携帯 スマホが契約できない 審査が通らない 信用がない?ブラック扱い?

スマホを契約しようと思っても契約出来ないといわれた人いませんか?

土地柄もあるかもしれませんが、私の行っている店の店員曰く、他店(あるちょっとアンダーグラウンドな地域)では審査が通らない人結構見ます。

ということです。見た目で判断することはよくありませんが、やはり「やっぱり落ちた」と思う人は同じような今風の人のようです。

 

契約出来ない人の特徴

契約出来ないということは、キャリアから言わせると払っていただけない可能性があるお客様と判断された場合です。

いわゆる信用がないと判断されていることがほとんどです。

そういう今時の若者(若者に限った話ではありませんが・・・)の中でも非常にチャラい人は落ちる傾向にあるようです。

落ちそうな人と落ちなさそうな人というのは、見た目である程度判断出来るようです。(店の人曰く)

落ちる人

他社に未納がある。

これが一番の原因になることが多いということです。そういう人に限って「なんでやねん」と叫ぶようですが、他社に未納があるということは店員もわかりませんので、やんわりと「他社で未納はありませんか?」などと聞くようです。

「なんではらわなあかんねん!」と言い返されたこともあるようですが、そういう方は確実にお断り対象となります。

それ以外にも滞納があるというケースも多いようですね。滞納があるとやはり支払いの遅延が発生します。そういう人ははじめから契約させてもらうことが出来ません。

続いてはクレジットカードがないと契約が出来ないというケースがあります。このクレジットカードというのはその人の信用です。

信用があるからクレジットを作成出来るのです。そういう人は残念ながらクレジットカードを作ってきてから携帯を契約する必要があるということです。

ここ最近クレジットカードがないと契約出来ないという代理店が非常に増えてきております。

クレジットカードは本当に信用カードなので、是非1枚は作っておきたいところですね。

恐らく携帯の審査よりも厳しいと思われます。

注目すべき点は?

実は過去に短期解約があるということです。過去に短期解約があると契約出来ないケースが非常に多いです。

ここ最近のドコモでは、過去に短期解約がある以前に過去にどれだけドコモの割引の恩恵を受けたか?ということで契約は出来るものの特価ブラックということになる可能性があるのです。

この特価ブラックというのは、特価は受けることは出来ないが、通常の契約は可能というやつです。

逆にこの条件なら契約はしない人が多数いると思いますが・・

このように各社ブラックの要件は色々あると思いますが、基本的な要件というのはこのようなものです。

今後ローンを組めない

各キャリアでの短期解約を除いて、それ以外でひっかかる人というのはオートローンも組むことが出来ません。

住宅ローンも組むことが出来ないと思います。

社会の信用を取り戻すには5年はかかると思われます。実は何かを契約する時には与信審査というものが行われているのです。

そういうものを一括して管理している団体があり、その団体に情報を問い合せて情報を教えてもらっているのですね。

一度審査にひっかかると残念ながらそこに情報が登録されてしまいます。

そういうことなので、基本的にローンを組むことは難しくなります。

消費者金融からお金を借りることも難しくなるでしょう。世の中お金は非常に大事ですが、お金でその人の信用を社会から追放していくというなんとも残念な考えです。

諦めるしかないと思いますが、是非社会的な信用を受ける人になってください。携帯電話の与信くらいで落ちていたらダメですよ。

10万円を超える機種が出てきたことも審査を通りづらくなる原因の一つに

最近は10万円を超えるような機種というものも発売されております。

本体代金が10万円超えるような機種を割賦で購入する場合、審査が厳しくなるのです。

そのため、収入が不安定な人もしくは収入がない人に関しては審査結果が落ちるということにもなりかねません。

その場合は一括で支払うしか方法がないのです。スマホの価格が10万円を超えると本当に以前と比較して高くなったという印象です。

10年ほど前のガラケーがまだ全盛期だった頃は、ガラケーの価格もそこまで高くはありませんでした。10万円を超えるようなモデルというものはほとんどありませんでした。

また当時は分離プランがメインだったため料金プランもそれなりにわかりやすかったように感じます。

それが2018年以降iPhoneでも10万円を超える機種というものが普通になってきており、また格差社会という言葉もあるように、日本でも貧富の差が激しくなってきたのです。そういうことから10万円を超える機種というのは、購入することがかなり厳しくなってきているのです。

審査が通らないという人は一括で購入できるお金を事前に準備しておくか、もしくは10万円以下の機種を選定するか検討するほうが良さそうですね。

最新機種は高いモデルが多く、なかなか手が出ないということがあるかと思います。

日本で分離プランが進んでいくとさらにそれは顕著です。スマホが本当に売れない時代に突入していると実感しますね。

他社に未納がある場合は完全にブラック

他社に未納があるという場合は完全にブラックです。
支払い能力がないと判断されるので、他社へいったところで絶対に断られます。

✔携帯だけではなく他で他社への未納がないかも✔
✔携帯の支払いが出来ない場合はオートローン、住宅ローンも難しい

携帯の支払いが出来なかっただけで、色々な審査に落とされる可能性が非常に高いのです。
ただし受付担当者は、どんな内容で落とされたのか?ということはわかりませんし、教えてくれません。

他社で返済していないということは、借金を踏み倒す可能性のある人というレッテルをはられているわけです。
これは自社で管理されているだけではなく、社会全体として管理されているのです。
本当にこればかりはどうすることも出来ません。

ドコモで未納があった場合に、ソフトバンクでは、この人がドコモに未納があるかないかなどわかる余地もないということで、契約をしにいくわけですが、実はそれをトータルで管理している協会などがあるのです。

上記のような場合だとソフトバンクはそういう協会に対して照会をかけるのです。その時にドコモに未納があるかまで教えているかどうかはわかりませんが、そういう情報は確実に降りてきます。
その時に、ソフトバンクとしては契約することはしません。なぜなら自社でも未納になる可能性があるからです。
契約して今後料金を支払ってもらうためには、支払い能力があるかどうかという部分も必要となるのです。

スマホの料金含めた支払い能力が管理されているということは、知っておいたほうがいいと思います。知らない人が他社なら大丈夫だろうということで、契約をしてしまうわけですが、契約が断られた理由を考えてみるとわかることも多いと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました