Xiaomi Mi7 小米 スペック 日本 SIMフリー 仕様 レビュー 評価 評判 価格 まとめ

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

Xiaomi Mi7に関する情報を掲載していきたいと思います。Xiaomiというのは小米と書く中国のメーカーです。

中国のAppleと呼ばれる会社で日本でも結構メジャーなメーカーとなってきました。かなり日本でも知名度は上がってきているのではないでしょうか。
今のところそこまでの情報は上がってきておりませんので、現在出ている情報を掲載していきたいと思います。
それでは最近発売されたXiaomi Mi6のスペックから紹介したいと思います。

Xiaomi Mi6のスペック

大きさ 145.1×75.0×7.04mm
重さ 182g
OS MIUI 8
CPU SnapDragon835
RAM 6GB
ROM 64GB/128GB
画面サイズ 5.15インチ
解像度 1920×1080ドット
カメラ 1200万画素x2/800万画素
カラー ブルー、ホワイト、ブラック
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 3350mAhバッテリー

こちらから予想すると当然ながらこれより上になることは間違いありません。
今のところですが、次に発売されるCPUが採用されると言われております。次に発売されるCPUというのはSnapDragon845が採用されるといわれており、それが採用される見込みが非常に高いですね。
このCPUは当然ですが、現行よりも非常に早いCPUになることは間違いありません。
Xiaomi Mi7ではトータル的にさらに色々なものが強化されると予想されております。
またMi7は2018年に発売される予定になっているので、ひょっとすると全面ディスプレイなどにも対応してくる可能性があります。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

カメラの画素数がアップ

Xiaomi Mi6でカメラの画素数がダウンしました。しかしながらここでカメラトータルの機能としていうのであれば、デュアルカメラが採用されるようになりました。デュアルカメラというのは昨今かなりの機種で採用されています。iPhone7Plusでも採用され、非常に使い勝手もよくかなり評判もいいですね。
LGなどもデュアルカメラを採用したスマホを出しており、これからはデュアルカメラを搭載している機種というのはかなり発売されると思われます。デュアルカメラを採用する機種としてXiaomi Mi6も発売されたわけですが、次に発売されるモデルもデュアルカメラを採用するに違いありません。
デュアルカメラを採用することで、当然ながら遠近を出しやすくしたりと非常にメリットはあります。
個人的にもデュアルカメラを採用している機種を所持しておりますが、単眼レンズと比較して望遠がよかったりと何かと便利なことが多いです。このようにカメラ機能というものはどんどん進化していくに違いありません。
今回デュアルカメラが採用されたことにより、1200万画素となりましたが、おそらく1600万画素くらいまではまた上げてくると思われます。ちなみにXiaomi Mi5では1600万画素の単眼カメラでした。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Xiaomiはコスパに優れているフラッグシップモデルを発売

Xiaomiから発売される機種というのはコスパに非常に優れているということを知っていますか?Xiaomi Mi6にしても実は5万円までで購入することが可能なのです。実はハイスペックモデルながら価格はかなり抑えられているのです。そういう意味では世界的にはかなり認められているメーカーの一つとなっているのです。個人的にはXiaomi Mi5ですが、今は2万円台では販売されております。しかしながらスペックだけ勘案するとXPERIA X Performanceと同等なのです。それでSIMフリーでありながら2万円程度で販売されているということはかなりオススメ出来るのではないでしょうか。



こちらがMi5で撮った動画となりますが、かなりキレイに撮れているということがわかります。XiaomiMi7が発売されるころにはさらにスペックアップされていることは間違いありません。かなりいい作り込みがされていると思います。このところ中国製のスマホというのは本当にいいスペックのものを発売していることが非常に多いです。いいスペックのものというのは本当にほしい人が多いですからね。ぜひこの路線で行ってもらいたいところです。
中国製は本当にレベルアップしております。他社の品質管理に頼ることなく自社でかなりの品質を担保してくれるようになりました。当然ながらかなりたのしみですよね。当然ですが、Xiaomi Mi7 はかなりたのしみなスマホになることは間違いありません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Xiaomi Mi7への期待

Xiaomi Mi7への期待というのは、やはりハイスペックさかつ低価格ということでしょう。本当にそんな価格でそのスペックなの?と思える価格なのです。
現行のXiaomi Mi6もかなり低価格の機種となっており、かなりオトクに購入することが可能なのです。

Xiaomi Mi6販売サイト

こちらの販売サイトで購入することが可能になっております。かなりオトクなことは間違いありません。
実は5万円台で日本で購入出来るスマホならもう少しスペック的には低いものとなってしまいますが、正直なところそんなに高くはありません。

これくらいの価格で購入できれば本当にオトクなこと間違いありません。本当にそういう意味ではXiaomi Mi7に関しては同様のことは期待したいと思います。昨今ネットからスマホを購入する人もかなり増えてきております。

格安SIMとの組み合わせでかなりオトクに契約することが可能になっているからです。そう考えると間違いなくこちらの機種はオススメしたいですね。とはいうものの、発売は2018年3月頃になると思われます。まだまだ先の話ですが、期待はしたいと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Xiaomi Mi7への期待は全面ディスプレイ

Xiaomi Mi7への期待というのはやはり全面ディスプレイではないでしょうか。GALAXY S8もそうですが、今後はiPhoneも全面ディスプレイを採用してくる可能性が非常に高いと言われております。

そうなればXiaomi Mi7に期待したいのは全面ディスプレイでしょう。とりあえずデュアルカメラに関しては課題をクリアしてきました。デュアルカメラに関しても欲しい人は欲しいですからね。

わたしはデュアルカメラは欲しい人の一人です。やはり遠近でキレイな写真を撮ることが可能ですからね。

逆にデュアルカメラのないスマホなんて・・・とおもってしまいます。

そういう意味ではデュアルカメラを搭載するということは今後スマホの世界では当たり前になってくるのではないでしょうか。

やはり光学レンズが利用しにくいスマホだからこそ遠近2つのカメラを搭載するということは当たり前のことになってきております。

Xiaomi Mi7に関してもそのあたりに関してはかなり期待出来るのではないでしょうか。また全面ディスプレイが採用されるとまた世界的に見てもまだ非常に少ないモデルです。

全面ディスプレイの機種というのは、画面を大きく利用することが可能なので、動画やゲームなどをする人にとっては非常にやりやすいですからね。

そういうことを考えると是非オススメしたいと思います。今後はほとんどの機種が全面ディスプレイを採用してくる可能性もありますが、それも時代の流れなのかもしれません。

初回投稿日:2017年5月19日