

本人以外が契約をしている場合も契約できません。

この場合というのは、通常あまり考えられませんが、本人の提出書類で、他人が契約をしようとしている場合です。

ただこの場合だと、ご家族が入院をしている場合に代理人が契約をしにくるケースです。

https://www.ymobile.jp/corporate/open/agreement/pdf/power_of_attorney.pdf

通常委任状という形で処理することが可能となりますので、委任状を事前に記載しておけば問題ありません。

利用実績がないということも

最近ワイモバイルがかなり厳しいという投稿も結構あるようですね。

この中でも利用実績がないということが、一番厳しいと言われています。

利用しないのに、契約するという人も多いです。

要するに転売対策ということになります。

ワイモバイルの転売対策
ワイモバイルはブラックが厳しい

これに伴い、かなりの人がブラックリストになっているということもありえます。

そういうこともあり、ブラックリストにならないようにしてもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイル公式