WEAR OS搭載 Google Pixel Watch スペック レビュー 価格 発売日


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

今後WEAR OSを搭載してGoogle Pixel Watchというものが登場する可能性が高いことがわかりました。

GoogleはPixelシリーズと呼ばれるスマホを今まで発売しておりましたが、今後はPixel Watchという名称で発売される可能性が高いです。

Google純正のスマートウォッチ

このGoogle Pixel WatchはGoogle純正のスマートウォッチとなっており、Google純正というだけあり、非常に期待できる時計です。

スマートウォッチ市場というのは正直なところそこまで盛り上がっているかと言われるとそこまでは盛り上がっておりません。

日本でもスマートウォッチが色々発売されておりますが、一番人気なのはAppleWatchでしょう。とはいうもののAppleWatchでさえ正直なところほとんどの人が持っていないのです。

またAppleWatchを持っていた人でさえAppleWatchを利用することをやめたという人が多いのです。

そんな中でのGoogle純正のスマートウォッチが発売されるわけです。

基本的にWEAR OSと呼ばれるウェアラブル専用のOSをGoogleが再出発する形でWEAR OSと名付けているようです。

以前はAndroid WEARと呼ばれていたものとなっております。そちらのAndroid WEARがWEAR OSという名称に変更しているだけなのですが、名称が変更になるだけでやはり期待する人はかなり期待するのではないでしょうか。

QualcommがSoCを設計

QualcommがこのGoogle Pixel Watch用に今回はSoCを設計しているようです。QualcommというのはCPUなどを設計しているメーカーとなっており、現行であれば日本で発売されているフラッグシップモデルと呼ばれるスマホの大半にはこのQualcommが設計したCPUのが搭載されております。

かなり有名なメーカーとなっており、非常に期待できるメーカーであることは間違いありません。

そのためそのQualcommが設計したものが搭載されているということでかなり期待も大きいわけです。

Qualcommに関してもPixelで設計したものを他社でも流用できるという思惑はあったと思われます。

Qualcommの設計に関しても非常に楽しみですね。専用のSoCということで、動作速度もかなり快適になるかと思われます。

やはりスマートウォッチというのは快適に動作させる必要もあり、快適に動作させるということはそれなりに専用に開発しないと厳しい部分があるでしょう。専用に設計されているiPhoneというのはやはり動作速度に関してはかなり高速になっていたりするわけです。

そういうことを考えるとやはり専用開発というのは非常に重要な要素かと思いますね。

Androidという名称を使わなくなったGoogle

こちら時計に搭載するOSなのですが、Androidという名称が使われなくなったことを知っていますか?

Androidという名称を使わずに、WEAR OSという名称になっているのです。いわゆる名称の変更となっております。

名称の変更というのは、なぜ行われたのでしょうか?今世間で言われているのはAndroidという名称を利用することで、いわゆるロボットや無機質を連想されると言われております。

そのため無機質なものを連想させることにより、Googleがそのような会社だと思われたくないという思いもあるようですね。

今後時計に搭載されるOSというのは、WEAR OSと呼ばれるようになるわけですが、そのような細かい部分にも配慮があるようです。

日本人でもAndroidというとロボットなどそういった無機質なものをイメージする人が多いですからね・・・

そういう意味では今後名称はWEAR OSになっていくものと思われます。

引用元:ktjh

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。