iPhone 2018年モデルに 6.1インチモデルが登場? 見た目はiPhoneXとほぼ同じになるのか

今後新型のiPhoneXが2018年には登場するといわれております。

上記の画像を見る限りですが、3種類のiPhoneが発売される可能性があります。

基本的に見た目はiPhoneXと同じような見た目の大画面モデルになる可能性があります。

iPhone8の後継モデルの発売の可能性も

iPhone8の後継モデルが発売される可能性もあるようです。

iPhone8の後継モデルというのは、どのようなモデルなのでしょうか?

iPhone8の後継モデルというのは、普通のiPhoneの形も発売されるかもしれません。

上記の画像はコンセプト画像なので、まだ確定ではありませんが、今のところでいえば以下の端末が発売される可能性が高いです。

・iPhoneX 2018年モデル
・iPhoneXPlus
・iPhone9

これら3機種が発売される可能性が非常に高いでしょう。

iPhoneに関していえばみんながかなり期待しているモデルであることは間違いありません。

iPhoneXの大画面モデルというのは、その中でもかなり期待出来るモデルになるのではないでしょうか。

6インチを超えるiPhoneが発売されることにより、動画やゲームなどをかなりの大画面で見ることが可能となっております。

大画面iPhoneはそういう意味でもかなりオススメ出来るでしょう。

LCDモデルも残る?

今後はiPhoneに関しては、有機ELを全面的に採用すると言われておりましたが、LCDモデルも残る可能性があります。

実際にiPhone7PlusからiPhoneXにわたしは乗り換えましたが、LCDでも全く気になりません。

有機ELのほうが薄型になり有機EL自身が発光するので、薄型にすることが可能などかなり定評はありますが、LCDモデルというのは、それはそれで枯れた技術なので、いいでしょう。

かなりのスマホに採用されている実績もあることからLCDモデルがダメということではありません。

ただし今後の売れ筋は有機ELになる可能性は非常に高いですね。

引用元:9to5mac

初回投稿日:2017年11月15日