当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

携帯電話料金 今よりまた下がる可能性が高い どこまで下がるのか MVNOとの境目がなくなるのでは?

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

新しい首相が誕生し、菅官房長官から菅首相に変わりました。菅官房長官時代から携帯電話の料金に関しては言及されており、低価格へシフトするような発言を繰り返し行われておりましたが、早速この携帯電話料金に対してメスがまた入る可能性が非常に高いことがわかりました。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

大臣もそのことに言及

武田良太総務相は17日午前の記者会見で、携帯電話料金について「見直す必要がある」と述べ、引き下げを目指す考えを改めて示した。
有識者会議などで事業者や利用者の意見を聞いた上で「一刻も早く結論を出したい」と強調した。
携帯料金引き下げは菅義偉新首相の目玉政策の一つ。武田氏は「携帯電話はぜいたく品ではなく、国民の命に関わる重要な通信手段だ」と指摘。その上で、「安く利便性が高く、納得感のある料金体系が求められている」と話した。
一方、NHK受信料の制度や水準については「国民が必ずしも納得したものではない」と語った。 

こちらヤフーニュースからの引用となりますが、このことに素直に言及されております。これはかなりありがたいことではないかと思っています。

昨今スマホの価格が高止まりしており、携帯料金自体もかなり高いと思っています。
そのためこのような施策が出てくるということは、国民としてもかなりありがたいことではないかと思っています。

毎月の携帯料金をなぜ下げる必要がある?

携帯電話というのは、国民のライフラインとなっていることは誰もが知っているところです。
まさに携帯電話料金というのは、誰もが払う義務みたいなものになっているのです。
嗜好品でもなく、確実に必要なものとなってきていることは間違いありません。
今の若者の中でスマホがないと生きていけないと考える人はかなり多いのではないかと思います。
今の若者がそう感じているのであれば、これからその方々が年老いていくまで、確実にスマホの需要というものは減りません。
むしろ増え続けると考えるほうがいいと思います。ただ昨今人口げ減少傾向にあり、日本全体でスマホを所持する人の絶対数というのは、そこまで多いものではないかと思いますが、率として見たときには、間違いなく増えていくものと思われます。
携帯電話の料金を下げる根拠になっているのは、各社の利益率の高いもあるかと思います。
毎月携帯電話の料金を国民から搾取しているため、当然ながら利益率というのはかなりのものになっているのではないかと思いますが、それが国民に還元されていないということになります。

確かに他の国と比較するとその分携帯電話料金というのは高いのかもしれませんが、日本はそれでずっとやってきているのです。1人あたり500円とか下がったところで、あまり気にならないレベルではないかと思っています。

本体を安く買えるほうがいい

私は以前のように本体が安く買えるほうが素敵だと思います。
本体が安く買える頃というのは、本当に新しいスマホを手に入れやすかったですからね。
本体を安く買えるほうが新しい機種を継続して利用することができるので、スマホの料金なんてあまり気になることはありませんでした。
昨今MNPなどをする人も非常に少なくなってきており、MNPをするくらいなら機種変更のほうがいいという人も増えてきております。

時代はそういう意味でも変わってきたのかなぁ〜なんて思いますね。

携帯電話料金を下げると本体が売れなくなりますので、メーカーは本当に辛いでしょうね。日本のメーカーというのは、スマホを作ってナンボの商売をしているので、そういうところで仕事している人は結構厳しいのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました