【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


ファーウェイ Watch GT3 SE スペック レビュー 評価 評判 ビジネスカジュアルで運動モニタリングが可能


 

この記事にはPR文言を含んでおります。

ファーウェイはHUAWEI WATCH GT 3 SEという新しいスマートウォッチの販売を行います。

今まではWatch GT3 Proなどを販売しておりましたが、HUAWEI WATCH GT 3 SEという新機種を発表しました。

ファーウェイのスマートウォッチって見た目もかなりかっこいいよね!

女性ウケもかなりいい時計となっているので、本当にオススメです。

またコスパも非常に高く、初めてスマートウォッチを使うという人にも本当にオススメできますよね!

割とお硬い職業の人でも使えるので、結構オススメできます。

安価なスマートウォッチにあるようなチープさがないので、ビジネスシーンでも使えるのは本当にありがたいですよね。

ファーウェイのスマートウォッチというのは、コスパに非常に優れたモデルです。見た目もかっこいいので、飽きのこない見た目です。

○ファーウェイのGT SE3のポイントを紹介
○iOSでもAndroidでも利用ができる
○コスパに優れてかなりオススメスマートウォッチ

初めてスマートウォッチを持つという人にとっても、かなりオススメできるモデルとなっています。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

ファーウェイは今はどんな会社?

ヘルスケアブランドに現在は変わろうとしているようですね。

ファーウェイってスマホ作っている会社じゃなかった?

今はスマートフォンも作っているけど、日本では主にスマートウォッチやPC、タブレットなどをメインに販売しているんだよ。

特にスマートウォッチにはかなり力を入れているので、欲しいと思っている人がかなり多いんだよ。

昔からコスパに優れているイメージはかなりあるよね。

スマートウォッチもかなりコスパに優れたモデルが多数販売されているよ。

正直なところAppleWatchよりも優れている箇所はいっぱいあるんだ。

AndroidでもiOSでも使えるということで、相当オススメできるモデルだよ。

ファーウェイは運動に関するビックデータなどを集めており、TruSportというシステムを用いて、今回紹介しているHUAWEI WATCH GT 3 SEのようなスマートウォッチから、運動機能などを取得し、ビックデータとしてどのような行動を取るのか?などを分析して、それを提供するようなことも実施しているのです。

データを取得するということも、個人情報などのデータの取得は行わず、基本的にはお客様自身がどのようなアクティビティを行ったのか?という情報を取得するため、個人を特定する情報をビックデータに利用するわけではありません。

これをビックデータとして取り込んで、新しい技術確認のための開発や、またより健康になるための提案ができるようなスマートウォッチなどを改良するなど、今後の製品に役立つような仕組みとして提供してくれるわけです。

日本国内ではファーウェイのスマホがキャリアから発売されなくなった昨今、正直なところコスパもよく使っている人も多かったことから、残念に思っている人も多いと思います。

これからはヘルスケアなどの分野などでかなり色々なガジェットが出てくるのではないかと思います。

非常に楽しみですよね。

1.様々な運動データを取得
2.ビックデータから最適な情報をお客様に提供
3.運動データなどを取得するだけなので、個人情報の取得は行わない

運動データなどのビックデータを取得し、それをきっちりお客様にフィードバックするという仕組みを持っているので、かなりオススメできると思います。

HUAWEI WATCH GT 3 SEの機能

HUAWEI WATCH GT 3 SEはどのようなスマートウォッチなのでしょうか?

気になる人もかなり多いのではないかと思います。

それではHUAWEI WATCH GT 3 SEの詳細を見ていきましょう。

デザインは?

デザインはかなりかっこいいと思います。

こんな感じならビジネスで使っている人でもいいよね。

カジュアル的な使い方でも全く問題ないよね。

ビジネスカジュアルという立ち位置で販売されておりますが、確かにカジュアルで持ちやすいという印象です。

本体の重さは、35.6gとかなり軽く、1.43インチのAMOLEDスクリーンを搭載しています。

画面の解像度も466 x 466ピクセルと、かなり高解像度となっており、相当オススメできると思います。

466 x 466というと、本当に一昔前のスマートフォンの解像度です。1.43インチの中にそこまでの解像度のものが入ったという印象です。

そのためかなり細かく表示されるため、相当きれいな画質になっています。

最近はビジネスシーンにおいても、スマートウォッチを利用する人が増えていますので、違和感なく利用することができるでしょう。

○ビジネスシーンにスマートウォッチを利用する人が増えた
○ビジネスでも違和感なく利用することが可能

正直なところこれはAppleWatchの恩恵かと思いますが、iPhoneを持っている人も多く、AppleWatchを持っている人が増えたため、他社のスマートウォッチもそれと同時にかなり波及していったと思います。

実際に私の周りでも時計をしている人の半数はスマートウォッチですからね。

日本国内ではAppleWatchをしている人も非常に多いと思いますが、それ以外の会社のスマートウォッチをしている人もかなり多くいます。

やはり同じ時計をするのであれば、通知機能などが手元に来るということが便利なのでしょうね。今回は当然ながらHUAWEI WATCH GT 3 SEではそれを満たしてくれる機能がたくさんありますので、紹介したいと思います。

WatchFaceの変更も可能

まさにこれがスマートウォッチの醍醐味となっていますが、WatchFaceの変更も当然ながら可能となります。

○WatchFaceの変更はスマートウォッチの醍醐味
○モーションで動くWatchFaceへの対応も可能(後日実装)
○有料のWatchFaceもある

このWatchFaceを色々選択できるということは、相当ありがたいです。

毎日異なる見た目にして、毎日違う時計をしているような感覚になるということが非常に新鮮です。

まさにこれがスマートウォッチの醍醐味ではないかと思います。

フィットネスデータを保存及びモニタリング

フィットネスデータを保存そしてモニタリングしてくれます。

計測できるワークアウト機能は100種類以上と非常に多いです。

ランニングや自転車はもちろんのこと、スキーなどというウィンタースポーツにも対応しています。

ワークアウトモードを起動すれば、消費カロリーやルートなどを保存してくれます。

運動を定期的に行う人にとっては非常にありがたい機能の一つではないかと思います。

○運動を定期的に行う人にはありがたい機能
○ルートや消費カロリーなどを残してくれるので、今後の目安に
○おそらく通常では考えつく、ほとんどのスポーツに対応

たいていのスポーツに対応してくれるということで、いろいろなスポーツをやっていく中でこの機能があれば、どの運動をしたときにどれくらいのカロリーが消費されるのか?というところも瞬時にわかるということになります。

このような機能があるだけで、運動を頑張ってみようと思う人も増えてくると思います。

心拍数モニタリング機能

心拍数をモニタリング機能を搭載しています。

TruSeen5.0+心拍数モニタリングというのは、時計の背面にセンサーがあり、そちらから心拍数を計測します。

○心拍数をリアルタイムで計測
○心拍数が正常範囲から外れるとアラートの表示

いつも生活している状態で計測ができますので、普段から時計を付けるという習慣のある人は、モニタリング機能があれば、安心の機能ではないかと思います。

先程記載したワークアウト時にも心拍モニタリングを行っており、異常データが出た場合などは、速やかに運動をやめることも可能となります。

さすがにHUAWEI WATCH GT 3 SEのを持っていなければ、このあたりのことを事前に察知することは非常に難しいと思います。

そういう観点からもHUAWEI WATCH GT 3 SEがあれば、それだけで非常に便利であるということがわかるかと思います。

○自分への障害が事前に検知
○普段の生活ではなかなk得られない体験
○速やかに運動を中止することも可能

本当に万が一のときにはHUAWEI WATCH GT 3 SEのがあれば助かるということになります。

Bluetoothでつながる通話やメッセージのやり取りが可能

Bluetoothにて通話が可能となります。

スマートフォン本体からスマートウォッチ側で送受信することが可能となっていますので、非常にメリットがあるかと思います。

○Bluetooth通話が可能
○スマートフォンはポケットやかばんにしまっておけばOK

これは結構便利な機能かと思います。

スマートウォッチであれば、比較的当たり前となったこの機能ですが、私が子供の時に将来は腕時計から通話をするということが書かれていましたが、まさに現実になったということではないかと思います。

LINEの対応はありませんので、そこは注意が必要となります。

メッセージ通知が可能

アプリ側で応答メッセージを登録しておけば、そのメッセージを返信することが可能となっています。

登録されているメッセージを返信することが可能なので、「承知しました」や「了解」「はい」などをメッセージに登録しておけば、相手によって返信するメッセージを返信することが可能です。

満員電車などに乗っているときに、スマホでの操作は厳しいというときにはかなりメリットがある機能の一つでしょう。

リモートシャッター

カメラのシャッターにすることができます。

これはかなりありがたい機能ではないかと思います。

この機能は相当メリットがあります。

スマホのシャッターをHUAWEI WATCH GT 3 SE側から操作できる機能となります。

これはかなりありがたい機能ですね。

iOS及びAndroidに対応

iOS及びAndroidのペアリングに対応しています。

ファーウェイのガジェットがなくても、現在iOSやAndroidを所持している人であれば、非常にメリットがあるのではないかと思います。

○iOS、Androidに対応
○ファーウェイのスマホがなくても問題なし

14日間のロングバッテリー

14日も持つということは、かなりのメリットではないかと思います。

AppleWatchは1日も持ちませんからね・・・

しかもヘビーな使い方であったとしても7日間バッテリーが持ちます。

○14日間のバッテリーの持ちに対応
○ヘビー利用でも7日程度は持つ

7日でも持てば、正直なところ十分かと思います。

そう考えれば、AppleWatch何やっているの?と思うレベルですが、AppleWatchなど、充電することを忘れたときには、翌日付けていけないということにもなりかねません。

同様に就寝中の睡眠測定の機能もAppleWatchにはあるのですが、バッテリーが持たないので、寝ている間に充電しますよね。

そう考えると、HUAWEI WATCH GT 3 SEは7日は最低でも持つということを考えると、1週間に1度だけ充電をすればよいということになります。

1週間に1度の充電なら、睡眠データの取得も困難なく取得することができます。

○睡眠データも難なく取得
○夜に充電をする必要はない

基本的にHUAWEI WATCH GT 3 SEは寝る間に充電をしておくということを普段からする必要がないというところも、最大のメリット可と思います。

HUAWEI WATCH GT 3 SEのスペック

まずはHUAWEI WATCH GT 3 SEのスペックを紹介したいと思います。

モデル名称HUAWEI WATCH GT 3 SE
サイズ縦46.4 mm × 横46.4 mm × 厚さ11 mm
手首サイズ140-210 mm
質量約35.6g(ベルト含まず)
ディスプレイ1.43 インチAMOLEDタッチスクリーン
材質ポリマーコンポジット
カラーグラファイトブラック、ワイルドネスグリーン
ストラップグラファイトブラック TPUファイバー
ワイルドネスグリーン TPUファイバー
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
気圧センサー
ボタン電源ボタン
機能ボタン
充電端子ワイヤレス充電対応
対応OSAndroid 6.0以降、 iOS 9.0以降
防水5ATM

*本製品は、ISO 22810:2010規格の5ATM相当50 m防水に準拠しており、プールや海岸の浅瀬での水泳や、浅瀬での活動時に装着して使用することが可能です。ホットシャワー、温泉、サウナ(スチームルーム)、プラットフォームダイブ、高圧洗浄など、高水圧、高温、高湿度、急流水を伴う作業では使用しないでください。防水性能の詳細については、ファーウェイの公式ウェブサイトをご覧ください。防水性能は永久的なものではなく、日々の着用により保護性能が低下する場合があります。

通信規格GPS内蔵(GPS + GLONASS + Galileo + BeiDou + QZSS)
Bluetooth®対応
動作環境-20 ℃ ~ +45 ℃
湿度
5% ~ 95%(結露無しの場合)
充電5V, 2A
バッテリー持続時間通常使用で約14日間*
ヘビーユースで約7日間**

*通常使用:毎週30分のBluetooth通話および毎週30分の音楽再生、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリング(HUAWEI TrueSleep™)ON、毎週90分のワークアウト(GPS有効)、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、1日に200回画面表示をした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

**ヘビーユース:毎週30分のBluetooth通話および毎週30分の音楽再生、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリング(HUAWEI TrueSleep™)ON、ストレスモニタリングON、毎週180分のワークアウト(GPS有効)、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、1日30分スクリーンONをした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

マイク内蔵
スピーカー内蔵
付属品無線充電クレードル付きUSBケーブル ×1
クイックスタートガイド ×1
保証とアフターサービスのご案内 × 1

ファーウェイ Watch GT SEの購入特典

○先行予約で202022-11-18 10:59までに購入することで、2500円の割引特典を受けることができます。
○購入後adidas製品の20%OFFクーポンを配布
○FiNC Plusが3ヶ月無料
○新製品限定安心ケア加入が30%オフになるキャンペーンを実施中

今回この4つの施策が特典となっています。

価格は?

27,280円と案内されております。

手付金500円を払えば割引は可能となるわけですが、これは限定施策となっていますので、通常であれば27280円となり、それでも機能から考えるとかなり安価な価格設定となっています。

まとめ

日本市場ではスマートフォンを販売していたイメージが強く、今は販売していないことから、なかなか店舗などではお目見えすることがなくなりました。

しかしながらスマートウォッチなどの分野でかなり今日本市場に力を入れています。

価格も相変わらずコスパがよく、非常に購入しやすいです。

HUAWEI WATCH GT 3 SEはiPhoneにもAndroidにも対応しており、非常に見た目もかっこよくオススメできるモデルとなっていますので、購入するなら今のタイミングではないかと思います。

HUAWEI WATCH GT 3 SEはコスパもよく買いやすい
○AppleWatchより、性能もよくHUAWEI WATCH GT 3 SEでいいのでは?
○ファーウェイの今後にもかなり期待したいところ

あれだけ日本でスマートフォン事業を成功させたファーウェイだからこそ、HUAWEI WATCH GT 3 SE含めてこの分野にはかなりの本気度を感じます。

ぜひ購入してもらいたいですね。

福袋も登場

HUAWEIのホームページより、2023年の福袋も登場しております。

福袋ではかなり安価なものの発売も行われておりますので、福袋でぜひいいものをGETしてみてください。

誰もが知っているHUAWEIのコスパ高い商品の購入が可能となります。

HUAWEIはコスパが高い
福袋はかなりお得

福袋のタイミングで色々なものを購入する人もかなり多いと思いますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

引用元:HUAWEI WATCH GT 3 SE

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック