ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

LG Style3 L-01M スタイル3 スペック ドコモ 価格 発売日 予約 レビュー 評価

今後ドコモからLG Style3と呼ばれるモデルが発売されると思われます。

廉価版という扱いのモデルとなる可能性が高く、ハイスペックモデルという位置づけではありません。

ドコモから発売予定で予約特典もあるか

ドコモから発売される予定となっており、ドコモオンラインショップから予約を行うことが可能となっています。

ドコモオンラインショップを利用することで、発売日に自宅まで届けてもらうことが可能となります。

発売日に自宅まで届けてもらえるサービスというのは、ドコモオンラインショップのみです。

このサービスは利用したいですね。ドコモオンラインショップでは事務手数料も無料となります。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時 ドコモオンラインショップ 店頭
XiからXi 無料 2,000円
FOMAからXi 無料 3,000円
FOMAからFOMA 無料 2,000円
新規契約時 無料 3,000円
MNP 無料 3,000円

こちら事務手数料にかかる金額となっています。

意外と事務手数料がかかるわけですが、この事務手数料が無料となります。ドコモオンラインショップから購入するだけで、この事務手数料が無料になるのです。MNPも新規も無料となりますので、メリットはあるかと思います。

それではLG Style3がどのような機種になるのか紹介してみたいと思います。

LG Style3のスペックを予想

まずは前モデルのLG Style2がどのような機種なのか紹介したいと思います。

大画面かつバッテリー大容量モデルという位置づけです。6インチという大画面でありながら価格などはかなり抑えられたモデルとなっています。

CPUはSnapdragon450と呼ばれるCPUを搭載しており、2018年に発売された廉価版モデルに搭載されているCPUと同じCPUとなります。

AQUOS sense2 スペック 価格 レビュー 評価 評判 安く買えておすすめ機種に

2019年8月30日

こちらAQUOS Sense2を参考にしていただければいいかと思いますが、AQUOS Sense2のスペックというのは、ハイスペックとはいえませんが、動画閲覧やウェブサイトなどを見る上では十分なスペックとなっています。

ARROWS Be4 F-02M アローズビー4 ドコモ スペック 予約 発売日 価格

2019年10月11日

ARROWS Be4も今後出てくると思われますが、これと同じくらいのスペックになるのではないかと予想します。

それなら現行のLG Style2と比較してもスペックはよくなります。

現行のLG Style2だけでいえば、4GBのRAMと64GBのROMとなっています。

カメラに関してもデュアルカメラとなっており、基本的にはハイスペックモデルと仕様としてはあまり変わりません。

画面サイズは6インチという非常に大画面です。大画面モデルでありながら価格も安価なものというのは、このモデルくらいではないかと思います。

せっかくスマホを楽しむのであれば、大画面モデルのほうがいいですからね。

CPUはSnapdragon450ですが、次のモデルとなりますので、それより上位モデルになると思われます。

CPUはSnapdragon450かSnapdragon630に

CPUはSnapdragon450のままいくのかSnapdragon630にレベルアップされるのかというところが気になる部分ではあるかと思いますが、Snapdragon630に変更されたAQUOS Sense3があるということを考えると、可能性としては十分にありえるかと思います。

AQUOS Sense3はSnapdragon450からSnapdragon630に変更になりました。

上位のCPUを搭載する可能性も十分に考えられると思います。

CPUが上位になると、それだけ部材価格が上がりますが、販売価格が現行と同じなのであれば、基本的に1つ部材の部品をよくしても、価格は維持されるでしょう。それなら若干ですが、スペックアップしてもらいたいのが本音です。

今回Galaxy Feel3という機種もドコモから発売される可能性もあるため、この機種がライバルになるかもしれません。

GALAXY FEEL3 ギャラクシーフィール3 スペック 予想 性能 カメラ ドコモ

2019年9月3日

同じような機種を継続して発売し続けるには、もう限界が来ているのかもしれませんね。ドコモは今後ハイスペックモデルもそうですが、低価格モデルにもかなり力を入れていかないとかなり厳しいと思われます。

販売価格は?

販売価格は、4万円未満で販売されるでしょう。3万円〜4万円のレンジのモデルとして販売されるわけです。

価格はかなりの低価格として販売されると思われます。

ドコモウィズなどの施策がなくなり、普通に毎月利用料金が発生します。

基本的には販売価格が下がっても毎月のスマホの維持費が安価になるわけではありません。

発売日は?

発売は2019年7月12日が前モデルの発売日となっています。それから逆算すると、2020年1月ごろの発売になる可能性があります。

そこから逆算するとスペックアップを行ったところで、部材の価格が安価になっている可能性があるため、販売価格が同じくらいなのであれば、若干ながらのスペックアップは期待できそうです。

半年に1度くらいの販売をLGとしても行いたいと思いますので、2020年くらいでちょうどStyle2の販売から半年になります。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA