ソニー IMX607 CMOS 3800万画素 2019年モデルのスマホに採用か

ソニーはIMX607というCMOSセンサーをHuawei P30 Proに搭載するようです。

IMX607というセンサーの情報はまだあまり出ておりませんが、このセンサーは3800万画素となる見込みです。

IMX586も夏に発表も

このIMX586というのは4800万画素のセンサーとなっております。

[clink url=”https://ktjh.jp/sony/2435″]

こちらも確認いただきたいと思います。

IMX607というものが発売される予定ですが、こちらは3800万画素クラスです。

画素数だけを見ると若干落ちますが、1/1.8センサーとなっており、低光度の写真に最適化されております。

基本的にはこれら2つのカメラが2019年のハイエンドモデルと呼ばれているものに搭載される予定となっております。となっております。

P30 Proに搭載される可能性が高い

P30 Proと呼ばれるCPUに搭載される可能性が非常に高くなっております。

P30というのはHuaweiのスマホの中でもフラッグシップモデルにあたるものとなっております。

フラッグシップモデルということで、期待している人も多いでしょう。

日本から発売される可能性も高いと思われます。日本ではPシリーズというのはドコモから販売されていることから販売されるのであれば、ドコモとなるかと思います。

4つのカメラを搭載するモデルというのは、GALAXY S10と比較されるモデルになることは間違いないかと思います。

Pシリーズは様々なシリーズが販売される可能性もあり、このIMX607はP30 Proのみに採用される可能性もあります。

他のLITEなどの廉価版などは別のCMOSが採用されるのでしょうかね。それも含めて期待したいところです。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA